メタルハウスのオリジナル金具を支える職人たち
Our Craftsman

メタルハウスと共に、お客様のデザイン、イメージ、理想をオリジナル金具に作り上げる職人達を少し紹介したいと思います。

 

デザインやイメージ、アイデアは無限なもの。

細部までのこだわりや、使用用途、素材、強度、、さまざまなハードルをクリアしながら、お客さまの理想を形にしていきます。

金属を削る、穴を開ける、ネジを切る等の金属加工を得意とする”挽き物”の職人です。
挽き物とは金属を挽いて、金具を切り出したり、金属に溝を彫ったり、作ったりする技。1920年代から続く職人の技術。

 

 

 

長年の経験と技術を生かし、必要な道具や、機械、素材を選定し、使い分けながら、オリジナル金具製作の一歩を踏み出していきます。

 

時には、注文された金属のアール(カーブの角度)を作り上げるために、刃や原盤から作成していくこともあります、、、。

 

 

 

 

金属を正確に挽くことだけが技ではありません。


金具の型そのものも職人の手から生み出されています。

 

 

 

 

バッグ、財布、ベルト、自転車、楽器、、、、オリジナル金具はここから始まっていきます。

 

 

 

 

金属を削り出したり、切ったりする際に発生する素材のハシを大切に保管し、再利用にいかします。大昔のジュースの空き缶はできあがったばかりの金具を入れていく為のものです。


段ボールだと破れてしまうから、空き缶が丁度いいんですね。

 

 

 

 

50年以上前から使用している、旋盤(ネジを作成したり、丸い金属を加工する機会)です。
先代から使用している機械なので、職人とおおよそ同じ年齢ですかね~。。

 

 

 

 

最後に金具を作る際にとても大切で、重要な小道具。

 

 

 

 

モンキー。

知るひとぞ知るこの名前! 自分的には大好きな名前!自動車整備などでも使用!

 

 

 

 

モンキーのアップ! カッコいい! 自分だけかな。。。

色々な商品を押さえつける為に使う”つめ”。 これが中々の優れもの!

 

 

 

 

つめで型を押さえつけて、刻印や曲げ加工等を行う際にとても重要な道具。

 

 

 

 

スポットと言って、電気溶接に際に使う銅製の型。熱、電気の伝導率が非常によく、加工しやすい銅がを使用。

 

 

 

全てがとても重要で、お客様のイメージを形にする為に必要な道具達。

またどんどん紹介していければと思います。

 

 

オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法についてはこちらをご覧下さい。



メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。
世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が詳しい内容をお聞きいたします。

お気軽にご連絡ください。


  

*メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。


 
メタルハウスでは、”オリジナル金具の製作”に合わせて、チェーンやフック、付属金具を含めた”金属小物の組み立て”や皮革製品の”縫製作業”、オーダーメイドの”完成品の製作”、”特注の記念品や贈呈品、プレゼント”まで、モノ作りのトータルコーディネートにて、お客さまの“アイデアやイメージを形にするお手伝いを始めました。”

金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

詳しくは:こちらまで

”オリジナル金具の製作から”〜”オリジナルの縫製作業、付属金具を含めた完成品の製作”までご興味のある場合には、合わせてお話しください。モノ作りを熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 



電話 

03-3616-6678 
(受付時間:月~金 am9:00-pm5:00 ※土日祝日は休業)

お問い合わせ
ページ
日本語


メール
info@metalhouse.co.jp

- More information -

HP 
Facebook 
Tumblr 

 


 

オリジナル・特注のネームホック、カシメ、スタッズ金具
Original Metal Studs with Original Logos


 

オリジナルのブランドロゴを入れたカシメやホック、スタッズ、チャームなどの製作はできないとあきらめていたという声をたくさん聞くことがあります。モノ作りのやブランドイメージのアップには欠かせないオリジナル金具。

 

 

メタルハウスでは、初めてオリジナル金具を作る方には、デザイン入稿、金型や原型製作、サンプル作成、そして、使用用途に合わせた製作方法のサポートなど、お客さまに安心してオリジナル金具を作って頂けるサポートも製作に合わせて行います。

 

 

 

 

お見積りの場合にはまずは、作りたい金具のイラストや写真、デジタルデータに”サイズ”と”必要数”をお知らせください。モノ作りを熟しした担当者が概算のお見積りやサポートを致します。

 

もちろんお見積りに費用は発生いたしませんので安心ください。

 

 

 

 

 

ブランドのワンポイントとして、問い合わせが多いオーダーメイド金具のひとつが、オリジナルネームホック、ボタン、カシメ金具です。

 

 

 

ペットグッズブランド用に、オリジナルブランドのロゴを刻印した、オーダーメイドのホック金具を作成させて頂きました。小ロットでオリジナルのホックや、カシメ金具を作成するのは非常に難しかったらしく、インターネットを通じて弊社の存在を知り、わざわざ本社までお越しくださいました。

 

 

長年のオリジナル金具製作の技術と職人を抱えていますので、メタルハウスでは、大きなロットの製作から、比較的手ごろな300ヶ程度の数量から、オリジナル金具の製作が可能です。お客様のご要望に応じて、使用用途に応じた製作方法を選択することも可能です。 

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 

 

 

今回は、プレスの製法にて作成。

 

 

真ちゅう製の板材から、何十トンもの力のあるプレス機を使用して、熟練の職人が一つ一つ丁寧に刻印し、次にデザインの支持通りに、丸型になるように抜いていおきます。

 

 

プレス機にて打ち抜いたオリジナルホックの生地に、お客さまご希望の仕様になるように、それぞれ必要なパーツをロー付けしていきます。

 

 

800cまで熱し、真ちゅうと銀とを結び付けていきます。

熱せられて赤くなっているのが分かりますね?

 

真鍮が溶ける寸前です。

 

 

 

 

 

 

 

裏側に大カシメをロー付けし、秘伝の面取り、艶出し加工をした直後の表情です。

 

 

個人的には、このナチュラルな真ちゅう独自の質感そのままの状態が僕の一番好きなカラーリングです。真鍮そのままの姿なので、時間の経過とともに、経年変化や味わいを感じられる仕上げです。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 

お客様から頂いたデザインと照らし合わせながら製作を続けていきます。

 

 

 

 

 

お客さまのイメージに近づけるように、本生産の前に、頂いたデザインと指示書と照らし合わせながら確認作業を行います。


 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 

裏側に、大カシメ用のオスが取り付けてあるのが分かりますか?

 

 

 

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 



今回は、本金メッキとニッケル光沢メッキの2種類です。

 

ペットの首輪に使用すると言うことでしたので、雨にあたっても変色しないように、透明なクリアラッカー(ワックスのようなもの)を加工して完成です。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -


 

 

シザーケースや、バッグ、小物のブランドを展開なされているお客様より、真ちゅうナチュラル仕上げのホックのご注文を頂きました。

 

比較的小ロットのフレクションの製法から製作をスタートし、今では1万個、2万個単位で製作する、別のプレスの製法にて生産をお手伝いさせていただいています。

   

小ロットの場合は、プレス加工で素材となる真鍮のホックの表面を抜き、作成していきます。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings --オリジナルロゴネーム入りホック、ボタン、金具

 

 

今回はジャンパーホックを取り付けたいとの事でしたので、ご要望に合わせて、必要なパーツをロー付け(純銀をしようした、強度のある溶接方法)をしていきます。

 

 

 

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings --オリジナルロゴネーム入りホック、ボタン、金具

 

 

銀色にキラキラと光っているのが、純銀です。

 

 

 

 

 

ホックのパーツとロゴ入りカシメが真ちゅう同士なので、強度のあるロー付(純銀を使用した溶接方法)けができます。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings --オリジナルロゴネーム入りホック、ボタン、金具

 

 

ロー付け直後のホックの表情です。

 

 

 

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings --オリジナルロゴネーム入りホック、ボタン、金具

 


表面処理をして、数十時間をかけて、ゆっくりと、ていねいに、少しずつ面を取っていき、絶妙な丸みを作っていきます。

 


METAL  HOUSE   - about  metal fittings --オリジナルロゴネーム入りホック、ボタン、金具


あまりに、良い表情だったので、アップでもう一枚。

 


METAL  HOUSE   - about  metal fittings --オリジナルロゴネーム入りホック、ボタン、金具
 


真ちゅうナチュラル仕上げがご要望との事でしたので、変色防止のクリアラッカーのみを表面に処理しておきました。

 


METAL  HOUSE   - about  metal fittings --オリジナルロゴネーム入りホック、ボタン、金具

 

オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法についてはこちらをご覧下さい。

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。
世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が詳しい内容をお聞きいたします。

お気軽にご連絡ください。


  

*メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。


 
メタルハウスでは、”オリジナル金具の製作”に合わせて、チェーンやフック、付属金具を含めた”金属小物の組み立て”や皮革製品の”縫製作業”、オーダーメイドの”完成品の製作”、”特注の記念品や贈呈品、プレゼント”まで、モノ作りのトータルコーディネートにて、お客さまの“アイデアやイメージを形にするお手伝いを始めました。”

金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

詳しくは:こちらまで

”オリジナル金具の製作から”〜”オリジナルの縫製作業、付属金具を含めた完成品の製作”までご興味のある場合には、合わせてお話しください。モノ作りを熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 



電話 

03-3616-6678 
(受付時間:月~金 am9:00-pm5:00 ※土日祝日は休業)

お問い合わせ
ページ
日本語


メール
info@metalhouse.co.jp

- More information -

HP 
Facebook 
Tumblr 

 


 

Original plates, charm, studs, button , slider fittings
オリジナルネームプレート、チャーム、アクセサリー金具

 

 

メタルハウスでは、所有している技術をつなぎ合わせたり、組み合わせたりすることで、イニシャルコストを抑えながら、お客様のイメージを少しでも多く形にできるよう心がけています。

 


メタルハウスの溶接の技術と、金型の技術を組み合わせることで、従来は複数の金型を作成しなければ展開できなかった使用用途の違ったオリジナル金具の作成を、1 つの金型を作成するだけで、複数のデザインや、使用用途の違った商品への展開を可能にしています。

 

 

例えば、金型を1型作成し、その後さまざまな仕様のパーツをオリジナル金具に溶接(ロー付け)します。表のデザインは同じでも、引き手、オリジナルホック、ボタンと様々な用途に使用することを可能にしています。もちろん金型代は1型分のみですので、初期費用を大幅に抑 えることができます

 

 

頂いたデザインを元に、金型を1型作成し、プレス機にて打ち抜いたホックです。表面のデザインは同じデザインになりますが、これから裏面に使用用途の違うパーツをロー付けし、さまざまな用途に使用可能なオリジナル金具に変化させていきます。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 


今回はご指定の大カシメの足の長い物と、身近なパーツをを裏面に溶接していきます。

 

ご覧の様に、裏面に様々な仕様のパーツをロー付け(純銀を使用した強度の強い溶接方法)する事で、一つの型を作成するだけで、様々なロゴ入りの金具としてご使用して頂く事が可能です。

 


参考HP:こちら

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 

約800c近くまで熱していき、タイミングを見計らって大カシメのパーツを手作業で一つずつロー付けしていきます。

 

まだゴツゴツとしたままの状態の金具ですが、これから秘伝の”面取り”、”艶出し”加工を施します。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 


ホックの表情が柔らかく丸みを帯びてきたのが分かりますか?

 

 

CRIMIE さまのブランドコンセプトに合わせ、真ちゅう生地仕上げで納品させて頂きました。

 

真ちゅう生地仕上げの為に、経年劣化(いわゆる、”あじ”)を楽しめる金具になっています。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 

 

アクセサリーのような複雑な模様や、フィギュアの様な繊細な表情を再現する為にメタルハウスで活躍する製作方法は鋳物での製造です。

 

金型と違う製法のために、ロットもある程度の融通を効かせながら製作することが可能になります。

 

 

 

 

 

熟練の原型職人に必要な小道具たち。

 

小さなデザインの表現や、繊細な雰囲気の表情を作るのに役立つ、大切なパートナー。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 

裏面に2ヶ所のホックを接続することで、お客様の方で商品に取り付けた際に、左右に動くのを防ぎ、しっかりと商品に固定することが可能になります。 

 

今回は極小のカシメです。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 


マリア様金具は表面に凹凸があるために、商品に取り付けの際に安定して取り付けることに神経を使います。

 

そこで、マリア様がすっぽりとはまる、特注の”受け皿”を作り、マリア様と合わせて提供させて頂きました。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 


アンティークシルバーというメッキ加工を施した直後のマリアさまです。

 

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

 

 

メタルハウスでは、さまざまなデザインのアクセサリー金具を扱いますが、今回はスケルトンにフォーカスをおいてみました。

 

同じく鋳物にて一つずつ丁寧に大切な生地を作り出していきます。

 

 

 

 

鋳物にて製作した3種類のオリジナル金具です。

 

同じ様に見えますが、真ん中のパイプの高さが左の高さより微妙に低く作られています。

取り付ける商品に合わせて小さな微調整を行えるのも、長年の金具製作の経験からくる職人技なんですね。

 

右はカシメのホックが取り付けられています。

 

 

 

 

正面から見たデザインは同じ型を使っているので全く同じデザインに仕上がりますが、裏面にはそれぞれ違う用途に使用するパーツが取り付けられています。

 

こうすることで、お客様のイニシャルコストを抑え、ブランドの商品展開の負担を軽減する努力をしています。

 

 

 

 

真鍮製の鋳物で製作した、オリジナルデザインのスケルトンボタン金具です。

 

 

 

 

お客様の方で、製作の負担を減らすために、スケルトンがすっぽりと収まる”受け皿”を合わせて提供させて頂きました。

 

 

 

 

1つの型から、裏面のパーツを変更してアクセサリーのペンダントヘッドにしたり、アクセント用のホックにしたり、針を取り付けてピンバッジに仕様を変更したりと、自由にブランドのモチーフを使い分けることができます。

 

 

 

 

裏面に取り付ける仕様をお客様の方で、商品展開に合わせてお知らせいただければ、ロットの中から細かくお分けして納品することができます。

 

 

 

 

裏面に口の割れたリングを取り付けて、メッキ加工をし、ヘアゴムを最後に取り付けて、シュシュとして利用したり。アイデアやデザインは無限です。

 

 

 

 

もちろん鉄製のリングなので、ペンチを使用して口を丁寧に開きながら、ヘアゴムを取り付けていきました。

 

 

 

 

スケルトンで少しワイルドすぎますが、女性モノのデザインに変更すれば、イメージは一転します。

 

ブランドの脇役として、ちょっとしたアクセントとして、製作してみると面白いかもしれません。

 

 

 

オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法についてはこちらをご覧下さい。

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。
世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が詳しい内容をお聞きいたします。

お気軽にご連絡ください。


  

*メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。


 
メタルハウスでは、”オリジナル金具の製作”に合わせて、チェーンやフック、付属金具を含めた”金属小物の組み立て”や皮革製品の”縫製作業”、オーダーメイドの”完成品の製作”、”特注の記念品や贈呈品、プレゼント”まで、モノ作りのトータルコーディネートにて、お客さまの“アイデアやイメージを形にするお手伝いを始めました。”

金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

詳しくは:こちらまで

”オリジナル金具の製作から”〜”オリジナルの縫製作業、付属金具を含めた完成品の製作”までご興味のある場合には、合わせてお話しください。モノ作りを熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 



電話 

03-3616-6678 
(受付時間:月~金 am9:00-pm5:00 ※土日祝日は休業)

お問い合わせ
ページ
日本語


メール
info@metalhouse.co.jp

- More information -

HP 
Facebook 
Tumblr 

 


 

 

オリジナルネームプレート、チャーム、アクセサリー金具
Original Plates, Charm, Studs, Button , Slider fittings

 

メタルハウスは1933年、バッグや財布、革製品用の金具を主に製造する金具屋として創業致しました。

 

 

最近ではインターネットや、口コミなどを通して、ファッションやアパレル以外にも、建築、自動車、学校、飲食、サークル、医療機関、公共工事、、色々な業種のお客様からさまざまな種類のオリジナル金具の依頼をいただきます。

 

 

私たちの歴史と経験、そして磨き抜かれた技術にてお客様のイメージやアイデアを形にするお手伝いをさせて頂けることに感謝しています。



お問い合わせの中には、10枚だけで良いからオリジナルの金具が欲しい。また、5,000枚、10,000枚必要になられるお客様。メタハウスでは、お客様のご要望を可能な限り形にできるように努力しています。

 

 

このお客様は10枚の最高級品質のメタルネームプレートをご希望の事。

 

 

 

 

通常の型を作成して、量産するタイプのプレート作成とは異なます。その為に、刻印棒を製作し、サイズ決めをして、刻印の位置、深さ、幅、、、様々な工程を全て手作業にて行っていきます。

 

 

 

 

お客様ご希望のロゴを打つ位置が決まり、写真上部に見えるグレー色の刻印棒(日本刀の材料でとても硬い)を使い、一つずつ刻印を打っていきます。

 

 

 

 

メッキ加工を行う前に、お客様から頂いたイメージ画像と照らし合わせながら、最終チェックを行います。

 

 

 

 

金メッキの仕上げ。


重厚感、表面の艶やかさ、やはりメイドインジャパンの魂は未だに受け継がれています。

 

 

 

 

展示会用に10枚必要だったそうです。

 

磨きの光沢・下地の輝きが素晴らしいです。

 

 

 

 

 

私たちメタルハウスは、さまざまなロゴやモチーフを刻印、彫刻したオリジナル金具を作ることが得意な金具屋です。

 

映画TRANSFORMERSさま用に製作したオリジナルメタルプレートです。

 

 

 

 

イラストレーターにて作成して頂いた図面を元に金型を作成し、忠実に、オリジナルプレートに再現していきました。

黒バレルという、黒を基調にしたアンティーク仕上げのトランスフォーマータグになります。

 

 

 

 

 

こちらは1枚のみ特注で作成した、オリジナルメタルプレートになります。

 

67歳の誕生日がかけがえのない、世界で一つだけの特別な日になる事を祈りながら、作成させて頂きました。

 

 

 

 

デジタルな時代だからこそ、時間と手間を掛けることが大切に思える、職人の手仕事。

 

手間暇を惜しまずに手彫りにて作成していきました。

 

 

 

 

本当の1点もの。

 

お客様に届ける前に、キズが付かないように、両面をクリアテープで保護して、納品いたします。

 

 

 

 

 

中国地方にて、自動車の整備工場を経営しているお客様から、オリジナルのロゴ入り、メタルプレートのご依頼を頂きました。

 

通常は真ちゅうなどで、作成することが多いのですが、軽さを重視し、少々割高になってしまいますが、アルミニウム製でネームプレートを作成致しました。

 

 

 

 

生産に必要な母型の原盤をつくり、それを元に金型を丁寧に製作していきます。

 

商品全ての品質を決める大切な作業。

 

 

 

 

アルミニウムは真ちゅうの約3分の1の重さ、とても軽量です。

 

軽さや、やわらかさを追求するには素晴らしい素材ですが、メッキとの相性がとても悪い為、アルミニウムのプレートにメッキを付着させるには、非常に難しい金属の一つです。

 

 

できたてホヤホヤの金型を使いサンプルの試し打ちをします。

頂いた図面と照らし合わせながら、本生産の前の確認を作業をして、次の工程に移ります。

 

 

 

 

アルミニウムの地金の色です。

 

文字はもう既にはっきりと見えていますね。

 

 

 

 

量産には、長年使い慣れたプレス機を使用して商品を打ち抜いて行きます。

 

 

 

 

本生産用の生まれたばかりの、アルミニウム製オリジナルネームプレート。

 

質感だけ見ると、このまま商品にしたくなってしまうほど。

 

 

 

 

磨きの工程、銅メッキ、ニッケルメッキを厚付けし、職人が再度ブラッシングして作るニッケルサテーナメッキ仕上げ。

 

光沢ニッケルメッキにブラッシング加工を丁寧に一つ一つ加工するため、ヘアーラインは一つとして同じものはありません。

 

 

 

 

今回の様に、車の整備手帳に使う金具をご依頼頂けるなんて、やっぱりインターネットのつなげる力ってすごいですね。

 

私たちを信頼して、全国からお声を掛けて頂けることが、本当にありがたいですね。

 

 

 

オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法についてはこちらをご覧下さい。

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。
世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が詳しい内容をお聞きいたします。

お気軽にご連絡ください。


  

*メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。


 
メタルハウスでは、”オリジナル金具の製作”に合わせて、チェーンやフック、付属金具を含めた”金属小物の組み立て”や皮革製品の”縫製作業”、オーダーメイドの”完成品の製作”、”特注の記念品や贈呈品、プレゼント”まで、モノ作りのトータルコーディネートにて、お客さまの“アイデアやイメージを形にするお手伝いを始めました。”

金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

詳しくは:こちらまで

”オリジナル金具の製作から”〜”オリジナルの縫製作業、付属金具を含めた完成品の製作”までご興味のある場合には、合わせてお話しください。モノ作りを熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 



電話 

03-3616-6678 
(受付時間:月~金 am9:00-pm5:00 ※土日祝日は休業)

お問い合わせ
ページ
日本語


メール
info@metalhouse.co.jp

- More information -

HP 
Facebook 
Tumblr 

 


洋服、バッグ、アクセサリー、ペット、雑貨用、メタルハウスオリジナル金属パーツ

Original Fittings For Bags and Pet Goods.

 

 

私たちメタルハウスでは、国内外さまざまなお客様向けに、お客様オーダーメイドのブランドオリジナル金具や、メタルハウスオリジナル開発のオリジナル金具を提供しています。

 

 

こちらは20年近くお付き合いをしている、シンガポールにて爬虫類のバッグを製造しているお客様向けに製作したメタルハウスオリジナルの手カン金具です。シンガポールは熱帯地域に属し、一年中湿度が高いために、透明のクリアラッカー(塗装)をして製作していきます。金属の表面に透明の薄い被膜をコーティングすることで、これで、湿度の高い国々でも長くに渡って、金具を愛用していただける事ができるようになります。

 

 

メタルハウスでは基本的には変色を防ぐ為に、クリアラッカーを最終加工に施しますが、キーホルダーや、金属同士が擦れあったす、ぶつかったりする様な箇所では、クリアラッカーを施さない仕上げもあります。  

 

 

まずは、挽き物という金属を削り出す技術を使い、地金の板材をデザインの長さに切断し、形を作り出していきます。

 

 

 

的確に切断加工された金属の材料から、必要な溝や穴、ネジなど、様々な加工を施していきます。

 

 

 

 

真鍮を削りだし、形を整え、リングを溶接する為に、リングと本体部分をスポットしていきます。(軽い電気使用して、金属と金属とを仮止めする方法)

 

 

 

 

真鍮のリングと本体がイメージ通りに仮止めされています。

 

もちろん仮止めの為に、取り扱いを慎重に行って、次の本溶接の加工に移ります。

 

 

 

 

仮止めの後は、純銀と真鍮とを絶妙な温度でロー付け溶接して行きます。

 

商品を段取り良く配列していき、順序よく、均一にロー付けできるようにしていきます。

 

 

 

 

真鍮と銀とが絶妙なタイミングで溶け合うのが約800度。

もっと近づいて撮影したいのですが、800度となると近づくのも容易ではありません。

 

 

 

 

ニッケル+クリアラッカー仕上げとなってます。

 

安価な海外の商品は比較的クリアラッカーを施す工程を省くことが多いのですが、私達は、お客様に長く愛用していただける金具を提供できるように、目に見えない部分に小さな加工を施すことも忘れていません。

 

 

 

 

私たちの職人たちは、体の一部のような、長年連れ添った機械や道具を自由に使いこなしながら、お客様のイメージやアイデアを形にしています。

 

 

ほんの小さなブランドの一部分、記念品やノベルティー、毎日の生活に花を添えられるように、オリジナル金具開発の技術を磨き続けています。

 

 

 

 

切る、削る、曲げる、抜く、彫る、打つ、溶接する、刻印する、、、ひとつのオリジナル金具を作るにも、たくさんの技術と経験が必要になります。

 

私たちメタルハウスは多くの職人たちと、お客様のアイデアやイメージを形にできることを心待ちにしています。

 

 

 

 

私たちが多く製作する金具は、ブランドのネームやモチーフが刻印、彫刻されたオリジナル金具がほとんどです。犬の首輪、リード等を販売なされているお客様、バッグブランド用、靴のオリジナルのロゴを入れた手カン、美錠のご紹介。

 

 

まずはロゴの位置を確認し、的確に、製作に金型をセットしていきます。

 

 

 

 

数回の調整を行いながら、ちょうど中心にお客様のブランドネームが入っているのが分かりますか?

 

 

 

 

この角度からは非常にロゴがはっきり見えますね。

 

 

 

 

ワンちゃんの首輪に使用し、ナスカンを取り付けられるように設計されています。

 

 

 

 

メッキ、艶出し加工直後の手カン、美錠。

 

 

 

 

ロゴを彫刻した原型をつくり、生産用の鋳物にて型を移し、その後生産されたピン付きのバックル。

 

メッキの仕様によって、メッキをバラバラに加工して、ピンを後付けにしたり、今回の様にピンと一体にてメッキ加工をしたりと、オーダーメイドの金具の製作に一つとして”同じ”はありません。

 

 

 

 

金古美という真鍮色に黒いぶしを加工して、バフにて研磨しながら薄くヘアーラインを加工した商品です。文字の中やバックルの内側部分に黒のいぶしが残り、絶妙な表情を持つ金具の仕上げです。

 

こんな加工をしたい、こんなメッキの色に仕上げたいなど、小さなことでも構いません。メタルハウスに投げかけてみてください。イメージやアイデアを形にするお手伝いをいたします。

 

 

 

 

バッグブランドさまオリジナルのロゴが刻印された手カン。

 

 

 

オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法についてはこちらをご覧下さい。

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。
世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が詳しい内容をお聞きいたします。

お気軽にご連絡ください。


  

*メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。


 
メタルハウスでは、”オリジナル金具の製作”に合わせて、チェーンやフック、付属金具を含めた”金属小物の組み立て”や皮革製品の”縫製作業”、オーダーメイドの”完成品の製作”、”特注の記念品や贈呈品、プレゼント”まで、モノ作りのトータルコーディネートにて、お客さまの“アイデアやイメージを形にするお手伝いを始めました。”

金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

詳しくは:こちらまで


”オリジナル金具の製作から”〜”オリジナルの縫製作業、付属金具を含めた完成品の製作”までご興味のある場合には、合わせてお話しください。モノ作りを熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 



電話 

03-3616-6678 
(受付時間:月~金 am9:00-pm5:00 ※土日祝日は休業)

お問い合わせ
ページ
日本語


メール
info@metalhouse.co.jp

- More information -

HP 
Facebook 
Tumblr