Taiki SEKII's Blog
Amebaでブログを始めよう!
山形蔵王温泉スキー場というところのマスコットが

たいきくんというらしいのです。


僕と同名と言うことで気になり、

調べてみたところ、

「今からおよそ20年前1992年

山形県で誕生したゆるキャラが「たいきくん」です。

今でこそ、ゆるキャラという言葉が定着していますが、

たいきくんは、その先駆けになった存在かもしれません。」

ということでした。

その画像がこちら





$Taiki SEKII BLOG


ゴーストバスターズですね、分かります。


山形市蔵王温泉では、現在

たいきくんがデキ婚して生まれた

「たいきくんJr.」の名前を募集しています。



たいきくんJr.
$Taiki SEKII BLOG



共感覚の謎、最新技術で解明進む
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111124-00000001-natiogeo-int

$Taiki SEKII BLOG


「最近の研究で、芸術家や詩人、小説家には、それ以外の人より共感覚者が約7倍多いと示されている。…共感覚者の中には、円周率を2万2514桁まで暗唱するなど、驚異的な記憶力を発揮する人がいる。」

だそうです。


これだと一瞬

「共感覚者は驚異的な能力を持っている。」

と、勘違いしそうになります。


違います。


現に何の能力も無い共感覚者も存在します。

僕のように。


飲みの席で第六感とかそういう話になり、

共感覚者だと言ってしまったことがあります。



「共感覚で何かやって~♪♪☆」

と言われても何もできません。




Taiki SEKII BLOG


学会発表や就活など人前に出る機会があったため、

生やしていたヒゲをきれいに剃りました。


1週間で2回、道を尋ねられました。

人見知りなのでこういうのはあまり得意ではないです。

根暗の僕も、ヒゲがないとサワヤカに見えるようです。

容姿だけで判断しないで下さい。


就活も終わり、ヒゲも元通りになりました。


自転車に乗っているとき、

おまわりさんに呼び止められ盗難自転車か調べられる、

ということがよくあります。

ヒゲを生やして怪しく見える僕はなおさらです。


1週間で2回、呼び止められました。

容姿だけで判断しないで下さい。



今日も大学へ行くため、バス停でバスを待っていました。


するとバスではなく、

普通の乗用車がバス停に停まりました。

そして二人の中年男性が乗用車から降りて

話しかけてきました。


「にぃちゃん、ちょっと聞きたいことあるんやけどなぁ。」

と、警察手帳を見せられました。

おまわりさんです。


こんな善良な市民に何の用でしょうか。


話を聞くと、空き巣の犯人が逃亡中だそうです。


僕は善良な市民です。




身分証を確認され連絡先・氏名を控えられましたバス停で1時間に1本のバスを待っている旨を説明しましたPCが入ったカバンも見せました電車を乗り継いでバス停まで来ているので乗車時刻の記載された電車の回数券カードを見せたりもしました…。


さて、

逃亡中の犯人が、

重いPCの入ったカバンを持ち

電車を乗り継ぎ

ジャストミートのタイミングで

1時間に1本のバスに乗ろうとするでしょうか。


やっと、おまわりさんは納得したようです。

丁度バスが来ました。

僕はバスに乗らねばと、歩き出しました。


すると、おまわりさんは、

「ご協力どうもありがとね~。」

と言いながら、僕の肩をポンポンし、


僕の服とズボンのポケットを

ポンポンしました。



容姿だけで判断しないで下さい。




僕のよく行くスーパーは、

大体5時頃から割引シールを貼り始めます。

なので、いつもその時間に合わせてスーパーへ行きます。



最近のことです。


その日は少し遅い時間に行ったため、

割引商品はすでになくなってると思いきや、


ちょうど近くの商品コーナーで

店員さんが割引シールを張り始めました。


しかし僕は、ガッついてる感を出して

店員さんにプレッシャーをかけてしまわないように、


張り終わるのを待ってから、

満を持して、商品コーナーへ行ったのです。





Taiki SEKII BLOG




Taiki SEKII BLOG


どうやら、僕のヌケてる性格は母譲りだったようです。


車で出かけようとしていた母親に、

ついでに本屋まで乗っけてってもらうことにしました。
(チャリはパンク中)


家の近くには本屋がいくつもあるので、母には

「どの本屋でもいいから、大きい本屋で降ろして」

と言いました。


車が走り出した後、

僕はすぐにケータイに夢中になりました。

数分後停車し、「着いたよ」と言われ

パッと外を見ると、そこは



信長書店でした。


確かに大きいけど。

母は普通の本屋だと思っていたようです。