なんと前回のブログ更新から一か月も感覚があいてしまいましたびっくり

 

みなさま、ご無沙汰しておりますニヤニヤ

 

私事ですが、今まさに私の世界がガラリと変化している最中で。

 

私自身、人間関係、現実世界、精神世界、いろんなことが音をたてて変化しています。

 

この変化はいつからかというと、6月からで、私の運気通りでした。

 

というのもこの6月に私に巡ってくる運気は、「偏財・帝旺」だったので、一気に周囲の状況が変わる運気だったのですね。

 

もし、まわりの状況に変化がなければ、それはうまくいってないことになるような月でした。

その運気通り、私のまわりの状況は一気に変わり、そのまま7月の運気、「正財・衰」に突入。

 


まわりの環境ががらりと変わり、この月が今年1番の穏やかで良好な時期になりました。

 


いまもまだ、四柱推命の暦上、7月の運気なので、穏やかではあるけれど、確実に私の根本の想いが反映されるように現実が動いています。

 


そんな7月ももうすぐ終わり、8月8日から8月の「壬申」の月に入ります。


 

壬は海、申は季節は秋、五行に分類すると金。

 


四柱推命では金は水を生じるので、8月の壬申は月運気としてはとても勢いがあるし、流れもスムーズ。


 

今まで滞っていたものがスムーズに動き出すかもしれません。

 


大海原へ向けて冒険の始まりです。

 


やりたいことを自由にするのが良い運気です。

 


と、これは一般的な運気ですが、私にとっては天剋地冲ニヤ(だから絵のチョイスよ)


 

前回のブログでも書きましたが剋されるほうで、水火の激突はなかなかに激しいのですよ。


 

なのでどんな8月になるかわかりませんが、こういう運気の時こそ、「人にも自分にも嘘をつかずに正直に生きること」ただ一つこれだけのことを徹底して意識する、それだけで良いのだと思っています。


 

ちなみに余談ですが、私は命式内ににも「水火の激突」があるので、学ぶことは好きですが、その学んだことを表現するのはなかなかに大変なのです。

 



というのも四柱推命では水は知性、火は表現。

 



なのに私の命式には両方あるので、水が火を剋するため、表現したほうがいいことはわかっていても、表現に意識が向かないし、アウトプットしたいという気持ちも剋されているので、圧倒的に水の力が強いのです。



 

なんせ命式の半分は知性なので。

 



逆に火が強い人は水を消してしまうと、知性が淘汰されてしまうので、表現が先走りがちになったりするのですよね。

 



と、また今日も思うままにつらつらと運気について書いてみましたが、まとめると8月はやろうと思ってたことをやる、本来の自分を解放して自由にしてあげると良い月になります。

 



旅立ちの時というのかな、それに適したタイミングになります。



 

重たく沈んでいた心の重りをあげて、大海原に出る時ですニコ