平安な世の中を築くために天竺にいこう 供養と生き方 悪霊にならないための生き方は

平安な世の中を築くために天竺にいこう 供養と生き方 悪霊にならないための生き方は

スピリチュアルの人々にも読んでいただきたい。平和の使いが転生を繰り返しながら 正しいご供養方法と生き方を教えています。

現在は浄霊をおこなっていません。本当のご供養を教えていきます。
自分に憑依されている霊を供養を行うことを教えていきます。

また ご自分のご先祖さまやご友人・家族になったペットの供養を教えています。


本当の浄霊ができる人は ほんの一握りです。それは ここではお伝え出来ません。
私が立ち愛(本当の浄霊)を行っていましたらクライアントさんに
憑依してる幽霊さんが 幽霊に悪いことをするのだとと勘違いして攻撃にくることがあるなどして散々な目にあいました。今まで 浄霊する人が 幽霊さんに悪いことをしてきたのに違いありません。

まさに 死闘です。浄霊が終われば、穏やかになり 私との友好も深まります。なんとすばらしいことか・・・・
ですが 真実の浄霊を行い切る前に 出て行っていただきますと、その後 私が特殊なことができて 霊に良いことをしてくれるのがわかっていて お得をしながら 私を困らせるものあり
真実の神として 私をサポートしてくれるようになったものたちも沢山いまして この神様になられた人にも私にも迷惑 また それを見ている 警察にお世話になったような霊体ちも見ていて 特別なことをしているので興味をしめし これ以上 つづけることが不可能になりました。

こんなことから 私も浄霊を何人かの人に楽しましたが
全く 効果なし これで 大金を請求できる神経がわからない
また 本当に 霊たちにダメージを与えるし 私も 寝込みたくなるくらいです。
悪いものには それで 良いが 良い霊たちにまで 同じ様にダメージがある
それは いけません。

本当のご供養をしている私としては心外ですし
わたしよりもプロだと思っていた 人たちは ほとんど力が霊能者だと気が付くのに 30年くらいかかりました。
 沢山の経験の現実の中から学びました。

そして私は自分のご先祖さまにおこなうことをと同じことをおこなうだけであります。
世の中の浄霊をする人の多くは 自分のご先祖様にはしない 悪霊と決めて 何かを行います。
怖いですよ 自分の死後 親切に取り組んでいる最中に何かされたら 命にかかわります。

もしくは霊能者や浄霊をする人は効果がないことが多いとしりました。その後 少し 良くなることがある・・・などで浄霊が起きたと勘違いする。浄霊が起きたと思うだけです。
また 一番の困った問題が解決される。困らせられている霊に浄霊ができたこともあるでしょう。

また 同じ人のところへ戻る霊も多いのです。

浄霊をするときに 自分の肉親までなにかされたら いやだと思わない人が徐霊をするんです。

また 高額を出したのに 効果がなかったから私を信じないという人もいらっしゃることが多かったです。

自分にできる ご供養は 今まで 世の中で言われていたこととは少し違います。
お墓にいけば お墓参りをすれば 供養になるか!
多少はなるでしょうが 仏様のためになるでしょうか?
お参りにいけばいいものではありません。
ご自宅だっていいはずです。(^^♪


テーマ:

人は 善人も悪人も経験しながら 転生を繰り返し 成長していくという教えがありました。

いろんなことを経験するから成長できるのだ

魂は永遠であり

自分も罪人であったのだから 悪を許す 悪人を許す

善悪はない

などと 教える人がいますが

そんな ことは ありません

 

悪人は 何回生まれ変わっても悪人です

善人が悪人を経験したから 善人になったということがありません

 

泥棒を経験したから 警察や刑事ができるのだ

泥棒の気持ちや意識がわかるからだと

わたしはそんなふうに 教育をされましたが

 

わたしは クライアントさんの過去世をクライアントさんと ともに何人も見てきましたが

そんな人は 一人もいません

 

何度 いろんな過去世を見ても ウソつきは嘘つき 牢屋に何度もはいり罪人っです

現在のような 法律国家で 泥棒や強盗がやりにくく 自由がなく 学校に生かされ 就職するから

盗みに入る必要がないだけである

会社や友人関係の中でも その人は 善人のふりをし 人をだまし続けています。

 

善人は なんど 生まれ変わっても善人です

つまり 魂の気質というものがあり

綺麗な心の人は きれいなまま

人をだまし いい人の振りをしながら 陰口を言う人は 過去でも確認 そういう人です

 

スピリチュアルの教えは ただしく ないことも 多いので気を付けてね(^^♪

 

善人になってください

 

善人のふりをしている人が 多いので この世が 窮屈なのです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス