適材適所

テーマ:
おはようございます。



日照時間も長くなり地域によりけりですが東北地方もようやく気温が上がってきましたね〜。



「最近暖かいね〜」と思えば「冷えたね〜」と、俗に言う三寒四温な寒暖を繰り返しながら少〜しずつ季節が進んでいるのを感じられますよね。



ま、とは言っても安定しないので水の中はまだ冬^_^



だい〜ぶ前な話のこの子。

{622AD6E3-B317-45AA-941B-B9C0012CDC16}

サイズもまずまずでしたが、絞り込んでの貴重な1本は痺れましたよー‼︎


大減水によって池の真ん中にコイやらフナやらワラワラと溜まっていましたが、どうやらバスはそのなかに混じっていないのでは?


と感じ、目を付けたのが魚が溜まる沖ではなくダダっ広い泥底から硬めの地質に切り替わる足元のブレイク下。


だいたい70cmくらい?な水深のスポットに対して、30〜90cmのレンジを最も得意とするスーパーシャローランナーのDEX-CR52SSRでチェックするもノー感じ。

{220084BF-2843-4E77-86F9-44F2035E40EA}

余談ですが、52SSRはクランクベイトの代名詞的な「ブリブリブリ〜」ではなく「クルクルクル〜」と泳いでくれるロールアクション。ワーム感覚で使えるクランクなので楽しいですよ♩



話は戻りまして、、、



まだまだ冬を引きずってるだろうし、大減水によるプレッシャーで横の動きはナシかな〜。


と、DEX-MV44(AKA)のショートピッチのリフト&フォール(20〜30cmくらい)で丁寧に撃ちなおすとズドン‼︎


{5BA7E7DC-7663-4584-A022-61EB86C20832}

それにしても皮一枚のヒヤヒヤもん。。。
ファイト中から皮一枚が見えてたもんだから尚更w


DEX-MVの良さは皆さんも体感して頂いてますし釈迦に説法な話ですが、僅かな水深で超ショートピッチなリフト&フォールであっても立ち上がりの速いDEX-MVはしっかりとバスにアピールしてくれて、安いが取り柄じゃない本気で使い倒せるメタルバイブ。



ちなみに、喰ってきたスポットは全体的にゲキアサのなか気持〜ち深めに落ちてた足元の泥底と赤土の際。



ただし。



春が近いからシャローだ!
暖かくなってきたから足元のシャローに差してきた‼︎


だったのではなく、


おそらく、普段このちょっとした変化と若干の深みを越冬スポットとしていたところに、たまたま減水が進んで釣り人の足元に露わになったのでは?と。


バス:沖は鯉とフナがワラワラいてノンビリできないし、ここならヤツらたまにしか来ないし、太陽のお陰で居心地いいし風が止むと稚ギルも近くに来てくれるし、今日は暖かいけどどうせまた冷えるしこのままでいっか。。。的な^_^



ま、バスに聞いて見ないとなんともですがw




セオリーだから!と決めつけずに、自分なりの仮説とイメージを現場で当てはめながらトライ&エラーを繰り返して、自分のイメージと実際の現場との誤差を修正しながら魚を探していくのがバスフィッシングの楽しみ方のひとつだな〜と改めて感じさせてくれる1本でしたね。




なぜカラーはAKA?

{BFC99DE5-C0CC-4461-A5B8-419ED56C700B}


捕食しているベイトに合わせたり水の色を基準にしたりと色んな考えがありますが、僕は背景や地質の色も基準にもしています^_^


ひとつ言えるのは、特別なことを考えられる性ではないのでねw



今回は竿にも助けられましたがまたの機会に♩



SHIRO.


【ロッド】
Abu Garcia
【リール】
Abu Garcia  
Revo LV7- L
【ライン】
G-SEVEN トーナメントジーン12lb
【ルアー】
Berkley  
DEX-CR52SSR
DEX-MV44/6g(カラー:AKA)


早く桧原湖開幕しないかな〜。