「スパイラル」

身近で聞くのは「デフレスパイラル」や「負のスパイラル」があります

 

デフレスパイラルは商品などの価格が安くなることで陥るスパイラルのことで

一時期は大変な問題となりました

代表的な例として牛丼の価格がその象徴としていまだに語り継がれています

(苦しかった時大変お世話になりました)

もちろん良いスパイラルもあります

「インフレスパイラル」は「デフレスパイラル」の逆ですがあまり市場で感じたことはありません

これもデフレスパイラルの影響と思われます

 

筆者は氷河期世代なのでインフレスパイラル効果は

バブル期世代の方が受けた話を聞く程度です

と兄(バブル世代)に言われました

 

現在はどうでしょうか?

とてもインフレとは感じません

寧ろデフレスパイラルになっているのかなと

良い時を経験していない筆者は常に家計内のデフレスパイラル

そこでは内部留保を厚くするために常に目を光らせており

嫁とはまずそこで口論となります

電気代かかりすぎ、この食材は高いところで買っていると

必要経費の話が無駄だの節約だのが日常のセリフとなり

同じ空間にいる子供には息が詰まる家になっているのではと思ってます

そしてお金の使い方

経理をしている筆者としては大変細かいためにこれも嫌われる内容です

会社でも家でもコストを掛けない心掛けでいるために経営的には問題ないですが

仕事や家庭を回していくことでは嫌われ役になっております

わかってはいるもののいざ対面的に感じると辛いですね

やり過ぎてしまうとここからデフレスパイラルを作ってますね

と思われてますね・・・

 

こうして負のスパイラルは良い事がありません

スパイラル中に何か策を講じないと永遠に続くことになってしまいます

そこで準備や対応を常に考え、そして何か行動をすることが一番大事かなと

考えているだけ?(考えているふり?)だと何も始まりません

考えているならばその結果を議論なりして即行動としたいです

気が付かない

何もしないのが一番悪い対応だと思います

筆者は防衛的ペシミストですが皆さんはいかがですか?