そして、そんな出来事があった直後に定番のデートの日を迎えた。


少し酔って緊張がほぐれた頃に話そう!!
と思っていた。



んだけど滝汗






先に西島さんから本題に触れてきた。





相談所から交際の進捗を聞かれたから、そろそろお互いの両親に会うタイミングかな、と思って。
そちらの相談所からも何か聞いてるかな?
本来なら、先に2人で話し合うべきだったと思うんだけど、順番が前後してごめんねタラー


と謝られた!!



その自覚があったのなら、良かった♪

 
話し合いはできる人なのね。
少し安心しました。


安心したから、ついつい本音が出てしまって…




相談所から少しだけ聞いたよ。
もうそういう段階なんだ!って今更ながら少し戸惑ってしまって。。
まだお互いのこと、そこまで知らないし、もう少しゆっくり交際したいんだけど、ダメかなあ。。


と言ってみた。




ら…滝汗





ちょっと沈黙?というか重い空気になったのを感じた。








えみりちゃん、気持ちは分かるけど…
限られた時間の中で判断しなくてはならないと思うよ。こんなこと言うと、冷たく聞こえてしまうかもしれないけど、俺にもえみりちゃんにも時間が限られてる。違和感があるなら、早めにジャッジすべきだと思う。




うん。
正論だと思った。




一応、真剣交際の期限として定められている3ヶ月までもう少し時間はある。

そのギリギリまで考える、ということでその日は決着した…




さーて、どうするかな真顔