10月とは思えない台風一過の酷暑で迎えた運動会、かけっこ一等賞がたくさん生まれ、微笑ましさで満開の花を咲かせた翌日、秋季大会三部ベスト8が開催されました。前日の疲れが懸念される中、対戦相手は春季大会三部で惜敗した因縁の相手、場所は葛原スポーツ広場、何故かここ数年一度も勝てない三塁側ベンチ。不安に包まれた準々決勝は早朝の第一試合で始まりました。

 

 

先発は秋季大会3戦連続となる四年生。一度負けた相手には絶対打たせない、そう意気込んでマウンドに上がりました。試合展開から監督から交代を打診されるも、「投げます」とマウンドを譲る気がありません。最終的には交代するも、前回の試合同様、無失点に抑えました。

 

 

2番手でマウンドに上がった四年生。最近調子を落とし気味でしたが、この日は復調。持ち味の球のキレが復活し、先発同様、点を与えません。そのストレートを待っていたんだ!

 

 

投手の好投もさることながら、この日、ひときわ輝いたのは守備陣。三振によるアウトが多い4年生以下の学童野球において、両投手で奪った三振はわずかの「2」。相手チームの打撃が特によかったことも理由ですが、試合後に他チームの方からお褒めの言葉を頂けるくらい各選手がそれぞれ完璧に守り切りました。あっぱれ!

 

好プレーの数々で流れを掴んだウイングス。試合前の固かった表情が溶けていき、いつもの笑顔が飛び出します。「楽しく笑顔で野球する」プレーの数々にコーチ陣も脱帽です。

 

 

ピンチの場面では、しっかりお互いで確認し合います。

外野陣は得点差、アウトカウントとランナーの位置を話し合ったそうです。

 

 

内野陣は、ランナーのこと、アウトカウントのこと、1つずつ確実にアウトをとること、お腹空いたことを確認し合ったそうです。

…お腹空いたこと???

 

 

特に守備陣の活躍が光り、2戦連続シャットアウト勝ち!野球初めて1年しか経っていない選手が多い中、ここまでの躍進を誰が予想出来たでしょうか!

 

また、残念ながら試合に出場出来ない選手のベンチワークも格段に進歩を遂げています。どこにも負けない応援力、試合球対応など、まだまだ成長の余地はあるものの、自発的に動ける選手が増えました。そんなところに注目してみると、翼戦士達の成長がより一層楽しめると思います。

 

 

さて、MVP。

どこから見ても守備陣全員です。この試合はチームの総合守備力で勝利をもぎ取りました。ゴールデングラブ賞やないか!と某コーチは最大限の称賛を送っていましたが、誰が一人に絞るのはとても難しい。だからこの日は、そんな守備陣の一人として活躍し、先制のホームを踏み、怪我からの復帰後元の球威が取り戻せない中、完全なる復活をコーチ陣に知らしめた四年生に送ることにしました。

MVPおめでとう!もう怖いものは何もない、翌週も大活躍してね!

 

 

誰がMVPかわからへん…

でも、仲が良くて何よりです。この和をいつまでも続けていきたいです。

 

 

運動会の翌日の早朝にも関わらず、非常にたくさんの方々が応援にお越しくださいましてありがとうございました。OB選手の応援もあり、非常に心強かったです。残念ながら、大会規定によるベンチ入り可能人数を超えている関係でベンチ外からの応援になった二年生も最後までよく応援出来ました。まさか自転車で応援の来られる方がいるとは思いませんでした!多分、今日の裏MVPです。

これからも、選手が感じている楽しさを皆様にもお届け出来るよう全力を尽くす所存です。

 

 

さぁ、次は準決勝。

ここまで出来すぎなのか、それともこれが実力なのかが試される重要の一戦です。

年初に掲げた「笑顔で楽しく野球して、優勝」に向かって、ノンストップで走り切りましょう!