chieのブログ

chieのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
昨日、働いて3か月目の女性が
会社を辞めました。

残念で悲しくて悔しくて
泣きたくても涙は出ない!

ちくしょー(ーдー)


彼女は 以前の仕事とは
全然違う営業職として心機一転
うちの会社に来ました。

娘と言ってもおかしくないくらい年齢。




人当たりが良くてハキハキしてて
相手の様子を想像しながら電話できる。



優しくて、、慣れないけど
その時の 精一杯の応対


「あーええ、、そうですよねー」
「うんうん、、、いいですよねー」



所々 訛ります(笑)・・・でも親しみが
あって好きでした。




そのハキハキした声のトーンが半月くらい
経った頃から下がり


声の大きさも小さくてボソボソ、、あれっ!


表情が乏しく 辛そうに仕事してる?
そう見えるのは気のせい、、、デスか??




最近 堪らなくなって
「すごく辛そうに見えるんだけど!」と私



「もう、、会社に来る元気はありません


必要以上にプライベートを詮索される。


まだ余裕がないのに 
次から次に与えられる
仕事の量がこなせない。



最近は売上目標の数字まで与えられる。




一番しんどいのは 
その場にいない人の悪口を
聞かされるのが嫌でした。



それは
いつか私も同じことをされるということで、


来週は 来れないかも知れません。」




「そう、、、
そんなにしんどくて 傷ついてまで
来なくていいー!!」と言い切った。





昨日の朝 
彼女は上司にメールで

会社には これ以上来れない旨の
連絡をしてきました。



上司は 何の反省もなく、、

彼女は以前の仕事に戻りたがっていたから
しょうがない!
皆、何か聞いてる?




はあー!!!!





腹立たしさで
心臓がバクバクして
全身の毛穴が全開しているような感覚!


どの口がそんなこと言うんじゃい!!



ちょっと良いですか?
彼女から聞いていたことを淡々と言った


ら、、



ひとつひとつに長い
誰が聞いても滑稽な言い訳していた。


長々と説明していたけど、


長くなれば長くなる程シラケた空気が
その場に流れる!


他の社員からも2~3の彼女を補足する
発言があって、、



少しだけ、、
ほんの少しだけ
彼女の辛さを分けられたような気持ちを
勝手に感じた。



もう これ以上傷つかなくていい!



ゆっくり!ゆっくり!
心と体を回復しよう!



もう いっかい言います

あなたは1㍉も悪くない!!



外出した時に このビルの20階で深呼吸しました! 





短い間だったけど
「ありがとうございました」



今は ゆっくり休んで心と体を休める時!



ゆっくりだよー
深呼吸してねー



ホントにアリガトウ。・゚・(ノ∀`)・゚・。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス