卒業

テーマ:

どうもこんにちは。

先輩方、ご卒業おめでとうございます。

 

実はカワキタさんにも再登板(?)として記事をお願いしましたが、同じ代の部長にもお願いをし、コメントを頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

ではご覧ください。どうぞ!

 

早いもので卒業となりました。
単位数がギリギリ足らず、お情けの再試を受けさせてもらって合格し、なんとか卒業という形でしたが…(^-^;

 

そんなどうしようもない私ですが、写真部では密度の濃い時間を過ごさせていただきました。

 

私は2年間、部長を務めさせて頂きました。ただ、最初は写真部の経験も部長(統率者)経験も無かった私はどうしていいのかよく分かりませんでした。また、部活を盛り上げていた先輩方が去ってしまい、崩壊寸前で新入生(現3年生)を迎えたりと苦難からの始まりでした。

 

皆をまとめる役割をした経験がなく、四苦八苦しているところを経験豊富な副部長に助けてもらい、いつも引っ張ってもらいました。2年目には、後輩の子たちに迷惑をかけることも多々ありました。そんな私を支えてくれた彼らがとても嬉しかったです。

また紫雲祭で展示した作品が学内外の方から多くの評価を頂く様になると、今まで経験したことのない高揚感、写真部が生きがいであり、自分の居場所のように感じられました。

そんな自分の愛しい居場所も役員交代で次の世代に渡すと、寂しさからか引退した身でありながらも幾度と部室に顔出し、積極的に部活動へ参加してしまいました。
私の意志を受け継ぎ、明るい雰囲気の部活作りに取り組む新部長(現3年生)は、作業の要領も良く、部員全員への気遣いも出来て尊敬しつつも嫉妬しました。

 

そんな新部長たちの代も役目を終え、次の世代へと変わりこれから再び動こうとしていますね。次の世代では、また自分たちなりのやり方、運営方法を見つけてもらいたいです。
分からないことがあれば周りと相談して、部員一人一人が楽しいと思える部活作りをしてもらいたいです。

 

私は部長としては頼りなく、皆の協力がなければ色んなものに押し潰されてダメになっていたかもしれません。
本当に支えてくれた皆には感謝しています。そしてそんな皆がいたから、この写真部が好きでした。以前の様な引退と違って今度は卒業となり、頻繁に部室に顔を出すことが出来ず寂しいですが…
ここで活動した思い出は忘れません。

 

ありがとうございましたm(_ _)m

 

AD