今回のテーマ
「不安を手放す方法について」です。
 
これについては、
特に私個人の経験と
私個人の
確信によるところがありますので、
分かりずらいかもしれません。
 
理解しずらいということは、
誤解されやすいということですが、
あえて誤解のリスクを負いますね。
 
私は
夢を見ている自分
精一杯、注目したことがあります。
 
そこで分かったのは、
夢の中の自分には
感情も感覚も思考もない
ということでした。
 
覚醒するときに
感情が働き「いやだなあ」
思うことが分かったんです。
 
あるいは
夜中に浅い睡眠になるときに
感情が夢にくっつきやすい
ということも分かりました。
 
つまり
夢から覚めそうになると感情が働くけど、
夢のまっ最中は感情は働かず
ただの体験だったのです。
 
この
ただの体験が、
不安を手放すことだと
私は気づきました。
 
「あ、なんだ、ただの夢か」
という理解で、
夢の中の不安が放念されます。
 
同じように
辛い思い出は「なんだ、ただの思い出か」と放念し、
苦しかった前世は「なんだ、ただの前世か」と放念すると
不思議ですが不安恐怖はきれいに解消されます。
 
ヒプノセラピーが有効なのは、
この放念ができた時だけなんです。
 
ヒプノセラピーで
過去や前世に行って
悲しくて泣きじゃくるのは
放念ではありません
執着です。
苦しさが倍増するだけです。
 
ということで、
私たちの
自然に夢を見る作業で
不安を手放しているんです。
 
ですので、
夢から覚めたとき、
自分の感情、感覚、思考を
働かせないトレーニングをすると
日常的にも
不安はどんどん減っていきます。
 
分かりずらい話でしたね。
 
でも本当なんです。
私、やってますから。
 

 

日本一、実践的な臼井式レイキセミナー

初心者セミナー3時間25000円!

ただいまマンツーマンにて募集中!

 

スピリチュアルレイキセンター
KURAMAYAMA
 
東京都中野区東中野4-6-5山手ビル503