英語が得意になるための避けられない法則 

英語が得意になるための避けられない法則 

英語と付き合って苦節30年余り。英語が得意になるには必ず通る道があります。筆者は「受験」「留学」「プライベート」「ビジネス」「講師」とあらゆる経験をした中で「これは絶対」というのをお知らせしていきます


テーマ:

 

前回の再生スピードを変えるのはやってみられましたか?

 

英語のlistening力が上がると「得」なことがたくさんありますね!

まず何といってもTOEIC🄬のスコアが上がる!他の英語の試験も軒並みlisteningテストがありますから「得」です!

でも他には海外旅行に行ったとき「得」です。 現地の人が言っていることがわかると安心ですし、旅行が何倍も楽しくなり「得」です。

映画を観てても好きな俳優さん、女優さんのセリフをそのまま理解できたら嬉しいし、もっと勉強しよっとモティベーションもあがり「得」ですよね~

お仕事で使っている方もこれまた絶対「得」です。ということで英語のListening力は高い方がいいです。いろんな意味で!

英語リスニング達人は誰でもなれます。

 

リスニング達人のステップ1:自分にとっての「得」をたくさん持ちましょう。それが勉強する動機です。

           ステップ2:英語が流れてくる音源で、これは聞き取れるようにまずなりたいという音源を用意しましょう。

                  (英語のスクリプトがついているものが良いです)

           ステップ3:意味の取れる最低の「塊」毎にポーズを取って何と言っていたか、英文を音読し

                  (声に出せない環境の方は黙読して)適当な日本語を思い浮かべてください。(声に出してもいいです)

           ステップ4:ステップ3でおこなったことをもう一度行います。ポーズを取る時間を少しずつ短くします。

           ステップ5:ステップ4を再度おこない、ポーズをとらなくても内容が入ってくるのを確認しましょう。

           ステップ6:もともとの音源の音声スピードを1.5倍~2倍にして聞いてみましょう。2回

           ステップ7:最後のノーマルスピードにして聞いてください。驚くほど聞こえます。

           ステップ8:スクリプトを見て音読しましょう。

 

良かったら参考にしてください。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス