通好みの備忘録(もろもろのことを記録として綴っています)

通好みの備忘録(もろもろのことを記録として綴っています)

yahooブログを9年間やってきたのですが
突然の閉鎖
それでこちらに引っ越してきました
自分の興味があることをもろもろと備忘録としてつづっていきます

プラトーン
 
1987
アメリカ
監督  オリバー・ストーン
出演  チャーリー・シーン  トム・ベリンジャー  ウィレム・ベフォー
 
アカデミー賞作品賞
ベトナム戦争の帰還兵でもあるオリバー・ストーンがベトナム戦争の闇を描いた作品です
見て、すっきりせず、気持ちが重くなる作品です
ベトナム戦争下のアメリカ軍の
 ・規律のゆるみ
 ・麻薬の蔓延 
 ・人種差別
 ・軍内部の対立
 ・同士討ち
 ・戦争への倦厭感
 ・ベトナムの民間人への殺害、略奪、レイプ
アメリカの負の側面が随所に出てきました
兵隊たちも除隊になる日ばかり考えています
実際のベトナム戦争もこんなかんじだったのですかね
昔のフォークソングなんて「ベトナム反戦歌」がひとつのジャンルをつくったくらいでしたから
 
なんか、暗く、重くなる映画でした