おはようございますニコニコ

先日家族で、玉一本店(大阪市北区池田町17-4電話06-6353-8626)さんへ行きました。早い時間でしたが、ここは通し営業なので助かります。お得なコース料理があり、女子会四名以上なら20%オフとお得、さすが店内はすぐにお客さんでいっぱいになりました。

私達はアラカルトにしました。豆もやしと白菜キムチからスタートです。

マッコリは夫と子熊が飲んでいました。白熊は焼酎です。

炒め物に素麺が付けられるんですね。美味しそう!~だけど、ただでさえ炭水化物が多くなりそうだったので、ここは我慢です(^-^;

センマイ、よく流行ってるお店だけに安心です。

豚足のタレも辛目で美味しかったですルンルン

ほんとは活タコの踊り食いが一番食べたかった!なのに、二番目の目的のケジャンと共に、既に売り切れとのことえーんハートブレイク

ユッケにしました。馬肉のものです。

海鮮鍋をたのみました。お野菜たっぷり!芹も元気爆笑グリーンハーツ上にタコがのっています。

従業員さん、皆さん感じが良いです。可愛いおねえさんが一所懸命、引っ込んでしまった栄螺の身を取り出そうと奮闘してくれましたお願い帆立も殻から外してくれます。

このプッコッチは全部白熊のですメラメラ辛いの大好き爆  笑

渡り蟹や浅利なども入っていて、良いお出汁が出ていました。 あ~、小倉の峠さんに行きたくてしょうがなくなりました(;´Д`)💦💦

〆も色々美味しそう)^o^( 

せっかくなので、トッポギも入れました。白熊は我慢!

ほんとうはお鍋を片付けてもらって、次は焼肉を食べようと言っていたのですが、「すき焼きっぽい甘い味付けのプルコギもあるよ。」と言うと、夫が乗り気になったので、小さいサイズでお願いしました。

ご飯が進む甘辛味なのですが、いかんせん白熊には甘過ぎて、ここで急にお腹が膨れてしまいました( ̄▽ ̄;)

でもキムパは食べたかった!おしんこと魚肉ソーセージがポイントですよねウインク星

焼酎も一本入れて沢山飲んで食べたのに、全部で二万円しませんでした。リーズナブルでしたニコニコハート

 

 

 

 

 

 

こんにちはニコニコ

暑い日がまだまだ続きそうですね(;´Д`)ほんの一時日向を歩いただけで、めっちゃ喉が渇きます。すぐに身体の水分を持っていかれる感じです。

そんな中、ミシュランでプレートをとられた、小倉の韓国料理「峠」の李さんが、宮殿冷麺と冷麺の器、スッカラとお箸のセットまで送って下さいました(*'▽')ピンクハート

だいぶ前から、うちでも毎週水キムチを仕込んでいますが、そのおつゆと冷麺のおつゆを半々で割って、「シャリシャリするくらい凍らせて出してね!」と教わりました。

だいだい一週間から十日くらいもつ水キムチは、ずっと前回の発酵熟成したおつゆを追い足しして行っています。

「赤いキムチとか西瓜とかのせるのは邪道と思う。のせるなら水キムチの具ね。」と教わったので、赤玉葱・大根・人参・胡瓜など少しのせました。自家製の茹で豚と、胡瓜・梨・オクラ・茹で卵も彩りにしました。

スープの美味しさにビックリビックリマーク目が覚めるようでしたΣ(´∀`;)キラキラ冷麺のスープがこんなに美味しいなんて!普段焼肉屋さんで食べてるのとは別物でした。水キムチのおつゆが大事なポイントなんですね。

                    麺がモッチモッチしていて、喉越しも良く、みんなで夢中で食べました(*´▽`*)アップ

                 残りの茹で豚は、キムチとアミエビの塩辛と一緒に、レタスに包んで食べましたニコニコ

モヤシのナムル・冷やしトマト・オクラのニンニク醤油焼き・烏賊と若布と赤玉葱の酢漬けのサラダも。

                 あと、海老と茸のピリ辛炒めも。夏は辛いものも欲しくなりますよね(*^^)v

 

この日は白熊だけが飲む日でした。剣先イカのお造り(生姜醤油で)と下足のタレ焼き・めばち鮪のお造り(青葱と海苔と山葵で)・カイワレ大根のおかかがけ・卯の花(人参・蒲鉾・挽肉・青葱・紅生姜)です。

奥は、胡瓜・ハム・トマトのサラダ。この日はラッキーなことに、生でイケるスルメ烏賊を見付けたので、久しぶりに烏賊のワタ焼きをしました。

烏賊の肝をバターで伸ばして、お味噌も足します。かけるのは大葉でも美味しいです。良い酒の肴ですルンルン

豚のスペアリブは素焼きにして、良いお塩と一味で食べました。フリルレタスも。

 

禁酒の日です。奥は、鰺と胡瓜と若布と赤玉葱の三杯酢和えです。ズッキーニは蒲焼にして山椒をふりました。ゴーヤと茄子の味噌炒めと、鯖の塩焼き、焼きトマトと水雲の酢の物です。

鶏の手羽先は茹でて、マヨ醤油一味で。ゴーヤはさっと湯掻いて、自家製ニンニク醤油に漬けたものです。この苦味が夏にピッタリ虹

 

昨日は夫とワインを飲もうと決めていました。シュワシュワを開けて乾杯爆  笑 

脂ののったサーモンのカルパッチョと、ズワイ蟹と赤玉葱とアボカドのデイップです。バターを塗ったバゲットに良く合います。チーズと林檎も良いコンビですブルー音符

お茄子とピーマンで簡単なラタトゥイユも。ピーマンは種ごとの方が美味しいですグリーンハーツタコのアヒージョとブロッコリーに、栄螺のエスカルゴ風も。これは、摺ったニンニクとパセリとバターを混ぜたものを殻に詰めて焼きます。エスカルゴのようで、赤にも合うようなおつまみですウインク

夫を喜ばせようと、「大人のお子様ランチ」も作ってみましたふんわりリボン

奥の左から、タラモサラダ(明太子の中身とレモンを混ぜたポテトサラダで、ギリシャやトルコで食べるそうです)・エビフライと自家製タルタルソース・ウインナとオリーブ・お野菜と、目玉焼き付きハンバーグ・ミニカレーライスです(白熊のご飯はマンナンライスともち麦入りです)

思った通り、楽しい晩ご飯になりました(*^-^*)赤ワインベル

昨日はパン粉がないので慌てましたアセアセ夫はすっかり海老フライを食べる気満々だったのです。でも有り難いことに、同じマンションのお友達にラインしたところ、快く譲ってもらえましたラブラブご近所さんって有り難いですキラキラ

 

 

 

 

こんにちはニコニコ

台風上陸で、今日はお出掛けを中止なさった方も多いかと思います。うちも前から、今日はご近所の洋食屋さんへ行こうと思っていたのですが、多分お盆休みのままお休みになさるだろうと思い、昨日のうちに沢山買い物しておきました。

夫が「五時から飲もう!」と楽しみにしているので、大人のお子様ランチ風ちゃつ(ちゃつとは、飛騨高山の領主がお祭りの日に振舞ったという、一人ずつの盛り合わせ料理の中皿です)と、完全な肴版ちゃつの二種類作ってあげようかと思います。頑張らなくちゃニコ星

 

先日初めて、AllaPace(アッラパーチェ 大阪市福島区福島3-8-9電話06-6453-1153)さんへ行きました。コースもありましたが、とりあえずアラカルトにしました。

前菜セットにしようかと思ったけれど、炭水化物系が多そうなので、よくよくメニューを見て・・

グリークサラダを注文しました。本当にあっさりとしたサラダです。フェタチーズはクリーミーですが淡白な味わいです。イタリアのスパークリングワインを一本開けましたシャンパン

                                  飲み比べを二周することに決定ブルー音符

ギリシャ料理とパスタもありました。

ムール貝のウゾ蒸しは、貝の塩気がかなりでていました。

この日一番美味しかったのはムサカです。お茄子がトロッとしていて、ミートソースと素朴なじゃが芋が入っていて、ワインが進む味でした星

右側の赤ワインは、コチファリという品種の方が、マイルドでちょっと癖があって私たちの好みでした赤ワイン

しかしこの日は、思いがけなく忙しくなられたのか、だんだんお料理が出るのが遅くなってきました。何かつまむものが欲しくて胡麻のパンを一つ。

御家族連れの赤ちゃんが、間欠泉のようにキイキイ声を上げるのとお皿の扱いが気になったのか、忙しいのに手が回らない事も重なって、どうも苛々してきたらしいシェフが「危ないからね」と、自分で引いてきたお皿をたたきつけるようにガシャンと置いたのを見て、「こりゃいけないショック」と思いました。

ラム肉の生ソーセージは、ミントなどが入っているからでしょう、グイグイと来る感じではなく、白ワインにも合いそうなタイプでした。

パイダキアという骨付き仔羊も頼んでいましたが、既に店内に、お料理を待たされてげんなりしてる感じが漂っていたので、ソーセージの出た後から腕時計を見ていました。20分経過したくらいで、こちらの海老とフェタチーズのトマトソース煮が来ました。仔羊にはまだ取り掛かっていことを確認してからキャンセルさせていただきました。

                 こちらのガリデスサガナキは、家でも真似できそうなので作ってみようと思います。

ここは結構古くからあるお店のようだし、良い評判も聞いていたのですが、この日はどうも店名通りに和やかな雰囲気ではなかったので残念でした。御夫婦お二人で一所懸命やっていらっしゃったのですが、アラカルトが間に合わないのでもどかしそうでした。

赤ちゃんは泣くものです。気になるなら年齢制限を伝えた方が良いのじゃないかな。 御家族連れのお隣の席になった若いカップルは、デートだったでしょうに、お気の毒に思いました。

お料理やお酒の説明も丁寧だったので、もっとゆっくりししている時に来れたなら良かったのに、と思いました。

 

 

 

 

こんにちはニコニコ

毎年、淀川花火を家で見物しています。

お酒を飲みながらなので、あまりうまいこと撮れません(;^_^A

以前は子熊がベランダに出て撮ってくれていたのでよかったのですが・・

花火は「ドン!」と響く音や

周りの方々の「たまや~!」という掛け声にも、気持ちが盛り上がります(*'▽')

今年もあっという間でした。来年も雨が降りませんように星打ち上げ花火星

 

この日は家で花火見物をする為に、五時から酒肆(大阪市北区曾根崎2丁目5-37 電話06-6364-35)さんへ行きました。まずはタコシャンパンで乾杯ヽ(^o^)丿

突き出しは、柔らかな枝豆豆腐と素麺瓜。菊の花が秋を連想させる、涼しげなジュレ掛けです。

岩牡蠣と生うにジュレがけ 大粒でミルキー爆笑キラキラ

鰹のタタキをお願いしたら、タマメ鯛をサービスしてくださいましたΣ(´∀`;)ハッ

昔むかし、中央市場にあった、みなみ食堂さんで食べて以来かもしれません。「珍しいものをありがとうございます!」

白身とは思えないブリンとした噛み応えお願い素晴らしく脂がのっています笑い泣き 力強い旨味は、鯛にも九絵にも勝るとも劣りません。

門さんへ行ったら、鰹は絶対に食べないと勿体ないです。超レアに炙られた鰹、今回のも立派なサイズ!自家製の熟したニンニク醤油がたまらなく食欲をそそります爆  笑

たいらぎ貝はしっぽりと海苔巻きで。帆立にはない、ミシッと良い食感ですラブラブ

白熊は焼酎ですが、時々夫の日本酒もいただきます。夫は行くたびに、こちらのレアな日本酒を色々楽しませていただいております。

島らっきょうもちょっと辛くて良い肴ですよね(*^^)v

赤甘鯛の鱗揚げ焼き 

夏が旬と言われている赤甘鯛、これだけ厚味があれば美味しいに決まっています(∩´∀`)∩半分だけ鱗が付いているのがニクイ!まずは鱗のない部分から。うん、しっとり上品ですキラキラおろしは、鬼おろしでで燻りガッコが刻んで混ぜてあるのですΣ(´∀`;)ハッ否が応でもお酒が進むというものですビックリマーク

鱗のある部分をシャクリと噛めば、他の白身にはない癖と甘みが引き立ちますラブああ、久々に美味しいグジをいただけて幸せでした

やっぱり、ここは日本酒に手がでてしまいました(^^;)

香り良い阿波尾鶏も力が漲っていますキラキラ付け合わせのお野菜にも「お!」と思った工夫があったのですが、今思い出せなくて凄く残念です。

宮崎牛ロース炙り  鶏と牛と、どちらにしようかと迷っていたら大将が両方少しずつ焼いて下さいました爆笑

        蕩けるような柔らかさキラキラマッシュポテトが肉汁を吸い込んでいます爆  笑ラブラブ こちらのお皿もとても美しかったです。

鱧とジュンサイのお椀です。 お鍋の鱧と違い、霰揚げにしてありました(*'▽') 冬瓜も入っています。見た目通り透明感のあるすっきりとしたお味のお椀でした宝石紫

名物ねぎあな 重箱でご飯と共にいただきました。糖質オフも吹っ飛びました(^▽^;)ビックリマーク

ホッコリ揚がった穴子の天麩羅に甘辛ダレ、その上に葱大盛り星思わず「ヨヨヨ(;´Д`)」と崩れそうになるほど美味しいのですキラキラ奈良漬け付きが尚嬉しい(*^^)v

今回も大満足でした爆  笑ルンルン日本全国どころか外国へもしょっちゅう行かれている村上さん御夫妻です。毎回次回は何を食べさせてもらえるか楽しみです。

 

 

 

 

おはようございますニコニコ

お盆の時期、テレビで戦争のお話が放映されることが多いですよね。見ていると胸が苦しくなるように思うこともあり、正直見るのをやめてしまうこともあります。もしかしたら、実際に戦争を体験なさった方でもそんなことがあるかもしれません。若い方もそうかもしれません。

でももし、子供たちになにか大切なことを伝えたい、という気持ちになられたとしたら、是非こちらの本をお勧めしたいです。ご飯の話は、心が素直に受け止められるように思います。

当時の、毎日新聞夕刊編集部編集委員の鈴木琢磨さんの後書きです。タイトルは「心に滋養を」

この本は、「肉づきよろしく立派なプロポーションになったものの、心がボロボロになった。その心をつくりあげたのは食い物に違いない。飽食の時代といわれながら、貧しいのではないか?朝、昼、晩のメシ。誰もがうっすら気づいている。栄養満点でも「しあわせ」が足りない、と(中略)

この国のモンダイの根本は食にあり。(中略)各界の著名人に食にまつわる思い出あれこれをうかがいつつ(中略)置き忘れてきてしまったもいのはないか。大切な大切ななにかを。

この本のなかでも、白熊は元横綱大鵬の納谷幸喜さんの「卵焼き」が好きです。

「卵焼きどころか、昔は卵そのものが貴重だったんだよ。(中略)

部屋を持った時は、若い衆一人に卵一個つけてやれなかったなあ。おかずに。まだ部屋をつくって間もないころで、借金してたからね、ハハハ。いまは豊かな時代になって、食べ物があふれ、なんでもかんでもすぐ捨てるだろ。賞味期限がちょっと切れたくらいで。若い衆に怒るよ。バカヤロー、オレが食うから持ってこい!これからおいしくなるんだって。見本を示してやらんと。どういう時代になったんだろうね。首かしげるよ。資源も食糧も自給できない国なのに。(中略)

ハンバーグやなんかいろんな料理が出てきたけれど、お母さんのつくった卵焼きはいまも子供たちは好きでしょ。横綱だよ、料理のね。(中略)

いま、私の一番のお気に入りの卵焼きは、一人用のちっちゃな土鍋に卵を割って入れ、半熟になったところで、ぱらぱらと昆布茶をふりかける。たったそれだけなんだけど、なかなかいける。(中略)生きのいい新鮮な卵が手に入ったら卵かけご飯だね。」

木の実ナナさんは納豆は贅沢品と言われて育って、今でも大好きだそうですし、伊東四朗さんはシラスおろしが大好きで、朝ご飯に焼き魚が出ると、ぜいたく過ぎると感じるそうです。

古い本なので、なかなかないかもしれませんが、手元に置いておきたい、若い方にも読んでいただきたい本です。

 

今日はうちの朝ご飯シリーズです。

四月くらいからの画像なので、果物が時期外れです^^;💦 この日はサンドイッチです。ハムチーズ・前夜のタルタルソースに胡瓜をはさんで簡単に。茸のマリネとストレートティ―と苺でした。

ある日は前夜のちらし寿司(鮭・絹さや・錦糸卵・海苔と、柚子酢で)と、松茸風味のお吸物にとろろ昆布を入れたもの。ポテサラとゴールドキウイでした。

この日はじゃがバター。明太子ものせると口が変わって美味しいですニコニココンソメスープと白桃の缶詰も。

ある日は担々麺ルンルン辛目の自家製肉餡・モヤシ・卵・青梗菜をのせました。苺も。

この日は、前夜行った、西区の酒中花 空心さんにお願いした麻婆豆腐で丼にしました。自家製の水キムチと林檎も。

ある日は、卵かけご飯。韓国料理の峠さんが送って下さった、とろとろの滋養たっぷりの若布スープと韓国海苔も。前夜の穴子の山椒煮も添えました。西瓜と。

この日はメンチカツが主役。サラダも。コンガリ焼いたミニトーストと、ストレートティー、ゴールドキウイも。

ある日は夫が炒飯が食べたいと言いました。紅ショウガをかけて少量で出して、前夜の肉じゃがも一緒に。お揚げさんと若布のお味噌汁と、キウイフルーツも。

夫は最近は大体こんな感じが一番多いです。スープ(この日は牛乳ポタージュ)、フルーツ(この日はマンゴー)、水キムチのスープ、ヨーグルト(クコの実とアマニオイル入り)の四点セットです。

ある日は冷凍していた豆ごはんと、ハムエッグとサラダ、お豆腐と若布のお味噌汁です。日曜日の朝だけはゆっくりするので、目が覚めた時に、ベッドまでお目覚のフルーツと水キムチスープだけ先に持っていってあげるので、こんな日の朝ご飯には果物はつけません。

この日は鮭茶漬けです。夫は塩分を控えないといけないので、梅干しなどはほんのちょっぴりで、素は使いません。鮭の脂がお茶で潤びておいしいですよねウインクキウイフルーツも。

ある日は洋風で、トースト・グリーンアスパラガスの自家製タルタルソースがけとプチトマト・ストレートティー・桃でした。

こちらは和の朝定食。焼き鯖の酢漬けと胡瓜・お茄子と白葱のお味噌汁・海苔・プチトマト・納豆・とろろ昆布ご飯でした。

夫のパワーフードは山芋なので、疲れていそうな日には、お出汁とお味噌で伸ばして卵の黄身を落とします。もうハウスの柿が出てきましたね。柿は酔い覚めに効きます。

この日は、前夜沢山飲んだので、玉子と韮の雑炊を提案しました。韮は胃の薬です。海苔と白菜のお漬物なども添えて。

この日も和定食風です。大根とお揚げさんと若布のお味噌汁とご飯。小鯵の南蛮漬けと納豆、シャインマスカットも。

人によって愛情表現は様々だと思いますが、白熊は家族へは料理でが一番現わしやすいです。かけれる手間はかけて、出来るだけ美味しいもの、滋養に良いものをこさえてやりたいと思っています。

 

 

 

 

 

おはようございますニコニコ

先日夫と、あやむ屋(大阪市福島区福島5丁目17-39 電話06-6455-7270)さんへ行きました。

とても人気のあるお店なので予約必須ですが、金曜日だけは予約も電話もとられないので、席があれば座ることができます。

「カジュアルなシュワシュワをお願いします!」と大将に頼んだら、「良いのあるんですよ」と、ギリシャの、リーズナブルで美味しいものを出して下さいました(*'▽')シャンパンふんわり風船ハート

そして、「コースやめたんですよ。」とおっしゃったので、「そういえば、あまから手帖にお話が載っていましたね」と言いました。たしか、ごく普通の焼き鳥屋さんのように、ぶらっと食べに来てほしい、コースもなくそうと思っている、というようなことが書いてあったのです。

「いつもコース召し上がってましたね。」と、すまなさそうにおっしゃるので「いえいえ、かえってお互いに好きな串に集中出来るので良いです。」とこたえました。

お造りも、おやめになりました。 美味しいお豆腐と突き出しキャベツはそのままです(*^^)v

ここが大事なポイントですが、こちらの八串を注文した人だけが、串の追加を一本ずつからを受けて下さるのです。(単品注文のみの方は、二串ずつからです)

もちろん八串を頼みました。

                   清らかでしょうキラキラ毎回見惚れてしまいます。上品な白醤油がとても合う串です宝石紫

一品から、グリーンサラダも注文しました。

ねぎまです。アップなのでよく分かると思いますが、根元にいくにつれて、お肉のポーションを小さくしてあります。

そして、なんといっても塩!お塩でお肉の旨味を引き出してはることが、これだけよく分かるお店は他にないような気がします。

軟骨、脂がモチュモチュッと詰まっています照れルンルン

三角も歯ごたえよく、シュワシュワによく合います音譜ちょっとだけ付いてるお肉もいいんですよねニコニコ

ズリもパンパンに膨らんでいます爆  笑

ハツは大きくて、とても豊か爆笑ピンクハートここは赤ワインの出番です赤ワイン

赤のB,大将のチョイスですから、十分美味しいです。ここの焼き鳥には、ワインがとてもよく合います。

つくねは、潤とした旨味が閉じ込めてあって、これを食べると、尚食欲が増すというもの爆  笑

上等の肝は、口に入れると蕩けるように甘いですラブ

よかった、一品も健在です。

お揚げさんも、炭火で焼かれて鄙びたお味ハート

手羽は、最初に注文しないといけません。 お醤油味がみっちり染みていて、噛めば肉汁が溢れてきます。大好きお願い

サツマイモフライは夫が注文しました。次回はじゃがバターが食べてみたいそうです。

単品メニューです。

良かった~!つなぎ、ありました!プルンとした血管が付いていて、食感も楽しいです。甘辛いタレがからんでいて美味しいことったらキラキラ

最近、高級食材をこれ見よがしに売り物にする、儲け主義のお店が増えています。

それと真反対の、原点回帰!焼き鳥道追及!という大将の姿勢が清々しいですアップあやむ屋さん、万歳爆  笑キラキラ

 

 

 

 

 

こんにちはニコニコ

先日夫と、御料理 堀川(大阪市北区天満4丁目8-17 電話06-7173-9388 )さんへ行きました。まずはいつものように、スパークリングワインから今月のコルクはこんな顔ブルー音符

涼しげな硝子の器宝石ブルー 翡翠茄子と小芋の煮物です。干し海老と干し貝柱のお出汁の餡がかかっています。お出汁の味がじゅんじゅんとお野菜に染みています照れ 途中、海胆で口を変えながら楽しみました。

輪島塗のお椀の蓋は、夏を現わす渦巻き模様と波飛沫(*'▽')波 

甘鯛そうめんです。御先祖様と同じ物を食べるという意味でお素麺。お塩がぴたりと効いた甘鯛が良いお味ですキラキラ 

かもじを現わす裏白椎茸には摺り身が塗ってあります。 芽ネギと茗荷と紫蘇が爽やか。ちょっと素麺の量が多すぎるかと思ったのですが、おつゆが美味しいものだから、ついつい全部啜ってしまいました。

今度は夏祭りの太鼓の器花火堀川さんの器も大好きです爆笑

お造りは、アコウ・天然インド鮪・剣先イカ・北海道の金目鯛を炙ったものです。

アコウは美しい白身に、満々と上品な脂を湛えていましたラブラブ 鮪も、握り鮨で食べたくなるような脂のりですラブ

は、インターナショナルワインチャレンジのコンテストで、5千種中の一位になった純米吟醸キラキラ右も同じく宮城で、食中に合う純米吟醸です

林さんが、優しく「半分ずつの量で入れて、味見なさいますか?」とたずねて下さいました。お酒もかなり仕入れていらっしゃいます。それもサービス価格です。

飯蒸しもなんと綺麗な器でしょうか(*´▽`*)キラキラ  熊本の新銀杏、ムンムンと元気いっぱい!干しこがおこわに滋味を加えていて、お酒が進みます。

夫は、七本槍の熱燗や、裏司牡丹なども飲みました。白熊は、ふしぎ屋という焼酎など。酒器が華やかだと心も弾みますベル

床しい団扇の器です。 鮎は、頭も骨も全てとって、食べやすい塩焼きにして下さいました。頭・骨・尾は乾かして煎餅に。酒呑みにはたまりません爆笑日本酒 鮎の肝ポン酢が添えられていて、妙味を添えてくれました。

 全く、堀川さんはサービス満点!マナガツオの柚庵焼きまであります。これまた味が変わって、色々と多種類つまみたい白熊夫婦には嬉しいですルンルン

八寸は、夏休みの図画工作を思い出して・・

古い硝子の器に、板やバランを切って、紅葉を飾って、若い人たちが造られたそうです。屋形船のイメージだそう。楽しいわ~(´▽`*)ルンルン

鮑は遠山という調理法だそうです。鮑の肝と摺り身を合わせて山のように見立ててあります。

鱧子と鱧の縮緬のゼリー寄せはお出汁じゅんわり良いお味ハート枝豆、活けの才巻海老をさっとたいたものと、辛子蓮根星玉子沢山使って、きな粉を塗して揚げたそうです。懐かしい味ですキラキラ 黄色く夏色の薩摩芋、無花果の生ハム巻きも。

玉子は、今回は夏のにわか雨を現わす、村雨玉子にしてありました。目にも舌にも嬉しい八寸でしたお願い

湯葉餡のかかった、鱧と松茸に、三つ葉が添えられています。小ぶりながら軸のしっかりした良い松茸キラキラはしりのものを頂いて、贅沢な気持ちになれました。今は梅肉も添えていらっしゃるそうです。 秋になったら、鱧と松茸のお椀も楽しみですピンクハート

この日一番意表を突かれたのがご飯でしたびっくりビックリマークなんとベーコン・コーン・ドライトマト・ズッキーニ・パプリカと、とても洋風だったのです。

なるほど!ベーコンとドライトマトからしっかり旨味が出ているのですね爆笑ズッキーニなどの他のお野菜の水気でじゅちゃっとならないところが流石です。夏ご飯とでも呼びたいような、ホカホカのご飯で元気が出ましたアップ

赤出汁は水雲とお豆腐とえのき茸に三つ葉。洋風ご飯に赤出汁も合うものですね、と又ニッコリですニコニコ

最後は、マンゴーゼリーとシャインマスカット、酸味のある夏苺、それからメロンと桃のコンポートです。今度は紅の硝子でのフルーツ尽くしキラキラ

お姫様になった気分ですお願い 夫にも心から感謝。

堀川さんは、長い間花外楼の料理長をなさっていらっしゃったのですが、ちっとも偉ぶらない気さくな方です。

融通無碍な堀川さんのお料理の世界、きっとこれからもより豊かに広げて行かれるのだと思います。来月も予約しました。

 

 

 

おはようございますニコニコ

先日、夫と枕を見に行きました。個人にフイットする枕を、計測して作ってくれるそうなので、早速お願いしました。それぞれ合うタイプが分かり、 「一生メンテナンス無料です」とか「洗うことができます」とか、セールスポイントを聞かせたいただいたところで、さてお値段ニコ

「お二人とも、心地よさそうな枕がこのタイプでしたので、真ん中の金額は飛ばさせていただいちゃいました~(^^)!お一人様5万7千円です。」とのことびっくりビックリマーク

え~!下手したらバーゲンでベッドが買えそうなお値段じゃないですか!~もっと違うところもあたってみることにしました(^^;) けど、一番安くても2万7千円の枕ですが、若い男性がサラッと買ってお帰りになっていました。「あるとこにはあるんだなあ(^-^;」と感心しました。

 

食Revo グランフロント大阪店 大阪市北区大深町4-20 電話06-6359-3729)さん、夫も白熊も好きなお店で、ちょくちょく行くものだから、三回分を一度にアップします。

洋食屋さんだけど、魚介類、そこらのお寿司屋さんに負けないくらい鮮度が良いです宝石ブルー

この日は4月でした。蛍烏賊も大きくてプルンと張っていましたブルー音符

野菜サラダも、ボイルしたお野菜もいっぱい入っていて、元気が出ますグリーンハーツ

広島県山下の大きな牡蠣は、フライでお願いしました。カリッと揚がっていてすこぶるジューシー(^u^)波

タルタルソースは、超微塵切の具で上品です。

日本酒の品揃えもなかなかのものですが、私たちはいつもワインです赤ワイン

ローストビーフ、ハーフもあります。しっとりと桃色のお肉は、薄くスライスしてあるおかげで、口の中で旨味がふわっと広がります爆笑キラキラ

黒毛和牛筋入りポテトコロッケ これも絶対にお勧めですビックリマーク本来素朴なポテコロに、甘い牛肉が入っていて嬉しくなります爆  笑しかも、手間がかかってるのに二つで¥400(*^^)v星

この日もハンバーグを食べましたが、画像が重なるの割愛しております。

 

ここからは6月9日の分です。こちらは通常メニューです。

ワイン、お手頃価格です。この日もシュワシュワから・・

この日も色々ありました。

二次会でしたが、若い男性がお一人おられたおかげで、結構色々食べられました。この日も、シーフードサラダからスタートしました。

ここのハンバーグ、肉汁たっぷりで大好きです(´▽`*)ラブラブ

黒毛和牛チーズミートパスタ。白熊は味見していませんが、皆さん美味しそうに召し上がっていましたニコニコ

〆に一口カレー(∩´∀`)∩こういうメニュー良いですよねハート深い味わいの欧風カレーでした。¥420音譜

 

ここからは7月半ばの時の分です。 天然甘鯛の板わさをもらいました。ん~、しっかり食感で良いお味ブルー音符

ほぼ毎回注文するシーフードサラダは、ピチピチと新鮮な鮪やサーモン、肉厚ふっくらの蟹爪、海胆などがいっぱい入っていて、これだけでシュワシュワがどんどん進みますシャンパン

この日もシュワシュワ一本、赤ワイン一本飲みましたルンルン

大好きな海老フライですラブ このボリュームで頭付きピンクハート家で出来ない海老フライですもの!あまりに何回も食べているせいか、給仕の女の子に「めっちゃ海老お好きですよねウインク」と言われました。

セットのスープも美味しいです星

メイン、白熊はステーキにしました。この日のお勧め赤身のカメノコという、外腿部分です。上手な焼き加減で、ゆる~く脂がまわったお肉が甘味を感じさせますラブキラキラ

夫はビーフシチューにしました。鞍下肉を使っているそうです。流石とろとろに煮込まれていて、デミグラスソースも煉れた味ベル熟成感がありますお願い

ブロガー的には、たまには違うお店にも・・と思うけれど、正統派の洋食も食べられて、尚且つ新鮮なシーフードもあって、となるとやっぱりレボさんが頭に浮かびますふんわり風船ハート

 

 

 

 

おはようございますニコニコ

今朝はちょっと二日酔いの気が・・そういえば、夕べハイチオールCを飲み忘れていたような・・効能のところに、二日酔いにも効くと書いてありますが、ハイチオールCは、肝臓も強くしてくれるように思います。

酔っぱらうのは一緒なのですが、昔はしょっちゅうなっていた二日酔いがないのです。~大量に飲んだ翌日でも、いつも通り朝6時半からちゃっちゃと動けるくらい復活できるのは、ハイCちゃんのおかげだと思います(*^^)v

 

今日は我が町自慢で、福島区の話題を二つアップしますニコ

ピラティスの先生をお誘いして、カルカッタキッチンALISA(アリサ 大阪市福島区福島5丁目7-14 電話06-6343-2121)さんへ行きました。阪神ホテルの中を裏へ向かって歩くと、なぜか木の茂みに錆びたちっちゃな階段があります。それを降りた目の前がアリサさん。

こじんまりとした可愛いお店で、働いてはるのはインド人のお兄さんたち(この日は日本人の男性も居ました)ですが、ピンクやワインレッドを使ったインテリアが可愛いですふんわりリボン こちらはランチメニューです。

重湯のように胃に優しい感じの、とろっとしたスープが最初に出ます。今飲みたいです(;^_^A

先生はインドビール生ビール、白熊はラムソーダ。これがインド料理にバッチリなんですウインクお試しを!

白熊はいつも、アリサスペシャル。フライドシュリンプは衣がふんわりしています。シシバカブも良いお味爆笑タンドリーチキンはマイルドなカレー風味で、骨付きなのが嬉しい星お酒が進みます~

先生のAセットは、チキンティッカとシシバカブです。レモンも合います星

ランチは、四種類のカレーから選びます。この日は、豆・ほうれん草とチキン・ビーフ・海老だったかな・・

白熊は、ナンは初めから、子熊へのお土産に包んでいただきました。カレーは激辛でお願いしました(^^♪

ここのカレーはオイルを感じさせない上品なもの。スパイスが融合されていて、マイルドな口当たりですキラキラ

 パパドウという、お豆さんのお煎餅は塩気があって良いアテです音譜サラダも、ドレッシングが玉葱や人参たっぷりの手作りで、身体思いです。サフランライスも付いてきます。

アリサさんは、ランチの持ち帰りも応じてくれます。はやってるお店は、クーポン出さないところが多いですが、ここはお得なクーポンまであって、たまに餡子のナンまでサービスしてくれたりする、ホットで嬉しいお店ですベル

 

ある日、グランフロントのザビュッフェアンドマルシェ で、たっぷり食べた帰りのこと・・・「ちょっと寄ろうか!なんかお肉いっぱい食べたら、お魚食べたくなってきた!」ということで、あみだ池筋の阪急オアシスに行きました。この辺り、ふくろうじとか出来て、ちょっと面白いエリアになってきました。

阪急オアシスのイートイン、19時くらいになると、サラリーマンでいっぱいだとか・・まだ17時くらいだったので、空いてはいましたが、既にえらく酔っぱらってる方々がいらっしゃいました(^^;) とりあえずクラフトビールで乾杯しました生ビールチーズもまあまあな品揃えです。

お魚売り場から、タコとか・・

握り寿司を取ってきました。お寿司は一貫ずつでも買えます。

赤ワインとピリ辛砂ズリも買いました。

ここはやっぱり、焼肉コーナーがメインみたいです。お寿司は・・・^^;  

焼肉コーナーは、立ち席を入れてもほんの数人しか使えないのと、予約が出来ないのが不便ですが。熟成肉押しですが、結構なお値段でした。よく見ると、仔羊やホルモンも売っているので、そっちの方がお得かもしれません。あと、一階のお惣菜のコーナーが広く、お酒の肴になりそうなものが色々あるようです。

 

 

 

おはようございますニコニコ

昨日晩酌で、頂き物の日本酒を飲んだのですが、冷やしておいたのを夫と一緒に一口飲んでみて、二人顔を見合わせて「うびっくり!?

なんとまあひどく不味いのです。大手酒造メーカーのですが、一応純米大吟醸なのにです。

良いお水と良いお米を使って、何故こんなに不味いお酒を造ってしまうんだろう?と、悲しい気持ちになりました。真摯に酒造りに取り組んでおられる小さな蔵元さんもあるのに・・・歩合50%にしていて、なんでこんな・・と、とても勿体なく思いました。

 

今日は金曜日、うちの晩ご飯シリーズです。

この日は家にあったものだけで作りました。禁酒日です。 ズッキーニのナムルとスモークサーモン(ピーマン・新玉葱)です。

おぼろ豆腐(焼いたお揚げさんと韮)と、アカモクと、鱧皮と胡瓜の三杯酢です。

メインは鰺フライ。自家製タルタルソースとアーリーオニオンの酢漬けと山盛りキャベツを添えましたニコニコ

 

この日も禁酒日。奥は、タコとオクラとキムチの和え物です。ひじき(大豆・人参・お揚げさん・鶏モモ肉)と、しらすおろしも。

メインはビビンバ星小倉の韓国料理「峠」の李さんが、冷麺用の器も送って下さったので、早速使わせていただきました。

李さんの手作りの調味料も使って、肉だねを作りました。ほうれん草・豆もやしのナムルと、紅白のなます、目玉焼きをのせました。スッカラまで下さったので、それで豪快に混ぜて食べました。ビビンバって身体にも良い、混合の美味ですね)^o^(

 

さあワインの日ですヽ(^o^)丿シャンパン真夏にはセビーチェがピッタリピンクハート最近は、これにはニンニクは使わないのが自分の好みと分かりました。

ライムとレモンの果汁、塩、上等のオリーブオイルだけで十分美味しいです。よく冷やしておいて、おつゆごと食べますシャンパン

ハーブ・辛口など、三種類のソーセージも。セロリとレタスのサラダと。

奥はカプレーゼ。手前は、焼き茄子にオリーブオイルとパルメザンチーズをかけたものです。

メインは、夫のリクエストでビーフシチューです。セロリの葉や玉葱、ニンニク、舞茸、トマトなどはカッターで細かくしてたっぷり入れています。人参・マッシュルーム・ブロッコリーも。牛肉たっぷり、生クリームもかけています。お肉は1キロつかって作り、もう一回分冷凍しておきました。

 

昨日は夫のリクエストで、お弁当ごっこをしました。今回はモダンなタイプのお弁当箱で作りましたニコニコ

お造りは別盛りにしました。鮪・カンパチ・鯛・鱧です。

動く殻付き海胆も見付けてきましたラブ北海道の海胆、フレッシュで甘かったですラブラブ

左上から、白菜のナムル・焼肉・プチトマトです。その次は煮穴子・海苔入り玉子焼き・オクラ。右は、鯖の焼き酢漬け・焼き厚揚げ・干し鰯です。

あと、梅ふりかけのおむすびと、葱味噌風味の海苔で包んだおむすびです。となりはズワイ蟹とアスパラガスのマヨサラダです。右側は、大葉鶏つくね・ポテサラ・ウインナです。

お弁当は、味が違うものを細々と、彩り良くと心掛けています。

夫が「これもちゃつと同じで、一人ひとりに用意されてるのがいいな、弾むわアップ」と言って喜んでくれたので、手間をかけた甲斐がありました。

世の中の旦那さんたち、奥さんをいっぱい褒めてあげて下さいねニコニコ家で美味しいものを食べる秘訣です(*^^)v