週末の台風の爪痕が大きい関東以北。
被害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます。
東京直撃との予報を聞いて、慌てて前日に災害備蓄をするもののほんと簡易的に。
台風が去った後に慌てて備蓄用のバルコニーコンテナーを3つ購入。
簡易トイレや少量ですが保存食を入れてみる。これから備蓄リストを見ながら揃えて行こうと思ったのでした。



そんな週末、連休でした。
のんびり過ごし、時間があったのでkazとの時間。

社会、地理の復習。
テスト前に詰め込みするのではなく、時間がある時に授業で理解できなかったところを整理しておくことに。
どの教科よりも社会が厳しい。
知らない言葉がたくさんありすぎるのです。
'近代'
'せんい'
'小規模' '大規模'
'特色'
'発展'
'産業'
'革命'
などなど。

授業中は、板書をするのでせいいっぱい。
ノートに書き書きしてる間は、余計に先生の言葉は耳に入ってこない。
そう、板書ってどうなんだろうか?
私達の時代にもそう唱える先生がいて、
板書の時間をあげるからまず、話を聞くようにって言う先生がいたくらい。
日本語をこのスピードで書くことも初体験。
そりゃ、大変だ。
それなのに、ノートの提出というものがあり、ノートに評価がつくのよ。
プレッシャー。。。
急いで書くから、字も汚くなる。けど、評価も気になる、追い重なるプレッシャー。
こうして日本のストレス社会は子供の時から続いてるのね、と思わずにいられない。


国語もね、もちろん社会と同じくらいフォローは必要です。
しかし、まだ授業中で理解はできてる様子。文にまとめる力は弱いけど。
言いたいことがあっても上手く言葉で伝えられない。言いたいことはわかるけど、文章にすると支離滅裂。
まあ、私の喋る英語ってこんなもんなんだろな。
こんな私のことも温かく受け入れてくれ、言わんとしてることを理解しようとしてくれたトロントニアン。
神だな、神。
日本社会にそんな優しさのかけらもない。
しかもkazは外国人でなく、生粋の日本人となりゃ、周りはさらに理解できないだろうことも理解できるけど。

というわけで、トロントで続けていた通信教育は5教科すべて解約しました。
代わりに、作文の受講に切り替えました。
月に1つの課題に取り組むだけだから、負担も少なく、テーマも今のところ等身大なものなのでなかなか良いです。
今月は20年後の自分に宛てた手紙を、書くというもの。
ちゃんとステップもあり、わかりやすい。
もちろん、私のフォローがあって完成する作文ですがね、いいんです。


昨日は社会と作文を一緒にやったけど、だいぶ日本語の理解力が上がってるように感じたかな。
その分、英語力は落ちてるんだろうけど、、、まあ、それも仕方ないか。
今は今を精一杯生きてもらいましょう。





今日は英検でした。
ふたりとも初めての英検です。
帰国が決まってから、英検を早めに受けなくてはという思いがあり、
テキストは買うものの、ふたりともまったく進まずニヤニヤ
帰国してから〜と思ったけど、帰国したら忙しくてそんな暇もないあせるあせるあせる


というわけで、準備不足のまま当日を迎えることに。。。


彼女は午前中に準2級を、兄さんは準1を。
もちろんダメ元受験です笑い泣き
それでもamyはリーディングとリスニングで70%前後行くので望みがあるかと思ってたけど、
ライティングがトピックにより安定せず、難航です。
ライティングで30%の配点があるので、ここでも70%クリアしないと合格は見えてこないのです。
70%なんて無理笑い泣き笑い泣き笑い泣き
あとは、ライティングのトピックが小学校一年生でも答えやすい問いかどうかにも左右されます。
本人も過去問解きながらそれをわかっていたので本番がどんなトピックなのかドキドキしてた様子目
運だよね、それも。
で、この日のトピックは
何歳から英語教育を始めるべきか?
というものだったようで、ラッキーだったー爆笑と本人は言ってました。



一方、kazはもちろん運と勘です(笑)。
でも、彼は帰国してから日本語漬けの毎日で勘は鈍る一方。。。
週1時間しか英語の時間が取れないのが現実なのです。

というわけで、まあ、無理だな。
しかもライティングのトピックが、
日本の高校の改善点について述べよ。
的な。
高校行ったことないし無理なお題だな。
それでも彼なりにヒントをもとにかいたとか。


お昼を挟んで、午後は本命。

3級と、

兄さんは2級です。
母としてはここを抑えてくれたら満足です。
そこから先は、今後、自分たちでしっかり積み上げて行ってほしいと願ってます。


何はともあれ、中間考査と英検1次が終わって、私の肩の荷はしばらく下ろせそうです。


おつかれさま!
みんな!(笑)

kazの進学先探しは続いています。
東京は本当に学校の数が多くて、
どの学校もそれぞれの特色があり、
魅力もあり、決めかねてしまうほどです。


私が考える、
kazにとって心地よいスクールライフを送ることのできる環境のポイントは、


多様性(ダイバーシティ)があって、
個々を尊重しあえる生徒がいること、
またそれを促す先生がいること。


これが最優先ポイントですビックリマーク
しかし、多様性を強調する学校は何校もあっても、
文化祭でそれを感覚で察知することはとても難しかったニヤニヤ
学校案内パンフレットにもかいてあるけどね、
先生方のお話の中にも出てくるけどね、
信じて良いのでしょうかはてなマーク


トロントは本当に人種のモザイクで多様性の象徴のような街でした。
そんな環境で幼少期を育ったkazにとって、今のほぼ単一種の集団である日本の学校生活に戸惑いがいっぱいなのです。
どうにかこうにか彼らしくまた輝きを取り戻せる場所を見つけてやりたい。

できれば、学校の成績を重視せず、入学させてくれるところが希望です笑い泣き
主要5教科であっぷあっぷですあせる
溺れそうですあせるあせる
だけれど、実技教科が日本ではきっちりあるのですよね。

美術では初めて使う絵の具にあっぷあっぷ。
絵の具なんて日本人であれば小学校から慣れ親しんでるから今更、先生も教えてくれない。
チューブから絵の具を出すことすら難しいらしい。
もちろん、筆の使い方も絵の具の混ぜ方もわからない。
そうなると、枠の中に塗りこむことすら困難なのです。

体育だって、初めてだらけ。
マットでは、幼稚園以来にやる前転。
後転ゲッソリ開脚前転ゲッソリ開脚後転ゲッソリ側転ゲッソリ倒立前転ゲッソリ
毎晩、日付が変わるちょっと前まで、ヨガマットの上でひとり練習してます。
だってね、出来ないとコソコソクスクス笑う人もいるんですからイラッ
それが日本、それが中学生。
いや、大人社会でもあるよね、どこの国でもあるか。
自分たちの常識の範疇にいない人間を見下す習性って。

とにかくとにかく、毎日毎日が闘いなのです。
楽しいなんて日は1日だって訪れやしないのがこの4ヶ月間の感想だと思う。
本人はそんなこと言いはしませんがね。


毎日毎日ハッピーだったトロントのスクールライフとは180度違う学校生活。
解放させてやりたい親心半分、
日本で生きていくなら乗り越えなくてはならないという鬼親心半分。
私だってそばで見ていて痛々しくて辛いっす!!



そんな折、高校の学校説明会で耳にする夏休みの海外研修や海外ホームステイの話。





🇨🇦カナダ🇨🇦カナダ🇨🇦カナダ🇨🇦


カナダ祭りです(笑)。
イギリスやアメリカ、オーストラリアよりもカナダに留学って今は多いのかな?
とっても魅力を感じてしまうポイントにもなりつつあります笑い泣き


いやいや、そこで学校選んじゃダメでしょ笑い泣き