フリーカップの轆轤水挽き

テーマ:

今朝は、この辺りは凄い地震がありました。

 

ちょうどコンロに火をかけていて、慌てました。

 

お風呂場のシャンプーが落ちたくらいで、何もなく、ホッとしたけれど、余震が続いていてちょっぴり不安。

何の対策もしていない・・・。(反省です)

 

ひと段落したら、轆轤を挽きに行きました。

 

 

轆轤を挽きながらも困っている人が沢山いるのにこんなことをしていていいのだろうか、と自問自答しながら・・・。

みんなが、早く穏やかな日々に戻れますように・・・。

 

 

 

今は、マグカップの続きでフリーカップを制作しています。

 

 

 

同じシッタで高台削りができるので、効率がいいのです。

 

 

 

明日からは高台削りをする予定。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

窯出し(酸化焼成)

テーマ:

窯の温度が80℃を切っていたので、蓋を少し開けました。

 

それでも、素手では持てないので、分厚い牛革の手袋で棚板を外していきます。

 

一番上は、窯の中でも温度が一番低いところなので釉薬がちゃんと溶けているか心配でしたが、大丈夫でした。

 

 

次の段は在庫が無くなっていた猫の小皿とうさぎの小皿。

 

 

角皿は、マット系の釉薬の試し掛け。

好みにもよりますが、狙っていたものとは違いました。

 

 

 

ご注文いただいている虎のお茶碗。

 

呉須のタイプと弁柄のタイプと制作してみました。

「どちらの方がお好みかな?」とか、「可愛すぎるかな?」とか、お見せするまで心配です。

 

ご注文いただいている小鉢はこの段と次の段にも入っています。

絵付けは、鳥獣人物戯画以外の動物をいろいろ。

お気に召して下さるといいのだけれど。

 

 

蕎麦猪口とマグカップが入っている段。

 

 

蕎麦猪口は上から見ただけでは模様が分かりにくいので、横からも写真を撮りました。

 

 

 

蕎麦猪口の鳥獣人物戯画のものはご注文いただいているものです。

お気に召していただけるといいのにな。

 

マグカップは本当は、粉引きのしのぎの技法だけで仕上げようと思っていたのだけれど、何故か無地は人気がなくて・・・。

絵付けしちゃいました。

 

 

 

 

長々と最後までご覧くださってありがとうございました。

 

 

 

 

蓋つきマグの化粧掛け

テーマ:

こちらの蓋つきマグは、実は窯詰前に高台削りまで終わっていた器です。

 

白化粧も少なくなっていて、作らないといけませんでした。

 

なので、窯焚きを優先し、発泡スチロールの箱に入れて、待機してもらっていました。

 

発泡スチロールの箱は、とても便利何です。

乾かないで、保存できるので、忙しい時などは頻繁に登場します。

 

 

この蓋つきマグは、赤土なので、絵が描けるよう白化粧します。

 

 

 

 

粉引きと言う技法です。

 

いつもよりちょっぴり重量感があり、その分冷めにくいカップです。

この辺は、持った感じなどお好みですね。

 

後はそのまま乾燥させて、次の素焼き仲間詰めまで置いておきます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。