10/10 日本対ハイチ戦

テーマ:

 FIFAランク40位の日本は、親善試合で48位でロシアW杯の出場を逃したハイチと対戦した。

 日本は、2―1で勝利した6日のニュージーランド戦からスタメンを9人入れ替えて臨んだ。

 日本は前半7分、ニュージーランド戦でも得点を決めて活躍したMF倉田のヘッドで先制し、また17分に最近Jリーグで活躍しているFW杉本の代表初ゴールで2―0とした。しかし、28分にハイチのラフランスにネットをゴールを決められた。このシーンでGKの東口が脇を通されていたのでもう少しがんばってほしかったなと思った。こうして前半は2-1で終了した。

 後半に入るとハイチのペースとなり8分にFKからナゾンが同点ゴールを決めた。

 日本は、11分にMF井手口、14分にMF香川、19分にFW大迫を投入し5枚の選手交代で勝負を懸けたが、33分にナゾンにエリア外から2点目となるミドルシュートを決められ、ハイチに逆転された。

 日本は、35分にFW武藤を入れ得点を狙ったが点を奪えないままロスタイムに入ってしまった。自分は、もう負けたな。という気分だったが、ロスタイムに後半から入ったDF車屋が左サイドからハイチを崩し、DF酒井高徳が左足でシュート。ゴール前でMF香川がコースを変えて、土壇場で同点とした。

 そのまま試合は3-3の引き分けで終わった。ハリルホジッチ監督が就任して以降初めての3失点だったらしい。しかも相手はW杯にも出れないハイチだったので日本代表は危機感を持ったほうがいいと思った。でも、個人的には今日の試合で自分の好きな川崎フロンターレの車屋が代表デビューし、ロスタイムの3点目の起点となったのですごく満足した試合だった。

AD