昨日、テレビアニメ

マクロスF(全25話、2008年)を

ネットフリックスで見てました。

 

 

 

めちゃめちゃ簡単に言うと

音楽の力で宇宙生命体と戦う

と言う話!

 

 

 

もしファンの人が見たら

怒られそうな説明ですw

 


 

 

こんにちは^^

 

いつも応援、

 

ありがとうございます♡

 

 

 

ファンを作るためのホームページ制作を

 

発信してます!webデザイナーの梶間貴代です♪

 

 

 

 

そんなにわかファンの私でも

戦闘シーンで流れる音楽と

その歌詞がグッときましたw

 

 

 

Wikiを見ると

シーリーズがいくつかあるだけでなく

小説、漫画、オリジナルビデオ

もあります。

 

 

 

そして

アニメはアニメで脚本家がいて

漫画は漫画の作者がいます。

 

 

 

ドラえもんの作者は

藤子・F・不二雄さん。

 

 

 

ガンダムの原作は

矢立 肇さん、富野由悠季さん。

 

 

 

ワンピースの作者は

尾田栄一郎さん。

 

 

 

しかし、マクロスはそれぞれ違う。

なのに、統一感がある!

 

 

 

変えて良いところと

変えないところが

しっかりしてるから

世界観に統一感が出てるんですね。

 

 

 

制作中に

「これって、マクロスっぽいよね。」

と会話があったのかな?

と想像してます。

 

 

 

ホームページを制作する時も

「これってA社っぽい?」

とよく聞きます。

 

 

 

抽象度の高い説明をよくする

私ですが、この「っぽい」は

好きじゃないんですw

 

 

 

昔はその「っぽさ」を使って

曖昧に伝えて、曖昧に制作を進めて

後から「何か違う。」と言われ

何が違うのかわからん。

 

 

 

そんな経験をしたからかなw

 

 

その会社(人)らしさが

出てるかどうか と言う意味なのは

わかってます。

 

 

 

でも、それって視覚化、言語化して

共通認識できてないと使っちゃダメです。

 

 

 

じゃないと、どっかでズレてくる。

 

 

 

例えば

 

 

「パーマかけてください」

と伝えても

 

 

 

こんな感じか

 

↓↓

 


 

 

 

 

 

 

こんな感じか

 

↓↓↓

 

 

 

で全く違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「っぽさ」の言葉には

こんな悲劇が潜んでいるんですw

 

 

 

だから、写真、言葉、色、形で

で共通認識することが大切です。

 

 

 
子供時代の私のような悲しい思いをしない為に!
 

 

知りたい事にお答えします。 → リクエストはこちら

 

昨日、経営者団体でご一緒している

飲食店の社長様と

お話する機会がありました。

 

 

 

その社長は、東海を中心に

飲食店を15店舗を経営。

 

 

 

こんにちは^^

 

いつも応援、

 

ありがとうございます♡

 

 

 

ファンを作るためのホームページ制作を

 

発信してます!webデザイナーの梶間貴代です♪

 

 

 

 

祖父の代から日本料理を営まれ

今の代で15店舗まで拡大された

やり手の経営者です。

 

 

 

そんな社長は

250万円ホームページに

かけられたそうです。

 

 

 

なぜ250万かけたのか?

 

 

 

ホームページを作らなくても

ホットペッパー、食べログなど

グルメサイトがあります。

 

 

 

私は飲食店を探すならそっちを見ます。

理由は比較しやすいから。

 

 

 

では、なぜ?

 

 

 

それは、採用の為!

お客様向けではなく働く人向けです。

 

 

 

採用費としての250万なんです!

ディレクション、デザインなど

製作費に250万を払ってる

わけではないんです。

 

 

 

上場企業なら、株主に応援される為に

ショッピングサイトは商圏拡大の為に

会員サイトは既存顧客の客離れの為に

それぞれ違う。

 

 

 

みんな持ってるから

ホームページを作る。

まとめサイトがあるから

ホームページはいらない。

 

 

 

誰のために

なんの為に

ホームページを作るのか

それが、一番大切。

 

 

 

 

 

知りたい事にお答えします。 → リクエストはこちら

 

 

最近、

ディズニー映画を立て続けに

見ている梶間です。

 

 

 

ベイマックス、ソウルフルワールド、

ステッチ、リメンバーミー、

アナとゆきの女王・・・

どれも、最終的には愛があって

と純粋な気持ちに癒されました。

 

 

こんにちは^^

 

いつも応援、

 

ありがとうございます♡

 

 

 

ファンを作るためのホームページ制作を

 

発信してます!webデザイナーの梶間貴代です♪

 

 

 

この中では

ベイマックスが好き!

※ソウルフルワールドも捨てがたいけどw

 

 

 

ベイマックスのあのビジュアル!!

愛らしい♡癒される♡

 

 

 

お婆ちゃんの二の腕みたいに

フワフワだったらもっと良いな

と思いながら見てました。

 

 

 

 

引用先:ストーリー

 

謎の事故で最愛の兄タダシを失った天才少年ヒロ。深く傷ついた彼の心を救ったのは、人々の心と体を守るために兄が開発したケア・ロボットのベイマックスだった。兄の死の真相をつかもうとする二人だったが、彼らの前に未知なる強大な敵が立ちはだかる。ケア・ロボットとして人を傷つけることを禁じられているベイマックスに、大切なヒロを守り切ることはできるのだろうか?そして、兄がベイマックスに託した、驚くべき“使命”とは…?

 

ケアロボット ”ベイマックス” 5つの特徴

  1. つぶらな瞳の丸い顔は[日本の鈴]からインスパイア!
  2. ロボットなのに、風船みたいに丸く膨らむ[柔らかボディ] 
  3. 大きなおなかで、ペンギンみたいな[よちよち動き] 
  4. 戦闘力も戦闘意識もゼロの[純粋無垢で優し過ぎる] 性格
  5. 傷ついた人の[心とカラダを守る] ことをプログラムされている

 

 

 

 

 

映画の舞台も素敵でした。

その舞台はサンフランソウキョウ。

サンフランシスコの地形と東京の建物

がモデルになってます。

 

 

 

この舞台が、

中世ヨーロッパでもダメ出し

江戸時代でもだめ。

 

 

 

この世界観を作った

アニメーター、クリエイターの

再現力ほんとに凄いです。

 

 

 

あの世界観を作るのに

どれだけの人と時間と技術が

使われてるのか想像できない。

 

 

 

何回もやり直して、

数え切れない資料見て!

 

 

 

制約、規約が有りつつも

最高のクオリティー。

 

 

 

背景の細かい看板にも

こだわってて!

 

 

 

こうゆう世界観に惹かれて

この映画好き!ってなる!!

 

 

 

ホームページも

自分の製品や会社の事を

伝えるのは大前提で

世界観もやっぱり大事!

 

 

 

その世界観が、お客様の心に響くから!

『世界観を視覚化する』って本当に素敵!

そしてこれが私の仕事!

 

 

 

 

知りたい事にお答えします。 → リクエストはこちら

 

先日の会話

「勝善!昨日、

 アメブロとnoteの比較して見て

 ”ホームページって必要だな”

 って思った。」

 

 

 

「なんで?」

 

 

 

「ホームページがなかったら

 アメブロとnoteの違いって

 わかんなかかったから。」

 

 

 

 ・アメブロは個人の発信の場で

  コミュニケーションを楽しむ場所

 

 ・noteはクリエイターが投稿して、

  ユーザーがそのコンテンツを

  楽しんで応援できる場所

 

 

 

 

 

「それブログで発信すれば?。」

 

 

 

と言う事で

”ホームページって必要だな”

について書きます。

 

 

 

 

 

こんにちは^^

 

いつも応援、

 

ありがとうございます♡

 

 

 

ファンを作るためのホームページ制作を

 

発信してます!webデザイナーの梶間貴代です♪

 

 

”ホームページって必要”

って思いますか?

 

 

 

私は必要だと思います。

 

 

 

目の前に居ない人にも

自社の世界観を伝え

・他社と差別化

・ユーザに選択の材料を提示

する為にです。

 

 

 

みんな、

ホームページはなんとなく

いると思ってる。

 

 

 

けど、いざ作ろうと思うと

何を書いたらいいのわかんない

それに、

お金がと労力がかかる

だから後回し。

 

 

 

そんな悪循環にはまってます。

その気持ちはよくわかりますw

 

 

 

その多くは

・会社の信頼度アップ

・24時間、自社の営業

・自社の宣伝

・売上を上げる為のもの

と思われがちだからです。

 

 

 

これは結果であって目的ではない。

 

 

 

ホームページは自社の世界観を伝え

・他社と差別化

・ユーザに選択の材料を提示

する事が目的です。

 

 

 

 

 

例えば、

2つの味噌がある。

値段は同じ。

 

 

 

あなたはどっちを選びますか?

 

 

 

情報が少なすぎて

どっちと言われてもわかんない

そう思った方もいると思いますw

 

 

 

では

A社

 大豆を使わない味噌 アレルギー対応

B社

 味噌蔵から即納!無添加 味噌

だったらどうですか?

 

 

 

アレルギーのお子さんを持った母親は

Aの味噌を選び、

添加物を控えて身体に良いものを

選びたい健康志向は

Bの味噌を選びます。

 

 

 

A社もB社も味噌と言う商品は同じです。

しかし

アレルギー向けなのか

健康志向向けなのか

商品への思いが違います。

 

 

 

 

 

この

・他社と差別化

・ユーザに選択の材料を提示

をホームページに見やすく書くんです。

 

 

 

極論、自社の世界観を伝え

・他社と差別化

・ユーザに選択の材料を提示

できてるのであれば、

ブログでもsnsでもいい。

しかし、現実的にはそれは難しい。

 

 

 

アメブロとnoteの話に戻ると

アメブロとnoteも

その商品をなぜ作ったのか?

どんな想いで作ったのか?

という

その商品が出来上がるまでの
ストーリーをブログでも書いてます。

 

 

 

だからと言って

過去の記事の中から

・言語化された世界観

・他社と差別化

・選択の材料を

見つけるのは至難のわざ。

 

 

 

だからホームページで

ぎゅーと要約して書くんです。

 

 

 

終わりに

 

世界観を伝え

・他社と差別化

・ユーザに選択の材料を提示

するのって大仕事です。

 

 

 

だから、後回しになるのもわかりますw

 

 

 

その大仕事をやり切って、

自社の軸が視覚化できた時

めちゃめちゃ嬉しいんですよね。

 

 

 

 

 

知りたい事にお答えします。 → リクエストはこちら

 

「たかちゃん(私)の文章って

改行多くない?何か意味あるの?」

 

 

 

「だって

 余白あったほうが見やすいじゃん。」

 

 

 

こんな会話からはじまった

改行への好奇心w

 

 

 

「改行ある文章とない文章、

 何が違うのか?

「改行の使い分けは

 どうしたらいいのか?」

の疑問の答えを探しています。

 

 

 

そんな今日は改行の使い分け

について書いていきます。

 

 

 

こんにちは^^

 

いつも応援、

 

ありがとうございます♡

 

 

 

ファンを作るためのホームページ制作を

 

発信してます!webデザイナーの梶間貴代です♪

 

 

 

 

トピックス

 

 

・改行とは

・改行の役割

・改行の使い方

 

 

 

改行とは

 

 

改行とは「休符」です。

 

 

 

音楽で休符があると

・間をとってり

・息継ぎしたりします。

 

 

 

息継ぎなしで

ずっと歌ってたら苦しいし

変なところに休符があると

リズムに乗れない。

 

 

 

改行も同じです。

間をとったり、お休みする所です。

 

 

 

小説や物語は、改行があまりないので

バラードのように滑らかに進んでいく

 

 

 

俳句、川柳は 5・7・5で

改行があるからリズムがついて

読みやすい。

 

 

 

だから改行は、

読みやすいリズムをつける為の

休符です。

 

 

 

改行の役割

 

 

1_ 読みやすくする。

スマホでは

1行、16文字から20字で

改行します。

 

 

 

 

とある夫婦ゲンカ。

父が母に 「バカモノ!」と言うのを

「バケモノ!」 

と怒鳴ってしまった。

ケンカは夜明けまで続いた。

 

 

 

 

 

 

2_ 段落を表す

 

国語の授業で習う

意味の句切れで改行する

やり方です。

 

 

 

「段落」は、文章を構成するための要素です。複数の文によって構成される文章をブロック分けした区切りのことを指します。基本的に新しい話題に移る場合は、新しい段落を付けます。文章に段落を付けることによって、読みやすい文章にすることが可能です。

 段落は、1つの段落につき1つの話題を取り扱いましょう。1つの段落の中に複数の話題が入っている文章はまとまりがなくなり、読み手に内容をうまく伝えることができません。ただし、短すぎる段落は文章のリズムが悪くなります。1つの段落は4行から5行以内でまとめるよう心掛けてください

 

出典先:文章がすっきり見える段落・改行のルールと書き方

 

 

 

 

 

3_ 余白を作る

 

文の間にあえて改行を入れると、

余白を作る事ででき

強調させる事ができます。

 

 

 

父は、男にふられて落ち込んでいた娘をなぐさめようとして 「おまえ、人間は顔じゃないぞ」 と言うところを、

 

 

 

「おまえの顔は人間じゃないぞ」 

 

 

 

と言ってしまった。

素直だった娘の反抗期が始まったのが、ちょうどこの頃。

 

 

 

 

 

 

 

4_ 文で形を作る

 

あえて改行をせず、

かたまりを作る事があります。

 

 

 

 

 

改行の使い方

 

たまたまサイトに訪れたユーザに

記事を読んでもらうブログは

スマホ表示を意識した改行をする。

(1行、16文字から20字まで)

 

 

 

情報や、本文、内容を伝える場合は

「。」または段落で改行する。

 

 

 

最後に

 

 改行は「休符」だと思って

使ってみると、

頭だけでなく、身体感覚で改行をみる事ができます。

 

 

 

この理屈だけではく、

身体感覚で決めることは

ユーザ体験を大切にする上でも重要です。

 

 

 

「改行」について言葉にして見て

改めて思いました。

論理的に自分の考えを伝えるのしんどいw

伝えてると言うより、

・正しさ証明してる

・正解を探してる

感覚になったからです。

 

 

 

論理できでなければ、

検証、改善が難しいのは大前提として

私は身体感覚を大切にしていきますw

 

知りたい事にお答えします。 → リクエストはこちら