看取り看護師めぐ〜死ぬとは最期まで生きること

看取り看護師めぐ〜死ぬとは最期まで生きること

どうか大切な人の最期を穏やかに看取れますように
どうかあなたが最期まで、笑って楽しく生きられますように
最期まで笑って楽しく過ごせる生き方をサポートしたいと奮闘中。


後閑愛実(ごかん めぐみ)


看護師しながら、講師をしています☆


私は看護師として1000人以上の患者さんの看護に携わり、いのちの終わりも100人以上立ち会いました。



その経験の中で思ったことは、『死』について考えることはとても前向きなことであるということ。
死を受け入れた患者さん・家族は、残された生を楽しんでいました。


死を受け入れるとは、生を諦めることではありません。
死にゆく道はそのまま生きてゆく道だからです。



「最後まで自分らしく幸せを感じながら生きて欲しい」
悲しいだけの看取りではなくて、笑顔と感謝で看取れる社会であってほしいと思っています。



どうか、あなたが最期まで笑って楽しく生きられますように
どうか、大切な人の死を穏やかに看取れますように

今日もブログを読んでくださってありがとうございました。
後閑愛実



------------------

<過去のブログ情報>


これから看取りをするあなたへのおススメ記事

『できないことはやらない』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12190522852.html



『人が死んだ後にすぐにやることはぬくもり感じて受け取ること』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12070052083.html



看取りをしたあなたへのおススメ記事

『気持ちが呼び起こす看取りの記憶を変える』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12194850875.html


医療関係者へのおススメ記事
『終末期は一番弱いところの負担を減らすこと』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12195438270.html











講演依頼受付中
お問い合わせ zap11614@gmail.com









 本日11月6日(水)の朝日新聞朝刊に載せていただきました!


朝日新聞朝刊

「どう思いますか ひとりの最期」 




12面のオピニオン欄です!

顔写真付きでありがたやー✨




記者さん、さすがです!

私が1時間くらいしゃべり散らかしたのを綺麗にまとめてくださいました✨



全国紙の朝刊は初めてなので嬉しいです!





皆さんは「ひとりの最期」をどう思うでしょうか?

孤独死って結果なだけで、望んでそうなったわけではないし、人生は結果だけじゃないと思うんです。

結果でなくて、過程重視で生きたいです😊





よかったら新聞ご覧くださいね。




有料記事にはなりますが、ネットだとカラー写真でした☺️

https://www.asahi.com/articles/DA3S14245665.html






お知らせ続きで恐縮です🙇‍♀️

本日ですが、まだ参加可能です。

 

「看取りを語らナイト#38」

2019年11月6日(水)

18:30〜20:00

場所:文京区(東京)

詳細はこちら

 










11月30日は「いい看取りの日」になります。

令和元年11月30日、一回めの人生会議をぜひやってみませんか?

 

 

 

 

 

ナース主催で「人生会議」のイベントやります!

ナース以外でも参加可能です。

 

 

https://nursezinseikaigi.novact.tokyo/

 

 

 

私も登壇します。

よかったらご参加くださいね。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


 

 

 

後閑愛実のイベント情報はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

看護師さん向けに連載している記事

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方

1,404円

Amazon

 

 

 

 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

後閑愛実(ごかん めぐみ)

 

▼ホームページ    :http://www.megumitori.com/

▼ブログ  : http://ameblo.jp/theadventan<wbr>gel

▼ツイッター   : https://twitter.com/MeguGOKAN

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 

 

理想的な看取りとしてドラマや映画で描かれるのは、「家族に見守られながら息を引き取る」ではないでしょうか。

みなさんの理想はいかがですか?

 

 

私の答えはNOです。

 

 

いまかいまかと息が止まることを監視されていたら、落ち着けませんあせる

 

 

私の理想は、お互いに穏やかな気持ちで同じ空間にはいるけれど、じっと監視していることはせず、気づいたら息が止まっていたという状況です。

 

 

 

 

ある男性の患者さんは、心不全と老衰で、眠っている時間が増えていきました。

ご飯も食べられなくなっていきました。

 

 

心不全で身体はぶよぶよと浮腫んでいて、点滴は血管にはさせなそう。

しかもただでさえ呼吸が苦しそうなのに、点滴をしたら痰が増えてますます呼吸が苦しくなるのは目に見えていました。

なにより本人が延命を希望していませんでしたので、病院では珍しく、何もせずに見守ったのです。

 

「なにもしない」というのは諦めるという消極的な印象をもたれるかもしれませんが、全く違います。

終末期は諦めの連続ではなく、穏やかに過ごすための積極的な選択の連続になるのです。

 

 

積極的に一番本人にとって穏やかに過ごすための選択が「なにもしない」だと思えたので、そう選択したのです。

浮腫んでいた身体は徐々にしぼんで、呼吸も表情も穏やかになっていきました。

飲まず食わず、点滴をすることもなく、その方は10日間生きました。

水が取れなくなったら長くて10日という先生もいるので、その方はめいいっぱい頑張ったのです。

 

 

最後は病室に、奥さんと娘さんとお孫さん、女3人がキャッキャと患者さんであるおじいちゃんの話をしている中、奥さんが気づいた時には息が止まっていたのです。

「全然苦しまなかったね」と家族もびっくりした様子でしたが、苦しむところを見たくなかったのでよかったとも言われました。

いまかいまかとみんなが見つめて、張り詰めた空気の中ではなく、みんながお穏やかな気持ちで一緒にいる中でスーッと眠るように亡くなったのです。

 

 

全員に見事だったと敬意を表したいです。

 

 

眠りと死は似ています。

違いは次に目覚めるか目覚めないか。

眠るとき、たとえ大好きな人でも、顔をジーっと見つめられていたら、落ち着いて寝られないのではないでしょうか。

 

 

隣で一緒に寝るのは嬉しいけど、顔をジーっといつ眠るのかと見つめられていたら落ち着いて眠れません。

私だったらそっぽを向いてしまうでしょう。

 

 

 

私の理想は、お互いに穏やかな気持ちで同じ空間にはいるけれど、じっと監視していることはせず、気づいたら息が止まっていたという状況です。

 

 

だから私だったら家族に、「息を引き取る瞬間に立ち会えなかった。気づいてあげられなかった」と嘆かないでほしいと思います。

むしろ、いまかいまかと見守り監視するのはやめてほしいと伝えてあります。

家族にはたしかにそうだよねって共感してもらえました。

 

 

人によって当然考え方は違いますから、あなたの理想をぜひ家族に伝えてください。

 

 

 

特に家族に急性期やってた(やってる)医療者がいる場合!

とことん延命させられる(希望される)可能性がありますガーン

もちろん、たとえ意識がなくなってもどんな状況であれ延命したいというのが本人の意思であるならば否定はしませんが…

 

 

“過度”の延命は、生きながらして身体が腐っていく感じです。

足が黒く変色し石灰化して大木のごとくカチカチになってポロポロもげていく。

吸収できない栄養を吐いたり、水分は浮腫となり身体に溜まったり、痰でベッドの上で溺れて苦しむ…

身体中に傷ができていきます。

口の中、目尻、お尻など、粘膜という粘膜から出血します。

毎度目から血の涙を流されると、心が折れそうになりますショボーン

 

 

人間の生命力のすごさに感銘するとともに、医療の発達のすごさに身震いするほど驚愕します。

 

 

それでも「形あれば生きているってことだよ!」と言われたら、もうぐうの音もでないのですが…

 

 

価値観は人によって違います。

 

 

だからこそ、あなたの価値観を家族に伝えておいて欲しいのです。

あなたの理想的な最後はどんな状態でしょうか?

 

 

 

思い通りにはならないけれど

思ったとおりにしかならないです。

 

 

 

たとえば一人暮らしをしている人が家で死にたいと思ってなくても家で亡くなることはあります。

でも一人暮らしをしていれば、当然何かあったときすぐに頼れる人がそばにいないから、家で人知れず亡くなっていることはありうると周りは思っていたでしょう。

 

たとえばあなたの周りの人が誰もアメリカに行こうと思わなければ、日本に住んでいるあなたがアメリカで看取られることはまずないでしょう。

 

 

だから

思いどおりにはならないけれど

思ったとおりにしかならないのです。

 

 

まずはあなたの思いを伝えて欲しいです。

 

 

 

11月30日は「いい看取りの日」になります。

いい看取りには、人生会議(人生を振り返ったり、これからどう生きたいかを話し合ったり、もしものときの話し合いをすること)が欠かせません。

一度すればいいというものではなく、考え方はそのときそのときで変わるものですから、何度も行うことが必要です。

 

ですので、

令和元年11月30日、一回めの人生会議をぜひやってみませんか?

 

 

 

 

 

ナース主催で「人生会議」のイベントやります!

ナース以外でも参加可能です。

 

 

https://nursezinseikaigi.novact.tokyo/

 

 

 

私も登壇します。

よかったらご参加くださいね。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

後閑愛実のイベント情報

 

「看取りを語らナイト#38」

2019年11月6日(水)

18:30〜20:00

場所:文京区(東京)

詳細はこちら

 

 

 

 

そのほかはこちら

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

看護師さん向けに連載している記事

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方 1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方

1,404円

Amazon

 

 

 

 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

後閑愛実(ごかん めぐみ)

 

▼ホームページ    :http://www.megumitori.com/

▼ブログ  : http://ameblo.jp/theadventan<wbr>gel

▼ツイッター   : https://twitter.com/MeguGOKAN

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 

 

 

 

そろそろ息が続かなくなりそうだと思って、荒い呼吸をして目を閉じている患者さんに聞いてみました。

 

 

「どんな人生でした?」

 

 

 

そしたら即答です。

こう返ってきたんです。

 

 

 

 

 

 キラキラ最高キラキラ

 

 

 

 

 

自分で聞いといてなんですが、びっくりしちゃったんですねあせる

 

「いろいろあったけど、いい人生だった」くらいかと思ってたんです。

 

大変失礼ではありますが、生涯独身で身寄りはなく、晩年はがんで苦しんでいたからです。

 

切り取った“いま”だけを見て判断しちゃいけませんねあせる

ほんと、申し訳ない汗

 

私が関わった時期がそうだっただけで、それまでにはいろんな人生を生きてきたんですよね。

 

切り取った“いま”だけを見るんじゃなく、生きてきた人生全てをみて看護したいと思ってはいたものの、改めて大事なことだと感じました。

 

 

 

呼吸が荒くて喋るのもしんどそうだったのですが、とても気になって聞いてみました。

 

 

「 どうして?」と。

 

 

 

そしたら…

 

 

 

 

「人に恵まれた」

 

 

 

呼吸苦ある中で、絞り出すように… 

 

 

 

 

なんだか感極まって泣きそうになってしまいました。

だから「教えてくれてありがとうございます。また来ますね」って伝えて病室をあとにしたのですが、その1時間半後に亡くなりました。

 

 

 

結局それが最後の言葉だったの

 

 

 

恵まれたと思う人との出会いの一人に、私も入っていたかな…

 

 

私も「最高」と言える人生を生きたいと思いました。

 

 

 

 

 

実は、「どんな人生でした?」って1ヶ月くらい前にも聞いたことがあったんです。

そのときは「どうだろね、わかんないな」ってはぐらかされました。

 

もしかしたら

病状が悪くて考えるのがめんどくさかったのかもしれない

急に言われたって思いつかないって思ってたのかもしれない

私になんか言えないと思っていたのかもしれない

 

いろいろそんときはそんときの感情があったのでしょうけど、1ヶ月間たまに考えてたのかな〜

だから「最高」って即答できたのかなぁって思ってました。

 

 

ところが、この話を一緒に働く医師にしたところこう言われたんです。

 

「人は死ぬ直前に走馬灯を見るからね。質問された一瞬で人生を思い返して出てきた答えが「最高」だったんじゃない」

 

なるほど!

たしかにそうかもしれないです!

 

 

ちなみにその先生は、患者さんに「どこで生まれたんですか?」って人生の物語のスタートを聞くようにしているそうです。

スタートを聞くことで、人生の物語を振り返るきっかけをつくっていると教えてくれました。

 

そのあとの話を聞くこともあるし、聞かなくても自分自身で振り返って、自分自身の物語を自分で完結させていくから、僕らはそのきっかけだけつくればいいと。

 

 

 

 

いまの病気の症状だけでなく、どんな人生を生きてきて、どう完結させていくか、そのお手伝いがしていきたいです。

 

 

人生で一番辛くて、一番人の手を必要として、一番輝く最期…

そのかけがえのない時期にかかわらせていただけることはとっても尊くありたがいことだと思っています。

 

 

 

 

私も「最高」と言える人生を生きていきたい!!

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

10/20 Yahoo!ニュースにアップされました!
◆ステージIVのがん患者が語る後悔しない治療を受けるために本当に必要なこと

 

こちらは患医ねっと代表の鈴木信行さんとの対談記事(2回目)です。

 

 

1回目の対談記事↓

ステージIVのがん患者が「自分は健康だ」と思う訳

 

(左:鈴木信行氏)

 

鈴木さんは、20歳で精巣がん、46歳で甲状腺がんを発症し、治療中の患者さんです。

二分脊椎で、生まれつきの身体障がいもあります。

そんな生まれたときから「患者」であるがゆえに、医療との関わり方をとても興味深く教えてくれました。

 

 

お気に入りの薬剤師を見つけて、お薬手帳で医療者と自分の「健康」を共有することをお勧めします!

 

 

 

鈴木さんの本

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

後閑愛実のイベント情報

 

「看取りを語らナイト#37」

2019年10月25日(金)

13:30〜15:00

場所:文京区(東京)

詳細はこちら

 

 

 

 

そのほかはこちら

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

看護師さん向けに連載している記事

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方 1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方

1,404円

Amazon

 

 

 

 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

後閑愛実(ごかん めぐみ)

 

▼ホームページ    :http://www.megumitori.com/

▼ブログ  : http://ameblo.jp/theadventan<wbr>gel

▼ツイッター   : https://twitter.com/MeguGOKAN

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━