縁のある人とは、どんなにひどいケンカをしても縁が切れない | 男性セラピストの女性専用リンパマッサージ東京横浜
新型コロナウイルスに関する情報について

男性セラピストの女性専用リンパマッサージ東京横浜

個人男性セラピストによる女性向け出張リンパマッサージ、アロマオイルマッサージを横浜・東京へ出張致します。もちろん整体、リフレクソロジーも出張主体に営業。

オーラの泉スペシャル5(2006/04/24放送)


船越英一郎さん







○突然父親になった心境

結婚するとき、息子は小学4年生だった。
いきなり父親になった。

初めて会ったときは、幼稚園。
すごく怖かったので、何年も逃げ腰だった。


会いたくない、と妻に言っていた。
→もし二人が別れてしまったら、傷付けてしまうため。

その後、どうしても会わないといけない機会が出来た。



→2人きりでデパートに行っておもちゃを買ってあげた。

 しかし、息子が遠慮してしまい、2つお人形が欲しかった
 ようだが、1つを買ってあげた後、


「あれも欲しかったな」と
 言ったため、もう一つを取りに行った。

 →そのとき、息子が「パパ」と言って手を振ってくれた。パー




  →船越さんは、唐突に重い言葉を言われたので、
   「俺は君のお父さんじゃないからね」と言ってしまった。しょぼん



   →その後に妻に話したら、怒られた。
    子供は本当に「パパ」と言いたかった。しょぼん


    →残酷なことを言ってしまって、申し訳ないこともあり、
     会わないほうが良いと思い、逃げてしまった。






→妻が子供を連れて、沖縄に傷心旅行へ行き、
 船越さんを見限ったことを宣言した。


 →息子は「あいつ(船越さん)以外認めないぞ」と言った。




縁のある人とは、どんなにひどいケンカをしても
縁が切れない




と美輪さんがコメント。



→縁のあるつながりは切れない。
 別れが激しいほど強く結びついていく。




「縁無き衆生は度し難し」
縁の無い人とは、どんなに惚れても別れるように
 なっている。







○熟年結婚の真相



前世では、本当の親子だった。
→息子さんと結婚したようなもの。





○前世

日本のお侍さん。
→今世の息子さんが、前世の本当の息子さんであった。
 
前世でも親子であり、息子もお侍さんだった。




息子さんは、父親を守るために亡くなっている。しょぼん
→前世では意見の食い違う親子だった。
 息子の戦略が正しかったが、その戦略を取らなかった。




 →敵に囲まれてしまった際、息子さんが人身御供になり、
  その間に父親は撤退した。



  →今も息子さんは、少し無鉄砲なところがある。
   心配だが、それは父親に対する愛情。


   デパートで「パパ」と呼んだのは自然。
   計算するような子供ではない。

   前世でも親子であり、今世でも会えたから。
   息子さんがいなければ、結婚はしていなかったはず。




今世では親子ではなくても、前世で親子だった場合、
趣味やクセや好みが似てくる、
と美輪さんがコメント。



→船越さんと息子さんの顔が似てきている。





奥さんの前世

武家へ奉公に出て、働きっぱなしでとても苦労を
している人。


→前世でも船越さんと縁があり、船越さんの前世の
 武家にも奉公に来ていた。



働くことが細胞の中に入っている人。
→「働かざる者食うべからず」



たらいで洗濯をしている姿が見える。



→今も手洗いが好き。叫び
 全自動洗濯機をなかなか買わなかった。








○結婚



息子は「お嫁さんにもらってもらえるか、僕が聞きに行く」




「お嫁さんにしないなら、二度と行かせない」と言った。





→5年間付き合っていたが、結婚の話は避けていた。
 →初めて結婚の話をしたら、船越さんは「考えさせてください」
  と言った。



  →今日決断をしなかったらもう会えないため、思いのたけを
   語り、決断を迫った。


   →船越さんは2時間半悩み、「一緒に生きていこう」と
    言ってくれた。







その後、息子に「お父さんと呼んでみたら」と言ったら、



息子は
「お父さんと呼んで欲しかったら証拠を持って来い」と言った。



→婚姻届、という証拠。
 →しっかりしている、と美輪さん。



婚姻届と養子縁組を同じ日に行った。
→帰ってきたら、息子は「パパ」と呼んでくれた。
 →船越さんは泣いていた。






→今までの辛さが苦しいほど、幸せになったときのありがたみの
  感じ方が何百倍にもなる。

  →苦労は後で考えるとありがたいことでもある。






○流産

一番辛かったことは、船越さんとの子供が流産してしまったこと。


→船越さんとの子供が本当に欲しくて授かったが、検診に行ったら
 「心臓が動いていない」と言われた。


 →立ち上がれないほどショックを受けた。



  →船越さんは「自分の子供が欲しいなら、他の人と結婚して
   いた。僕は君と生きて行きたい。
一人、僕たちの子供が
   いるじゃないか」と言ってくれた。





皆が相手のためを思った、と美輪さん。

→赤ちゃんも自分が生まれ出たら、「生さぬ仲」で色々なことが
 あるから、出ないほうがいい、とみんなのためを思ってくれた。






 →生さぬ仲とは、血のつながりのない親子関係。
  →今から思えばそう思う、と松居さん。




今もいらっしゃる、と美輪さん。


→この世に生まれ出なかっただけ、と江原さん。
 →二人の間に子供を授かったのは事実。


  →今は永遠に生き続けているので、いずれは一緒に暮らす
   ことができる。



   →先の楽しみが出来た、と江原さん。