英語スピーキング力を鍛えてTOEIC600点突破!一番効果的な勉強法

英語スピーキング力を鍛えてTOEIC600点突破!一番効果的な勉強法

ブログTEOIC600点の壁が思いのほか高くて悩んでませんか?

実は英語のスピーキング力を鍛えるとTOEICのスコアは驚く程上がっていきます。

TOEIC600は正しい英語のトレーニング方法を実践すればだれでも必ず超えられる壁でもあります。

後は一緒に実践するけです!


テーマ:

Image by Free-Photos on Pixabay

 

 

英検とは違い、TOEICはかなり細かい文法の知識を問う問題が

出てきます。

 

TOEIC600を超える為にひつようなことは、まずは英文法の土台

をがっちりと作り上げること。

 

それはつまり、中学校で学ぶ英文法をしっかり理解するという

ことです。

 

 

ですが・・・

 

 

大人になると、この基本英文法のやり直しを嫌がる方が続出

します!←やれば楽しいのに!

 

 

今回も基本中の基本んである進行形の英語についておさらいです。

 

 

 

TOEIC600点の壁をすんなり超える!現在進行形って何?

 

 

英文法でよく聞く「現在進行形」って何?

 

 

 

こう質問されたら、どう解説しますか?

 

 

 

 

「今、現在進行形で行動している事を話す時の型です。」

 

現在進行していることを説明する…そのままでOKですね!

 

 

 

では、「現在進行形の英語のルールは?」

 

 

どうでしょう?

 

 

 

 

はい、簡単ですね!

 

「Be動詞+~ing」

「Be動詞」と「動詞のing形」を合体させるだけでOKです。

 

 

 

ポイントは何かありますか?

 

Be動詞がくるので、主語によってam / is / are を使い分ける

必要があります。

 

 

I am studying English.

 

Hanako is studying English.

 

Hanako and Taro are studying English.

 

 

主語がI ➡ am

主語がHe / She / It (単数) ➡ is

主語がYou(単数・複数) / We / They(複数) are

 

とても簡単なルールです♪

 

 

主語動詞をしっかり意識すれば、英語スピーキングでも

役に立つことが分かるはずです。

 

 

実際に現在進行形は日常英会話でも頻出パターンなので

口頭でも瞬時に出てくるように音読するとお得です。

 

 

 

TOEIC600点越えに必須!基本文法【現在進行形の否定文】

 

現在進行形の基本ルールは「Be動詞+~ing」でしたね。

 

では、否定文はどうやって作ればいいのでしょう?

 

 

 

答えは簡単♪

 

「Be動詞の後にnotをつける」

 

これでOK!

 

 

 

I am not studying English now.

 

Hanako is not studying English now.

 

Hanako and Taro are not studying English now.

 

 

とてもシンプルなルールですね!

 

 

 

英語は主に省略形で書かれるので以下の書き方や言い方にも

慣れておきましょう♪

 

I’m not studying English now.

 

Hanako isn’t studying English now.

 

Hanako and Taro aren’t studying English now.

 

 

 

 

TOEIC600点越えに必須!基本文法【現在進行形の疑問文】

 

 

それでは、現在進行形の疑問文の作り方はどうでしょう?

 

 

 

これもBe動詞の疑問文と同じルールでOKですね!

 

「Be動詞を文頭にもってくる」

 

 

 

ではやってみましょう!

 

Am I studying English?

 

Is Hanako studying English?

 

Are Hanako and Taro studying English?

 

 

ポイントは「Be動詞だけを文頭にもってくる」こと。

 

これで現在進行形の否定文と疑問文は完璧です♪

 

 

 

 

TOEIC600点を楽に超える為に英文法と英語多読を組み合わせよう

 

 

英文法を勉強したって役に立たない!!

 

 

 

 

そう感じるのは、実は英語をたくさん

んだり、いたり、いたり、したりする

 

「実践練習の不足」

 

が原因です。

 

 

 

中学英文法を学べば、英語の絵本がクリアに読めるように

なり、英語の大量インプットもできるようになります。

 

簡単な英文は口頭でも使える表現がたくさんあるので、もちろん

スピーキング力もアップできます♪

 

オンライン上で英語記事をたくさん読むことも楽しくなって

きます!

 

 

TIME for Kidsの記事を少し読んでみましょう。

 

A meteorologist is a scientist who studies weather. 

He or she warns people when strong weather is coming. 

This helps people stay safe during storms.

引用TIME for Kids

https://www.timeforkids.com/k1/stormy-weather/

*meteorologist 気象学者

*scientist 科学者

*stay safe 安全でいる トラブルを避ける

*help+人+動詞の原型 人が~するのを助ける

 

 

 

どうですか? スラスラ読めるでしょうか。

 

 

 

直訳

気象学者は科学者です/天候を研究する。/ 気象学者は警告を出します/

天候が荒れ模様になりそうな時に。/ この事は人々を助けます/安全でいる

事を/ 嵐の間。

 

 

意味

気象学者は気候を研究している科学者です。

気象学者は天候が荒れ模様になりそうなときには、警告を出します。

この予報のおかげで、人々は嵐でも安全確保ができるのです。

↑あんまり翻訳センスないですけど(笑) こんな感じでしょうか。

 

 

この英文は「関係代名詞」「接続詞」「前置詞」などの項目を

しっかりと理解していれば読める英文です。

 

 

 

今は最初の文章が難しく感じているとしても、

 

A meteorologist is a scientist.  気象学者は科学者です。

A meteorologist studies weather. 気象学者は天候を研究します。

 

文章を2つに分解すれば簡単に理解できますね。

 

 

「関係代名詞」を使うと2つの文章を1つにまとめることができる

のですが、その前に基本的な1文を理解できる事が前提です

 

 

TOEICの場合は更に「A meteorologist」だから単数扱いだな!

というところにも意識をしっかりと向けて読むと効果的です。

 

 

そうする事で「Be動詞の使い分け」や「三単現のs」も覚えていく

ことができるようになるからです。

 

 

 

まずは英語多読で英語感覚も身につける

 

 

 

↑やさしくたくさん英語に触れるのにぴったりなのが

V.Mouaさんの絵本、Sammyシリーズです。

 

 

5分もあれば読み切れて、しかもユーモアたっぷり!

 

大人でも楽しいストーリーで飽きずに何度も読める

のでおススメです♪

 

 

例えば、このシリーズならシンプルな英文なので、

基本のBe動詞・一般動詞もしっかり理解でき、英語感覚が

養えます。

 

もちろん日常表現もたくさんインプットできます♪

 

 

SummyシリーズはKindle Unlimitedで読み放題♪

無料お試しもできるので早速読み始めましょう!

 

 

 

 

英語は継続が何よりも大切

 

 

英文記事を読んだり、英語本を読んだりした時に

英文の構造が全くつかめない場合は、

 

無理に読まずにストップします。

 

 

もっと簡単な絵本を大量に読むのが長続きのコツです♪

 

 

急がば回れ!今の内に基本の英文法+多読で英語の土台を

一緒に作ってしまいましょう!