エレベーターマジック

テーマ:
今や主要な駅でなくても都内や都内近郊では割と当たり前に設置されてるエレベーター。

ショッピングセンターやマンション、ビルにも当たり前にあるエレベーター。


{7396A819-2E1E-46E9-9E7D-3FFD10E3C107}



エスカレーターに比べて、登る階数が多い時などには必ずと言っていいぐらい使ってます。


しかし、使うたびに思うこと。


最初に並んでて最初に乗り込んだ人が降りるの最後になりがちなのおかしくない? 

最後に乗った人が一番最初に降りて目的地に達成するのずるくない?


私とエレベーターに乗り合わせた人は
「開くボタン押すのが最初に乗った人みたいな暗黙のルール、うち破ってやる!」
という私の密かな抵抗の犠牲になっていることと思います。
ごめんなさい。


心が狭いのかもしれません。

もしくは東京で働くうちにタイムイズマネー精神が染み付いてしまってる可能性もあります。




皆さんは

エレベーター、
最初に乗るか
最後に乗るか。




この問題について、
どうでもいいことと思える人が羨ましいと思います。



私は最初に乗る場合、
扉の両側にボタンがなければボタンがない方、
両側にボタンがある場合は奥に乗ります。
で、さらっと2,3番目ぐらいの降者に落ち着くのが常です。


最後に乗る場合、
なるべく手前の端、ボタンがあるところに近いところへ入り込み、閉めるボタンは自分で押すように心がけ、降りた後は上か下のボタンで光ってる方を押して、ある程度人が降りたらフェードアウトという手法を取ってます。



先に乗った人を優先するのがスタンダードだという私独自の思いからのことですが、そんなこと乗り合わせた人にはどうでもいいことなのも感じています。



でも…どうでもいいとは思えないため、
これからも乗り合わせた人にはこのスタイルを貫いてしまいそうです。


例外として、日頃からお世話になってる人や友達といる時は移動時間も大切な時間なので、そういう場面でのエレベータータイムは最初に乗るポジションをありがたく思ったりもします。
自分勝手なものですね。




ここから思うことは、



人それぞれ時間に対する捉え方が違う



ということ。



{E956DFFD-4792-4E69-BAD6-D600F8808F85}





ネイルの施術時間もきっと同じことが言えると思います。


ネイリストにとって充分な施術時間は
お客様にとって長く感じることもある。


ネイリストにとって施術時間がタイトすぎると感じても、お客様にとってはベストである場合もある。



人はそれぞれ、その時に大切にしてることがあり、費やせる時間もまた人それぞれ。



そのことを感じ取って、サービスに反映することができれば自然とお客様が増えると思います。



サロンでの施術時間はお客様にとって適正に保たれていますか?


ネイルタイムの長さはスタッフによって違いがありませんか?


自店の強みを打ち出すために、
ターゲット特性を知り、ターゲットが求めるであろう時間の価値に施術時間を合わせる努力は
サロンにとって必要なことだと思います。


施術手順のマニュアル化、効率化は
続けてれば何とかなるものではなく、
作り上げていくものです。


何となく続けてることを明確にすると想像以上に売上に繋がるので、サロン運営をされてる方は施術手順の見直しをしてみることをオススメします!





吉岡妙子

 

Facebook  お友達申請待ってます!「ブログ見た」と一言メッセージくださいませ。 

ブログ  サロン運営のあれこれ

Salon essentials.  「あると便利!がある」お店。

●もっと詳しく聞きたい方、お悩み相談はコチラから

 






AD