2005-02-24 14:31:34

快楽という名の

テーマ:ブログ
快楽という名のモノモライは、お前の脳みその中でこそ、生きながらえるが、ぼくの心には絶対に住み着かない。お前は、必ずといっていいほど、無理をして、美味しいものを食べようと試みるが、すべて、水の泡になる。ハズだ。
あぁ、ぼくはここでいったい何がいいたいんだろう。たぶん、というか、ぜったいに何もないんだ!!そうか、常に感じていたことだけど、ココには、何もない。ココではないどこかへ。その道を探すための旅の途中に、ココがあるんだと思う。なぁ? そう、思うわないか、おい? 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-22 19:29:32

ロバート・キャパ

テーマ:ブログ





“キャパが、ーーカメラとは、決して冷たいメカニックなものではない、ということを、なによりあきらかにしたことは、何人も同意するだろう。恰も、ペンのように、カメラも使うひとによって、総てが、決められるのだ。それは、じかに、人間の理性と感情につながっているのである。”

と、いったのは、ジョン・スタインベックである。
さて先日、日本橋三越で開催していた(~20日で終了)ロバート・キャパ写真展、キャパ・イン・カラーに行ってきた。
戦争写真家として日本で最も人気のあるロバートキャパ。そのキャパが撮影した、第2次世界大戦の未発表写真が、この度大量に発見された。注目すべき点は、そのすべてがカラー写真であること。ノルマンディー上陸作戦などの名作を残した彼の写真は、そのほとんどがモノクロだった。しかし、あまり、知られてはいないが、彼はカラーも撮っていた。これらの写真からは、60年あまり前の世界が、色褪せることなく伝わってくる。
ただ、実際に見て、モノクロとは大きく異なる点を見出した。被写体となる人間のほとんどに感情というものがないのだ。あったとしても、それはなにか撮る側の意図が強く反映されているように思えた。だから、それらカラーの写真を見て、最初に感じたのは、すべてをある考えに基づいて描いた質の高い絵、のようだ、ということだった。
対して、モノクロには、特有の哀しさがある。また、「ちょっとピンぼけ」で知られているような、流れるような全体をもってして、それを強調する。
つまり、スタインベックがいった理性や感情は、「現実」なのだ。だが、キャパのカラーは、現実を映し出さない、あえて(?)。もっと違う、ココではないどこかの、ある風景を写しだす(実際は、被写体は爆撃に向かう直前の飛行士だったりするのだが)。
突然だが、9月11日のテロ事件の映像を思いだしてほしい。旅客機がビルにぶつかる瞬間の映像。あれを見た瞬間にすぐ現実と受け止めた人は何人いただろうか。たぶん、大多数の人が、映画みたいと感じたのではないか。これと、同じような感覚がキャパのカラー写真にはあるのだ。
だから、今、こういう感覚がある今、になってカラー写真が発見されたのは、ただの偶然ではない。ぼくはそう思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-02-21 19:08:44

へいへい!

テーマ:ブログ

へいへいへい!! …ということで、ワッサワッサ、ワッツアップ??
いきおいで始めてみた、このブログ。書くことに意味があるんだ!このブログ。実は、今ぼくは就職活動中。毎日かなりのハイペースでやっている。春休みなのに!でも、とにかくやるしかない、この就活。I gotta keep my head up!

では、上のロバート・キャパ・レポートに続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。