優しいぱんつ屋さん by tiny* workshop

優しいぱんつ屋さん by tiny* workshop

優しいぱんつさんは、環境にも身体ににも優しいオーガニックコットンやシルク等を中心に、鼠蹊部を締め付けない“ふんどしタイプ”のショーツを企画、製作、販売しています。

 

 

 

 

身体にも環境にも優しいオーガニックコットン等の天然素材を
使用した、身体を締め付けないらくらく下着。
デザイナー兼、工場長兼、営業部長の1人三役!
優しいぱんつ屋さんへようこそ!

 

こんばんは、優しいぱんつ屋さんのFUJIです。

 

今日は寒いですね。

月曜くらいから風邪の症状で寝込んでいます。

寝込むというのは大げさですが💦

いつもは一冬に引く風邪は1回です。

先月引いて熱出したばかりなので、この冬と言うか今年2回目の風邪です。

高熱があるわけではないのですが、節々痛く倦怠感があります。

この御時世で、しかも持病ある身なので外出はせず、家で安静にしています。

 

ところで、タイトルに書いた様に『SNSに疲れた』ってよく聞きますよね!?

 

写真ACよりお借りしました

 

私は体調が悪く、活動休止していたからFacebookもブログもインスタもしばらくお休みしていました。

特にFacebookへの投稿は、自分にとって楽しいお知らせや報告を中心にしていたので、活動休止だし、ランチも行ってなかったので書くこともなかったのです。

 

しか〜し、自分は投稿しなくても、一日一回はのぞいてはいます。

 

Facebookにログインすると、毎日きちんと投稿する方がいて、のぞくたびにまずその方の記事が必ず目に入ってきます。

アイコンの写真が私に微笑んでいるみたい。

とても内容の濃い素晴らしい記事なので、最初はちゃんと読み、コメントも時々していたのが、長文だしそのうち『いいね!』だけで済ます様になりました。

今では読むのは最初の2、3行、その先は興味があれば読みますが後はスルー。

それでも『いいね!』はしていたのですが、読んでもいないし、共感できたと思わないものにいいね!をするのは違うかと思う様になりました。

何だかそれがすごくストレスで仕方なくて💦

今活動休止中の私にとって、本当に共感できて『いいね!』と思う記事ってほとんど無いのですすよ。

これが、私も楽しい投稿ができているのなら、また感じ方が違うんでしょうね!?

まぁ、ひがみなのかな?

だから、その方に全く罪はありません、あしからず。

 

あと、Facebookはmixiとは違って、リアルの知り合いが基本なのでしょうが、時々突然見知らぬ方からの友達申請があったりします。

私の友達はSNS上でのやり取りはあっても、会ったことのない方が1/2くらいはいます。

その1/2のまた1/2、つまり1/4位は会ったことがあるのはたった1回、何かのイベントや仕事の時に1回だけあって繋がりました。

会ったことのない方や、1回しか会ったことのない方とも繋がることができ、そこから新しいつながりが生まれる。

SNSの素晴らしいところですよね。

 

でも、でもですよ〜、なにこの人〜😱って思ってしまう人も中にいるんですよ。

だってあった事もない人や、たった1回しか会った事の無い人ですよ。

繋がったからって、必ずしも意気投合するとは限らないのです。

リアルの友達だって本当に気を許して本音を話せる人は一握りですよ…私は。

逆に最初はあった事もなかったり、たった1回あっただけでも、SNS上でのやり取りで意気投合して、その後深いお付き合いが出来たりもした方もいます。

それもまた、SNSの面白いところでもありますね。

 

話変わって、SNSで最近、不愉快な出来事がありました💢

相手の方は私以上にぶち切れていた様です😅

 

あ〜長くなってしまいましたね、一応風邪引いてますので続きは後日また書きますね。

 

では!では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜を中心に出張ワークショップもお受けいたします
 
 

 

 
優しいぱんつ屋さん by tiny*workshop ホームページ よろしければご覧下さい。
 
ハマの手仕事人FUJIのサイト TINY*WORKSHOP
もよろしくお願いします。
 
Instagram です。
フォローよろしくお願いします。
インスタグラムでは、お気に入りの商品がありましたら、写真をタップして下さい。
 
 
そこからBASE の優しいぱんつ屋さんのショップの商品ページに移動いたします。
 
また、商品は 優しいぱんつ屋さんホームページ からもご購入いただけます。
ご要望屋リクエストなどもこちらかでも大丈夫です。
ぜひともご利用下さい。
よろしくお願いいたします。