看取り看護師めぐ〜死ぬとは最期まで生きること

看取り看護師めぐ〜死ぬとは最期まで生きること

どうか大切な人の最期を穏やかに看取れますように
どうかあなたが最期まで、笑って楽しく生きられますように
最期まで笑って楽しく過ごせる生き方をサポートしたいと奮闘中。


後閑愛実(ごかん めぐみ)


看護師しながら、講師をしています☆


私は看護師として1000人以上の患者さんの看護に携わり、いのちの終わりも100人以上立ち会いました。



その経験の中で思ったことは、『死』について考えることはとても前向きなことであるということ。
死を受け入れた患者さん・家族は、残された生を楽しんでいました。


死を受け入れるとは、生を諦めることではありません。
死にゆく道はそのまま生きてゆく道だからです。



「最後まで自分らしく幸せを感じながら生きて欲しい」
悲しいだけの看取りではなくて、笑顔と感謝で看取れる社会であってほしいと思っています。



どうか、あなたが最期まで笑って楽しく生きられますように
どうか、大切な人の死を穏やかに看取れますように

今日もブログを読んでくださってありがとうございました。
後閑愛実



------------------

<過去のブログ情報>


これから看取りをするあなたへのおススメ記事

『できないことはやらない』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12190522852.html



『人が死んだ後にすぐにやることはぬくもり感じて受け取ること』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12070052083.html



看取りをしたあなたへのおススメ記事

『気持ちが呼び起こす看取りの記憶を変える』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12194850875.html


医療関係者へのおススメ記事
『終末期は一番弱いところの負担を減らすこと』
http://ameblo.jp/theadventangel/entry-12195438270.html











講演依頼受付中
お問い合わせ zap11614@gmail.com








【オンラインイベントのご案内】

 

 

⭐️「看取りを語らナイト」⭐️

​ 次回7月17日(金)20:00〜

 

https://mitori-katari44.peatix.com/view

 

 

ZOOMを使ったオンラインイベントです。

本イベントでは、看護師の後閑愛実(ごかん めぐみ)の講演を聞いた後、みんなで「身近な人の看取りの経験や、看取りに対する思いや気持ち」について語ります。


前回は、看取りを支える人に向けたメッセージを伝えさせていただきました。

今回は、看取りの際にぜひ実行してもらいたいことをお話します。

 

 

 


どちらかというと看取りをする家族向けですが、医療介護福祉職にもお役にたつお話です。
コロナの影響で、今までとは対応が変わってきました。
それでも、本人や家族が少しでも穏やかな最期を過ごせるように…それを支えることが必要と思っています。


看取りとは、息を引き取る瞬間に立ち会うことではなく、それまでの過程も含めます。

身近な人の死をそばで、あるいは少し離れて伴走してみて思った気持ち、あのときはこう思ったけどいまはこう思っているなど、素直なご自分の思いや気持ちをお話いただくことで、つらい気持ちは吐き出して、嬉しい気持ちは共有する、そんなイベントを目指しております。


<前回オンライン参加者の感想>

(投稿許可もらった人のものだけ)

 

  • とてもよかった。後閑さんや参加のみなさんの距離感が近くて温かい場だった。

 

  • 参加して良かった。主催者~知らない参加者同士、が繋がっていると感じた。

 

  • 父の看取りを経験していることなどから、時々参加させていただいています。今回、愛実さんのお話を伺っていて、独り暮らしをしている母の、ものがたりをしっかりと聞いていない自分に気づきました。今度、帰省した際には、そんな話をしてみようと思います。ありがとうございました。

 

 

 

あなたも想いを吐き出しにきませんか?

 

 

オンラインイベント

⭐️「看取りを語らナイト」⭐️

​次回7月17日(金)20:00〜

申し込みはこちら

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本日(7/2)公開

ヨミドクター「看取りのチカラ」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200618-OYTET50014/?catname=column_mitorinochikara

 

 

 

 

原作:後閑愛実

作画:ゆき味

 

 

 

 

後閑愛実の活動はこちらから

オフィシャルサイト

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

後閑愛実著 

『後悔しない死の迎え方』

サイン本の申し込み

https://megumitori.thebase.in/items/28662507

 

 

(サインがいらない方は、お近くの書店かネット販売でウインク

 

1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方 1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方

1,404円

Amazon

 

 

 

 

 

 

<おすすめ>

 

私が原作「まんがでわかるはじめての看取りケア」で監修をしてくださった緩和ケア医の平方眞先生の新刊

人生会議の事例集みたいな読み物になっています。

人生のしまい方 残された時間を、どう過ごすか 人生のしまい方 残された時間を、どう過ごすか

1,540円

Amazon

 

 

 

イラストでお世話になっているマルチクリエーターゆきちゃん

ゆきちゃんはYouTuberでもあるので、こちらもぜひチャンネル登録してくださると嬉しいです。

ゆき味アートチャンネル

 


 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

後閑愛実(ごかん めぐみ)

 

▼ホームページ    :http://www.megumitori.com/

▼ブログ  : http://ameblo.jp/theadventan<wbr>gel

▼ツイッター   : https://twitter.com/MeguGOKAN

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 

 

ヨミドクターで「看取りのチカラ」連載中!

後閑愛実:原作・執筆

ゆき味:イラスト

 

本日(7/2)公開

第4話

「前兆がない死もある」

 

 


 

続きはヨミドクターで。



 

 

 

死はたいてい理不尽で、思い通りにはいきません。

だから、死に目に間に合うことにこだわることはありません。

 

医療者は、わかる時には伝えてくれると思います。

ただ、変化が乏しく、いつの間にか息が止まっていたということもあります。

 

変化がゆっくりで、バランスよく衰えていき、気付いたら静かに命が終わっていたという場合は、本人にとって苦痛の少ない最善の道をたどったために、予測がつかなかったんだと思っていただけたら幸いです。

 

 

死はいつ訪れかわかりません。

だからこそ、大切な人と過ごす、今の時間の価値を見つめ直してみませんか?

 

 

 

 


https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200618-OYTET50014/?catname=column_mitorinochikara






 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

後閑愛実著 

『後悔しない死の迎え方』

サイン本

https://megumitori.thebase.in/items/28662507

 

 

(サインがいらない方は、お近くの書店かネット販売でウインク

 

1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方 1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方

1,404円

Amazon

 

 

 

 

 

 

<おすすめ>

 

私が原作「まんがでわかるはじめての看取りケア」で監修をしてくださった緩和ケア医の平方眞先生の新刊

人生会議の事例集みたいな読み物になっています。

人生のしまい方 残された時間を、どう過ごすか 人生のしまい方 残された時間を、どう過ごすか

1,540円

Amazon

 

 

 

イラストでお世話になっているマルチクリエーターゆきちゃん

ゆきちゃんはYouTuberでもあるので、こちらもぜひチャンネル登録してくださると嬉しいです。

ゆき味アートチャンネル

 


 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

後閑愛実(ごかん めぐみ)

 

▼ホームページ    :http://www.megumitori.com/

▼ブログ  : http://ameblo.jp/theadventan<wbr>gel

▼ツイッター   : https://twitter.com/MeguGOKAN

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ちょこっとだけ私のインタビュー載ってます。

 




上の小見出しがエロくて

若干買うのが恥ずかしかった💦

(インタビュー答えるともらえるんだけど、早く読みたかった(笑))

 

「死ぬのが怖いあなたへの10章」

 

さらっとしか読んでないけど、どれが正しいとかいいとかって話ではなく、まぁ生き様が様々なように、死に様も様々って話。

 

 

誤植、おしい!😭

 

 


 

私は「中治り現象」の実例をお話させていただきました。


 

辞書では「中直り」と書かれているのですが、死ぬ前には少し元気を取り戻したようにみえる時期があるんですね。

少し治ったように見えることから「中治り現象」と呼ばれたり、大切な人とのかけがえのない時間を過ごすということで「仲良しタイム」「仲直りの時間」と臨床ではいわれることがあります。

 


でも、治ったわけでも、元気になったわけでもなく、そう見えるだけなので、わずかな時間しかありません。

 


これがそうとそのときわかるものでもなく、振り返ってあれがそうだったよねと思うことが多いです。

 


誰にでも起きるというものでもありませんが、「治ったんだ!元気になったんだ!」とぬか喜びしないためにも、そういうこともあるんだと心に留めておいていただけるといいなと思っています。

 

 

 

雑誌には、最期まで耳は聞こえているかの話も載っています。

 


私は、声は届いていると思います。

もう息が続かなくなりそうと言うとき、家族が向かっていたら、患者さんに「あと〇〇分で家族が来るから、もう少しだけがんばって」と声をかけるようにしています。

すると本当に家族がくるまで、頑張ってくれたりします。



 

心臓が止まっていたって、全ての細胞がすぐに死滅するわけではありません。

心臓が止まっても4〜5分してから脳細胞が死滅し始めるらしい(これはよくわからないけど)

 



もうお別れだと思うまで、声は届いています。

伝えたいことは、最期まで届いています。

なにより、自分が聞いています。

その言葉は、ひとつの締め括りとして、言った人にとっても言われた人にとってもとても大切な言葉となるでしょう。

 



コロナで、現在病院では面会制限が出されています。

次に会う時は、死の間際、あるいは息を引き取ったあとかもしれません。

 


またコロナにかかっていたら、もう2度と会うことはないかもしれません。

 


たとえどんな理不尽な最期であったとしても、伝えたい言葉を伝えていただけたらと思います。

 



人生は、最期がすべてではありません。

それまで築いてきた関係性の方がずっと大事です。

ですから、いまから大切な人とのかげかえのない毎日を大切にしていただきたいです。

そして、最期までしゃべれる人はまれですから、いまのうちに伝えたい言葉をぜひ大切な人に伝えていただきたいと思います。

 

 

 

最期まで大切な人ととの穏やかな日々を過ごせることを願っています。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

しばらく講演が延期になってしまったので、家にあるサイン本を販売いたします。 

欲しい方は、こちらからご注文お願いしますキラキラ

 

後閑愛実著 

『後悔しない死の迎え方』

サイン本

https://megumitori.thebase.in/items/28662507

 

 

(サインがいらない方は、お近くの書店かネット販売でウインク

 

1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方 1000人の看取りに接した看護師が教える 後悔しない死の迎え方

1,404円

Amazon

 

 

 

 

 

 

<おすすめ>

 

私が原作「まんがでわかるはじめての看取りケア」で監修をしてくださった緩和ケア医の平方眞先生の新刊

人生会議の事例集みたいな読み物になっています。

人生のしまい方 残された時間を、どう過ごすか 人生のしまい方 残された時間を、どう過ごすか

1,540円

Amazon

 

 

 

イラストでお世話になっているマルチクリエーターゆきちゃん

ゆきちゃんはYouTuberでもあるので、こちらもぜひチャンネル登録してくださると嬉しいです。

ゆき味アートチャンネル

 


 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

後閑愛実(ごかん めぐみ)

 

▼ホームページ    :http://www.megumitori.com/

▼ブログ  : http://ameblo.jp/theadventan<wbr>gel

▼ツイッター   : https://twitter.com/MeguGOKAN

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━