トアルソン社長のブログ
  • 26Mar
    • テニスの国アメリカ、コートの違いを語ります。の画像

      テニスの国アメリカ、コートの違いを語ります。

      皆さんこんにちは。益々暖かくなってきましたね。スポーツシーズン到来という感じですが、まだまだ海外に気軽に行ける状況では無いのが現状です。私のジュニア時代テニスと言えばアメリカテニスで多くのスーパースターがアメリカから出てきて、テニスの技術向上にもアメリカへテニス留学をするのがブーム、という時代でした。今はスペインを始めヨーロッパでも素晴らしいアカデミーが沢山あります。今回はそんなアメリカ東海岸へ数年前に私どもの取締役でロンドンオリンピック監督、現在はWOWOWの解説者として活躍してます村上 武資プロとアメリカへ市場調査に言った時の話です。あれはちょうど今頃の時期で、ATPツアーマスターズ1000のマイアミオープンが開催されてる頃でした。元々私も学生の頃アメリカへテニス留学をしていたのですが、西海岸を中心に回っていたため東海岸のフロリダには余り行った事が無かったので、現地に詳しい村上プロのナビでいきました。その一番の目的は世界でもトップのスポーツ施設IMGアカデミーの視察とフロリダでのテニス環境を見ることです。  まず日本よりマイアミに到着しマイアミオープンを観戦、色々な選手に挨拶をしてまわり、レンタカーを借りてIMGアカデミーのあるプレデントンに約4時間くらいだったでしょうか。村上プロと道中もテニスの話をしながら、行った記憶があります。そして翌日、錦織選手のはからいでIMGアカデミーを訪問する事になります。先ずはカートに乗って施設の紹介をしていただきました。テニスコートはもちろん素晴らしい物でした。それ以外も陸上の練習場、サッカー場、ゴルフの練習場やコースと膨大な土地の中に素晴らしい施設が至る所に配置され、宿泊施設・ドミトリーなどの生活環境も、世界一の施設として申し分ない環境に感動したのを今も鮮明に記憶に残っています。テニスコートに戻り、色々なタイプのレッスンを見学させてもらいました。数多くの種類のショットを最新の指導方法で見ることができました。日本の環境・指導方法との違いを多く感じました。その後トレーニング施設を見せてもらい、フィジカルトレーニングの重要性をしっかりレクチャーして頂きましたが日本には中々この規模の施設が少ないので色々な工夫の必要性を感じました。ちょうどその日は錦織選手も練習とCMの撮影をされていたのを覚えてます。そして事件があったのがその後です。(私にとってですが)ランチを食べに行こうと言う事になり錦織選手の案内でレストランに行きました。そんなに大きくないサンドイッチやホットドッグを食べれるレストランでしたが、そこにあのニックボレテリーさんが!!食事をしながら打ち合わせをされていました。自分の中で超レジェンド的な存在だった為にエッ~!!と言う感覚で、錦織選手に紹介して頂きニックさんと少しお近づきになることが出来、自己紹介と写真の撮影をして頂きました。その時の写真です。少しの時間でしたがテニスの話が聞けて、とてもよかった思い出があります。最初に話したように私たちの選手時代は、ニックボレテリーキャンプやハリーホップマン、バンダミヤーさん達のキャンプでレッスンをしてもらうことが一つのステイタスで有りブームでも有りました。なんせアメリカンテニス全盛です。そんな思いの中でのご対面で感動しましたのは言うまでも有りません。もちろん錦織選手と会った事もでしたが、何とも言葉にできない感動をしたことを思い出されます。そんな中、ひとしきりお話をした後にニックさんはお帰りになられたのですが、何とランチ代を払って頂いたらしく精算は終わっていて、ランチをご馳走になってしまっていたのです。なんと紳士な方でしょう。そんな事件でしたそんなこんな経験を経て、今はトアルソンアカデミーを通じて神戸から世界を目指す子供たちを少しでも支援出来ればとやっています。その精神はこれからも継続し、協力をしていきたいと思っています。本題の一つの日本とアメリカとの大きな違い一番の問題点は・・・レッスンのやり方トレーニングの仕方だけでは無く私はコートサーフェースや、施設の違いに大きく影響を感じてなりません。現在日本は砂入り人工芝という日本特有のコートを多く使用しています。多くのジュニアの大会もそのコートを中心に開催されるため砂入り人工芝のコートでの練習が中心になっている選手、ジュニアがほとんどです。しかし世界やアメリカにはこのようなコートはほぼ無く公式の大会が開催される事もまず無いと思います。日本の気候は四季があり梅雨も有ります。また限られた日程で大会のスケジュールをこなさないといけない協会、団体の事情も理解はできます。もちろん趣味でテニスを楽しまれる方にとってなんの問題も無い事かもしれません。あくまで世界を目指したり、海外でテニスを頑張りたい子供達にとって少しの出遅れになる可能性があるという事が非常に気になります。現在のテニスはスピード、パワー+強力な回転を必要とするレベルが不可欠です。打っても打ってもエースにならないポイントが取りにくいサーフェースでは結局ミスをしないタイプの選手が成績を出していく確率が高いのが現状です。練習方法、ボールのスピードの出し方、フットワークの技術、色々なところで世界基準との差を感じます。またボールのすり減り方や飛び方も時間と共に大きく変わってきます。何より今活躍している錦織プロ、西岡プロ、ダニエルプロ、内山プロなどのグランドスラムで活躍している日本のプロはほぼ若い時からアメリカや海外を中心に練習拠点を作ってきた選手が中心です。道具ははかなりのスピードで進化してます。軽くて振りやすいがしっかりしたボールを打てるラケット、スイングスピードが速くてもコントロールとパワーがブレないストリング。後は本当にテニスコートの環境が変わっていけば、もっと世界(グランドスラムで優勝)に近づける選手が日本からどんどん出てくる事は間違いないと思います。トーナメント数やシステム、学校の体制など海外とは違う事は色々あると思います。でもせめて試合をする条件は同じにしてあげたいですね。柔道の試合、練習を海外はフローリングでして畳は無いからでは強くはならなかったと思います。そして夢を見れる選手が多く出てくるのを期待してサポート、恩返しをしていきたいと思います。偉そうに書きましたが私の個人的で率直な気持ちと、経験や情報を元に今回書かせていただきました。ちなみに私はアンツーカーと言うサーフェースでテニスをおぼえました高温焼成したレンガなどの土を粉砕してつくられる赤褐色の土、あるいはそれで覆われたサーフェス

  • 25Mar
    • テニス用グリップについてのお話の画像

      テニス用グリップについてのお話

      皆さん段々と温かい日が増えてきました。汗ばむ日も出てきたと思います今回はテニスの必需品である「グリップテープ」についてのお話です。昨年より世界中でコロナ禍となり商品の販売ペースが落ちている中、昨年後半より国内外よりグリップテープの注文件数が非常に増えてきました。私達が製造するグリップはもちろん日本製でありますし、多くの世界中のトッププレーヤーにも使用してもらってる商品です。(抗菌効果も有るんですよ)少し振り返れば、40年以上前はテニスのグリップといえば皮のレーザータイプの物が本体に装着され、オーバーグリップテープは布や紙と言った素材を加工した商品を、滑り止め的に使用していました。私も学生時や、社会人時代はそういった商品を使用して試合に出てました。その後、我が社で新しいタイプの「シンセティックグリップ(合成繊維使用)」の開発に成功し、それを海外市場に売りに行った事もありました。世界でも珍しい商品だったと記憶してます。その時のグリップがレオイナグリップと言うドライタイプのグリップテープでした。もう30年以上も前の商品いなります。   その頃は今のようなウェットタイプよりドライタイプ(汗の吸収を多くできるタイプ)のグリップをよく販売していたと思います。その後多くのメーカーから色々なタイプのグリップが市場に出てきたのは、皆さんもご存じだと思います。当時、恐らくグリップテープで世界の選手と契約したのはトアルソンぐらいではなかったのではないか思います。(違っていたらごめんなさい)当時世界№1のイワンレンドル選手にも使用して頂きました。さらに有名選手ですと、当時女子の№1シュテフィ・グラフ選手ともグリップの契約をしました。何故当社がグリップにそんなに力を入れているかと言うとラケットと自分を結ぶ最も大切で重要なパーツがグリップだからです。私、実はゴルフも非常に好きでして・・・ゴルフの世界ではグリップは上達する過程で非常に大切な部分であることは多くの資料で出されています。そのためグリップの開発も素晴らしくグリップメーカーのイオミックさんはラバーグリップが主力の市場から現在のエラストマーなどの素材を使った新しいグリップで世界中のトップ選手が使用するグリップのメーカーとして活躍されています。テニスのレッスン等でグリップの重要性を多く語る方は少ないかもしれませんが、私はテニスでももちろん、グリップは本当に大切で上手にテニスをする上での要の部分であり、グリップテープはそれをサポートする必要なアイテムであると思っております。そんなテニスにとって大切な商品が今改めて見直され、性能を含め手に触れる物として清潔さを求めてる方が増えたことにより販売増につながっているのではないかと思っております。今のジュニア選手は私達の時代とは体質も変わり、手が西洋人のようにウェット感の強い子供達も多くなってきています。そんなジュニアの方に向けて、長年テニスをされている大人の方に向けて、どちらのタイプにも使いやすいクイックドライグリップを発売しています。(我社のヒット商品です)  手がしっとりしていて汗をかきやすい人にもしっかり吸収力が高く、乾燥タイプの手の方にもしっかりとしたウェット感が味わえる優れた商品です。こちらも抗菌効果があります。今このような時代に海外でもメイドインジャパンの信頼性が益々上がり、清潔感をスポーツにも希望する方が多くなって来たのだと感じております。大分の製造工場は今日も元気に、汗だくになりながらも頑張ってグリップの生産、出荷を行っております。工場のスタッフのみんなありがとう!皆さん!是非今日から新しいグリップに巻き替えてテニスを楽しんでください。心身共にリフレッシュ出来ること間違いなしです

  • 15Mar
    • スポーツ選手は腸は大切の画像

      スポーツ選手は腸は大切

      少し期間が空きましたが。皆さん体調はいかがですか?オリーブオイルは試されましたか?まだの人は是非に今回は前回ブログに書きました、腸の健康の話を。私が小さいころ父親から「腸が健康な体は、健康な体だ」と言う事だと良く言われました。昔のテニスガットは羊の腸から出来ていました。(今も少ないですが動物の腸からガットは作られています)ですから羊の腸のガットをシープと呼んで多くの有名プレーヤーや、それに憧れたテニス愛好者が使っていました。その羊の腸から出来た物をガットと呼び、腸が元気で調子がいい時にガッツポーズが出るんだと、本当かどうかは定かではないですがよく聞かされてきました。ガット、ガット、ガッツポーズ!ガッツ石松は関係あるかなぁ無いか(笑)腸の健康は確かに大切です。私もこの10年は、腸内環境を整える良いサプリに出会い病気をしてません。少し専門的な話になりますが人間の体には腸内細菌が1,000兆個、約1.5kgがあるそうです。腸内細菌は体内でビタミン、ホルモン、酵素、脳内物質、水素、各種酸を作ると言われています。そして、人間の体の中で腸に免疫の7割が集中してると言われます。各種伝染病も、免疫での防御も不可能ではないと思います。自分の体の免疫力を上げることは、病気や伝染病の予防、アレルギーに対しての抵抗力など多くの良い効果をもたらしてくれるはずです。実際に花粉症やアトピーも腸内細菌の影響で良くなった方が私の周りでもおられます。ですので、体を使うスポーツ選手はもちろん、子供からお年寄りまで多くの方に日々気にして頂きたいポイントです。もちろん血管の若返りにも、オリーブオイルとの併用は最高です私は健康キープのため今日も飲みますガット(腸)で元気にガッツポーズをとれるように是非毎日健康的に過ごしてください。ちなみに我が社はナイロンストリングの会社ですよ(^_-)-☆次回は【今、何故グリップテープがこんなに売れるのか?】などのお話を!

  • 01Mar
    • 体に優しいテニスストリング

      皆さんオリーブオイルは試されたでしょうか?体に良いことはどんどんトライしてみてくださいね今回は、私どもが長く【研究・開発・販売】しているテニスストリングについてです。私どものストリングはすべてメイドインジャパンの商品になります。知らない人もいると思いますが大分県の杵築市(きつきし)と言うところで作られています。この映像がその生産されてる工場の様子です。心温かいピュアな人たちによって生産されてます。ストリングを販売するときにいつも考えてることがいかにテニスをする時に心地よく体に負担がなくテニスが上手に出来るかですもちろん体の強い選手クラスが使用する商品も開発はしますが、絶対数として多いのが一般のテニスユーザーです。若い方から熟練のテニス経験の多い方まで、その方たちが気持ちよく故障をしないようにと日々研究しています。ですので、少し価格が高いと感じるものもあるかもしれません。昨年12月にトアルソンのストリング企画で神糸ナインと言うプロモーションがスタートしています。これはトアルソンの60数年の歴史の中で品質、人気、販売本数の多い商品を選んでおります。初心者、ジュニアからプロまでこの9種類の中から選べるベストセレクションです。ストリング選びは中々難しい物ですからね。悩んだり、考えたりしてる方は是非一度この9種類の【糸】説明を見てください。そしてこの中でも特に体に優しい高品質のストリングライブワイヤー【躍動の糸】をまだ打った事の無い方には、是非試してもらいたい商品です。このストリングは我が社にしか作れない特別なストリングです体に優しく、心地よい打感を体験できると思います。それ以外にも、バイオロジックXX【上達の糸】、スプラゲージ【快速の糸】など沢山の体に優しいストリングを提案しています。少し高目ですがジュニア(小学生までには)にもお勧めです。今回は体に優しいストリングと神糸9の情報になりました。次回は腸の健康はすべてにおいて大切!昔のガット(シープ)は羊の腸でしたよねそれに付随したテニスのガットの話をしたいと思います。

  • 26Feb
    • 朝、スプーン一杯のオリーブオイルが人生を変えるの画像

      朝、スプーン一杯のオリーブオイルが人生を変える

      「朝、スプーン一杯のオリーブオイルが人生を変える」この言葉を聞いたのはもう何年も前に海外に行った時の事だったと思います。日本の人はサラダ油、なたね油、ゴマ油などが中心の食事が多いと思います。オリーブオイルを使った食事はイタリアンを食べる時かパスタをする時ぐらいでしょうか。しかし海外、ヨーロッパなどではオリーブオイルを大量に使うことは珍しく無いと聞きます。私が進めるオリーブオイルはスペイン産でコールドプレス製法を取り入れた、質の高いエクストラバージンオリーブオイルです。まさに人生を変える可能性がある食材です。種からできる他の油とは違いオリーブ実を丁寧にプレスしていきながら抽出するオリーブオイルです。社長が推す逸品シリーズ | Toalson roche OFFICIAL ONLINE SITE 60年以上にわたり、確かなエンジニアリングとクラフトマンシップで、ストリングを中心とした製品を提供し続けるテニスギアブランドのTOALSON/トアルソン。そして1994年の販売開始以来、幅広い世代に愛用されているアメリカ、ノースキャロライナ州で生まれたスポーツウェアブランド、röche/ローチェのオフィシャルオンラインサイトです。store.toalson-sports.com血管の中のコーティングを始め心疾患、悪玉コレステロールを下げる、乳がん予防、糖尿病のリスク低下、認知症やうつのリスク低下など体に対する効力は多く証明されています。もちろんダイエットに奮闘してる方にも効果大です。それにプラスして、私のお勧めは手足や体の乾燥した部分に塗って使用する事でしょうか?塗り終わった後も手を洗わなくてもベタベタせず、かゆみもありません。テニス王国スペインの選手も多く摂取してるオリーブオイル。スポーツ選手や選手を目指す子供達にも是非お勧めです

  • 25Feb
    • ブログスタートします。の画像

      ブログスタートします。

      始めまして株式会社トアルソンの谷と言います。会社はテニス用品の販売を64年続けてきて、私もテニスを中心に色々なスポーツをしてきました。その中でやはり一番大切なのは体の健康が何よりも大事だと言う事を痛感しています。その私の50年の経験と体験に基づいた健康や体にいい事、もちろんスキルアップの方法などをこれからブログで掲載してみたいと思いますので、楽しみにしていてください。次回はトアルソン社の歴史で初めて扱ったオリーブオイルの話を!