あなたの居る空間は
幸せ。




あなたの匂いを嗅いでるときは
幸せ。





こういった心の声は

いつまでここに書くことができるのか。




また

いつか終わるときが来るのか。





来なければいけないけど

来ないでほしい。






照れた表情を隠すようになったね。

よく話してくれるようになったね。

強がりは体に悪いからね、弱音は吐いてもいいんだよ。

弱音を吐いたとしても充分頑張っているんだから。



あなたの匂いを思い出しながら寝よう。