一掌堂治療院ブログ 一掌堂治療院の情報

1983年 東京・新橋にて開院
「未病治療」に力をいれてきた歴史ある鍼灸院より、得意分野である突発性難聴、不妊などの情報を提供していきます。



テーマ:

前回に引き続き、「環境ホルモンと男性不妊についての研究」について掲載させて頂きます。

 

 

環境ホルモンの侵入経路

 

 

内分泌かく乱物質は大気や土地、海などに含まれ、プランクトン→魚→鳥→人といったように食物連鎖によって人体に到達します。

 

また、家畜の成長を促進させるためにホルモン剤を使用し、その家畜を人が食べることによって人体に影響を及ぼすこともあります。

例えば、脂肪に溶ける性質があるダイオキシンは脂身の多い肉などに蓄積され、ポリカーボネートという化学物質はコンビニ弁当や惣菜の容器、学校の給食で使われる食器に含まれています。

このように侵入経路の約9割は食べ物を通して口から入ると言われています。

 

母親の胎盤から胎児への影響があるという話では、1950~1960年代に起きた水俣病やサリドマイド事件を見ても、有害化学物質は胎盤を通過して成長段階の胎児に対し母親以上に悪影響を与えることがわかっています。

同様に環境ホルモンも、母親が体内に環境ホルモンを蓄積していると、胎盤を通して胎児の中に入り込み胎児のホルモン活動をかく乱するとも言われ、ホルモン活動が正常に行われない子どもたちが増える傾向にあるようです。

 

 

環境ホルモンから身を守る手段

 

 

環境ホルモンを体に全く取り込まないようにすることはもはや不可能ですが、できるだけ体内に入れる量を減らすことは可能だと考えられています。

 

例えば、食品はしっかりと水洗いをすること、また火を通すことによって摂取量を減らすことができます。

ダイオキシンは脂肪に溶けやすい性質があるため、ダイオキシンが蓄積されている可能性がある脂身の多い肉の過剰摂取は控えるのが無難です。

また、体内に入った有害物質を解毒するためには、体外への排出を促進させる作用を持つビタミン・ミネラルを積極的に摂取することが大切です。

食物繊維を意識的に摂取することも、有害物質を体外へ排出させることに役立つと言われています。

特に米糠とほうれん草の繊維は解毒効果が高く、その他にもゴボウ、蓮、にんじん、葉緑素も効果的だと言われています。

 

現在注目されているのは玄米酵素で、これは米糠の食物繊維と葉緑素が入っていて、100gあたりの繊維は何とゴボウの4倍に当たると言われています。少し前に『寝かせ玄米』(炊き上がった玄米をおよそ3日間保温し続けたもの) というワードで話題になりました。

 

 

終わりに

 

 

院長に『環境ホルモン』という勉強会のテーマを頂き、どれだけ生物に影響を及ぼしているか、また、現在増えている人体の疾患に環境ホルモンが関与している可能性がどれだけあるか、といったことを今回より深く知ることができました。

 

母親の胎盤に吸収された化学物質は胎児の卵子・精子にまで影響を及ぼし、更にその次の世代、その次の世代と何世代にも渡り受け継がれる『継世代毒性』があります。それが、どれだけ恐ろしいことか考えさせられました。

 

鍼灸師としてできることは何か、とグループで話し合った結果、鍼によって環境ホルモン自体を防いだり解毒させることは難しいけれど、環境ホルモンが関与しているのではないか、と言われている生殖トラブルに対して鍼灸治療がアプローチできることがある」ということを、社会に広く知っていただく努力をしよう! と、意見が一致しました。

 

 

*************************

 

 

一掌堂治療院

 

突発性難聴、メニエール病、

めまい、耳鳴り、不妊治療、

更年期障害、認知症予防 等

どうぞお気軽にご相談ください。

当日のご予約も承っております。

 

http://www.isshodo.com/

TEL:03-3591-0505

105-0004

東京都港区新橋2-10-5 末吉ビル5F

 

 

 

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。