どっぷりアクア星人の記録「水棲生物&フィールドブログ」
NEW !
テーマ:
日も新潟市内から出発








「東横イン新潟古町」2連泊








山奥の野池からお戻りした昨日の夕方チャンスは、国道7号BPの竹尾インター近くにある某施設の高級マッサージ器で全身の疲れを取りながら、無料で1時間30分もお世話になって来たので、今日の朝は全身がスッキリ♪








水草にめっぽう強い新潟県の老舗アクアショップ「APバーン」にお立ち寄りして、探していた水草を見つけながら、いつもの状態の良い珍水草たちの水中葉を堪能して来た。








今では伝説となってしまったミクロソルムの仲間である「ノーザンクリア」の大株を発見して、あのリリース時の懐かしき思い出が蘇る。








珍水草たちを仕入れさせてもらった








新潟市内から少し離れた栃尾の街に足を運び、本場の油揚げを製造している工場兼販売所で、その場で揚げて頂いた熱々の美味しい油揚げを、シンプルなネギとかつお節で食べさせてもらいながら、満足の旅先グルメ。








「キタノメダカ」の生息地を見る








良い個体が泳いでいるぞね‼








水草の多い湿地フィールドでは、ホシクサの仲間であるイヌノヒゲの小さな実生が絨毯となり、赤く色づく「ミズオトギリ」が良い雰囲気を醸し出し、辺りではお約束の「シュレーゲルアオガエル」たちが鳴いている。








モッチリフワフワの卵嚢







本日も越後を楽しみましょう