野球×トレーニング×志事

野球×トレーニング×志事

パフォーマンスアップと野球を中心に。

あけましておめでとうございます!
わりとゆっくりな年明けを
過ごしております

個人的に休みが長すぎると
仕事に戻るためのエンジンの
かかりが遅くなるので
少しずつ仕事を始めております

本読んだり
年明けから着手することを、
少しずつやったり

さて、新年になったので
2020年をどうしていくか?
どうしても考えてしまうものです

せっかくなので、
定期的に振り返るためにも
ブログにおさめておこうと思います


そのためには
まず2019年どういう課題が出たか?

結論
インプットと
アウトプットの質が低かった

昨年後半に参加した
トレーニングのメンターシップで
痛感したことでインプットの質を
一番考えさせられた

トレーニングはソフトウェアの
大事さを改めて痛感

ここでいうソフトウェアは
トレーニングの原理原則のこと

今まではエクササイズなどの
ハードウェアばかりに目がいき
トレーニングの本質を
伝えきれてなかった

そしてトレーナー業以外の仕事でも
本質をとらえずに
表面的に進めることが多かった


以上の二点を踏まえた上で
2020年のアクションはどうするか?

①エバンジェリストになる
②周りにエバンジェリストを増やす
※エバンジェリスト=伝道師

①は結局、トレーニングを伝える相手
お客様・スタッフ・未来のスタッフに
しっかりとトレーニングの本質を
伝えることが大事

自分一人で見れるのは
せいぜい30人程のお客様

だったらスタッフ全員に
トレーニングの本質を伝えまくって
質の高いトレーニングが浸透して
そのスタッフのお客様に伝われば
単純に1,200人のお客様が幸せになる

自分の役割は
トレーニング
会社の想いやミッション
個人的なミッションを
全スタッフに届けること

そうすれば多くのお客様が幸せになる

セミナーや外部の講師もやることで
志高く、社会的価値のある
トレーナーさんも増える

今までの知識や経験を存分に
伝えていくエバンジェリストになる
ここに損得勘定は入れ込まない

そのための手段として
ブログなどのSNS存分に使っていく


②に関しては
今後会社が成長していくにあたって
自分と同じモノを伝えられる
人を増やしていくということ

一人で伝えられる数にも限界はある

だからこそ、
トレーナーとして社外人として
同じ視点で物事を伝えられる
同志をどんどん増やしていく

僕が思うに
仕事とは「役割分担で助け合うこと」
だからこそ、僕と同じ視点で
物事を伝えられる人が増えれば
僕も含め皆に余裕(時間)が生まれる

その生まれた時間で
また社会に貢献する何かが
できるようになる

そうすれば
Dr.トレーニングは世界の文化
として成長できる

良きエバンジェリストとなり、
他人の人生を変えていける存在を
増やしていくのが
僕個人の2020年のアクション

周りには共感してくれる
心強い同志がいる

もっともっとDr.トレーニング、
そしてトレーニングの良さを
広められるように
今日からスタートを切っていく

今後はこのブログでも
トレーニングに関することを
どんどん発信していく

次回以降の内容が
少しでも多くの人の役に立てるよう
自分自身を高めて日々前進


目指すは
一瞬ではなく、
一生モノの身体づくり


Dr.トレーニング
マネージャー 
林泰祐 CSCS, CSAC, CFSC