田無地区の地方史 明治以降の産業史が中心のブログ

田無地区の地方史 明治以降の産業史が中心のブログ

多摩地域(西東京市、小平市)の地方史のブログです。明治以降の産業史が中心です。

まとめ

 

1.第一次取得

  • 昭和16年4月、山中氏(創始者)は、保谷町下保谷東松之木に工場敷地の贈与を受ける。
  • 敷地:798番、800番、801番の土地、地積:約1928坪

2.第二次取得

  • 昭和22年1月、東側に隣接した土地を購入する。
  • 敷地:795番、796番、797番の土地、地積:約1404坪

3.その他の取得

  • 昭和39年10月、北側廃水路の土地の一部を払下を受ける。
  • 敷地:803番10の土地、地積:約116㎡

4.昭和41年4月、保谷硝子は工場敷地を795番の土地に合筆する。

 

5.昭和41年6月、敷地の所有権が小学館建物㈱に移転される。

  その後、土地が分譲される。

 

 

  詳しくは

  下保谷801_保谷硝子PDF

  を参照ください。