今日は勤務日。


新年度の工芸授業での工夫を探リました。


見本用に大江戸骨董市で入手の型紙を活用し、型のりの代わりに化粧土をのせてみました。


渋紙に紗をしっかり固着させれば、染色と陶芸の型として使えます。

画像は使用後の型紙。

石膏型の上で乾燥させます。

生徒にはボイントを絞った型のデザインをさせます。