Throttole FIELD REPORT

Throttole FIELD REPORT

ライトゲームのアイテムを展開するソルトウォータールアーブランド【Throttleスロットル】の公式ブログになります。
主にモニターやスタッフのフィールドレポートをアップするブログになります。

NEW !
テーマ:

モニターぽけっと様よりレポートが届きました。

 

 

釣行日11月10日
場所 博多湾奥 アーバンサイド

こんにちは!

アジスケモニターのぽけっとです(°∀°)ノシ

このところの博多湾奥、少々海中の季節の変わり目のようで、軽量ジグヘッドでドリフトを意識したアプローチが必要となって来ましたねぇ〜。

先月末までは、1.5gのジグヘッドに3インチワームの方がガッツリ豆アジも釣れるような状態でしたが・・・・

 

 

このところは、手早くアジを取ろうと思うと0.6g〜0.8gの軽量ジグヘッド&一口サイズワームがベターな選択(°∀°)ノ

そんな時はやっぱり1.8インチアジスケの出番!!

空気抵抗も3インチ等の大きなワームに比べて小さいので、軽量ジグヘッドとの組み合わせてでも飛距離が良くでますわ。

そして、小さな番手のジグヘッドであっても、ボディ寸が控えめなアジスケ1.8インチなら、フックポイントもテール付近に出てくれるので、しっかりワームも曲がって良いところに掛かってくれます♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

少し浅めにフックを縫ってあげて、フックポイントが大目にボディから出るようにすると、掛がなお良くなりますわ!

ソフトなだけのワームだと、浅く縫ってフックを抜くと、アジのバイトですぐにボディが避けてしまうのだけど、アジスケならその心配がほぼ無し♪

どこサイズのアジスケも既存デザインが同じなので、アレコレ迷わず、サイズだけでさっとチョイス出来るのは初心者にもありがたいですね(°∀°)ノ

そして、テールは柔らかで、しっかり潮を噛んでくれるボリュームを有しているので、操作感も得やすく、なにより潮に乗ってくれますので、テンションフォールしているだけでも、それなり以上にドリフトアプローチが出来るところも有難いですよねぇ〜。

アジンガーサイドは、基本軽いジグヘッドをクロスキャストし、ただテンション張ってるだけでドリフトアプローチが出来ちゃう。

ドリフトに幅をもたせたければ、アジスケ2.1インチの出番♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

1.8インチ、2.1インチ、潮の強弱、アジの口の開け方で使い分けると良いですね!

口が開いてるかどうか分からなくても大丈夫(°∀°)ノ

何回か当たるけど掛からなければ、1.8とら2.1をローテーションしてみれば良いですもんねぇ〜!

よく掛かる方を使えば良いですわ!

こんな渋いシーンでもたまに3インチで驚くほど反応ある事もあったりしますけど♪

カラーもとりあえず、膨張色とそうでないものの2パターンあればとりあえず事足りますね(°∀°)ノ

そして、1.8インチ、2.1インチ、タックルバックに余裕があれば2.5インチまで持っていけば、とりあえず博多湾奥攻略は大丈夫ですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

僕のお気に入りは、白のボディに透明尻尾のアジスケですわ!

どの色も良く釣れるから、毎回その日の気分でワーム選んでますけどねぇ〜w

 

 

ちょっと繊細なソリッド穂先のロッドにエステル0.2〜0.25、ジグヘッドは0.6g前後にアジスケ1.8一袋だけでも十分アジング 楽しめますね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

湾奥豆アジングも終盤戦!!

また明日も湾奥でアジスケと遊んで来ますわ!

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス