神戸サンメディア〜印刷・デザインの話と看板猫クロベタ写真アルバム

神戸サンメディア〜印刷・デザインの話と看板猫クロベタ写真アルバム

株式会社サンメディアは、神戸の印刷デザイン会社です。モノクロ写真(白黒写真)をカラー写真にします(実用新案取得済み)。プロフィールの黒猫は、当社の看板猫のクロベタ(BK100)です!

Amebaでブログを始めよう!
印刷に使う写真等の画像データのファイルフォーマットは、「EPSF」「TIFF」「PSD」「JPEG」です。

EPSFのEPSとは、Encapsulated PostScriptのことで、PostScriptというスクリプト言語で記述されているファイルフォーマットです。PostScriptという言語は、DTP黎明期にアドビシステムズが開発したページ記述言語で、EPSFはこのPostScriptをベースにしています。従ってファイル自体の中身はテキストデータです。EPSFは、ベクトルデータとビットマップデータの両方を含むことができるので、写真等の画像ファイルだけではなく、レイアウトデータなどでもこの形式で保存することがよくあります。EPSFの拡張子は「.eps」です。

TIFFは、「Tagged Image File Format」とことで、マイクロソフトとアルダス社(当時)が開発したファイルフォーマットです。アルダス社はアドビシステムズに吸収合併されましたので、現在はこの仕様はアドビシステムズが著作権者のようです。このファイル形式もDTP黎明期からありますが、EPSとは異なりTIFFはビットマップ画像を符号化したものですで、レイアウトデータをTIFF保存するこはほとんどありません。主に写真等のビットマップ画像で使います。TIFFの拡張子は「.tif」または「.tiff」です。

PSDは、「Adobe Photoshop」で作ったデータを保存したときの標準ファイル形式です。このファイル形式のまま印刷入稿して刷版することはあまりありませんが、ファイルの取り回しが良いということもあり、制作サイドからするといろいろと効率的で便利なので、レイアウト作業中はこのファイル形式のまま使うこともよくあります。PSDの拡張子は「.psd」です。

JPEGは、画像ファイルの一般的なファイル形式ですので、デジカメの保存形式などでもお馴染みのファイルフォーマットです。「Joint Photographic Experts Group」のことで、このファイルフォーマットを作った組織の名称が由来です。お客様から提供されるデジカメのデータなどはほぼこのJPEGデータですが、デジカメデータはカラーモードがRGBということで、印刷用のデータとしてそのまま使えることはほとんどありません。JPEGの拡張子は「.jpg」です。

この他にもbmpやpngなど、様々な画像データがありますが、bmpやpngをそのまま印刷用として使うことはありません。これらの画像データを提供されたときは、画像解像度が低いことが多いですね。またカラーモードを変換する必要がありますが、カラーモードをRGBからCMYKに変換すると必ず色目が変わります。この辺のことは、また改めて解説したいと思います。



神戸で印刷・デザインならサンメディア

テーマ:
色校正とは、印刷する前に色目のチェックをするのが目的で、大別すると「本機校正」と「簡易校正」があります。

本機校正は、実際に使用する
用紙と印刷機を使って行います。
当然、版を作ります。
ほぼ実際の印刷仕上りの色目になります。
費用は1回につき数万円程度かかります。
時間もかかります。

簡易校正は、版を作らず、出力機等で行います。
デジタルコンセンサスとか、デジコンとか呼ぶ場合もあります。
簡易校正は、実際の印刷の色目とは変わります。
従って簡易校正での色目の確認は、あくまでも目安になります。
簡易校正の色目と同じ印刷仕上りになるわけではありません。
費用は1回につき数千円程度です。




印刷・デザインの神戸サンメディア

テーマ:
封筒には、大きく分けると、「長形」「角形」「洋形」の三種類があります。
「長形」は、短辺に封入口があり、長さが幅の倍数より長いものを言います。
「角形」は、長さ寸法が幅の寸法の倍数より短いものを言います。
一般的には、「長形」は手紙などを入れる小さな封筒、「角形」は書類などを入れる大きな封筒というイメージです。
「洋形」は、長辺に封入口があるタイプです。裏側は「ダイヤモンド貼り」と呼ばれる貼りあわせ方をしていることが多いです。欧米で一般的な形状の封筒です。グリーティングカードや結婚式の案内などに使われたりしています。



神戸で印刷とデザインならサンメディア

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス