寺に着くと、すぐに宿題に取り組み始めた団員たち。
保育園児のスーちゃんが到着しても、「まだ宿題が終わらないから、宿題をしながら台詞を言わせてほしい」と言い出しました。
もちろん、感情移入ができないので、いつもなら却下ですが、別のことをしながらでも台詞が言えるほど頭に入っているのかを確かめるには良い方法です。
そこで、次のような光景に…




もちろん台詞は棒読みですが、一応、最後までいけました。
そろそろ人形を持っての立ち稽古に入れそうです。
しかし、今回は全くの新作なので、登場人物の人形を、8体作らねばなりません。
かなり時間がかかりますし、年の瀬に向けて、家事も増えてます。創作にかかるのは、来年になりそうです。

団員は、自分の人形に興味津々。「キジは、どうするの?」「作るよ」「猿は?」「前のがあるよねー」「作るよ」「宝物は?」「作るよ」

さぁ、来年早々、忙しくなりそうです。