心に残る旅をしよう

心に残る旅をしよう

ロサンゼルス・ラスベガス・ハワイ・プーケット旅行記 
Marriott Vacation Clubを中心に段取り君が
プライスレスな家族旅行をプランニングしていく旅行記です

チャンギ空港へ到着しました。
主人が一時預かりの荷物を
引き取りに行ってくれてる間に
ラウンジへ向かいます。
 
 
今回は22時50分に
第3ターミナルから出航です。
第3ターミナルの
クリスフライヤーゴールドラウンジ
へ向かいました。

 

 

このTWGの裏の

階段を上っていきます。

 

 
地図にあるように、ラウンジは
LEVEL3にあるのです。

 

 

 

途中、フードコートもあり

そちらで有料で食事をしている

人も多くいました。


さて、ゴールドラウンジへ

到着しました。

チケットとSFCカードで

入室可能です。

わかりづらいんですが価値が

金と銀が逆。

 


シルバークリスラウンジが

ビジネスクラスやファーストクラスが

使用するハイエンドのラウンジ

ANAのダイヤモンド会員も利用可能。


クリスフライヤーゴールドラウンジは

プレエコ利用者かスタアラ航空会社

上級会員で利用可能。

我が家はSFC会員です。


 

 
まずはゲート確認。
変更になるとまた移動時間を
考えなくてはなりません。
この時、21時21分。
離陸の約一時間半前です。
 
30分前に搭乗とすると
ゲートまでの移動もあるし
1時間もラウンジにはいられない感じ。

 

 

 
クリスフライヤーゴールドの
フードは結構充実してます。

 サンドウィッチに

サテー(焼き鳥にゴマソース)
肉まん、シンガポール焼きそば

などなど、もちろん無料。

 

 
でもねー、今回も困ったのが
とにかく、席が無い。
もう、争奪戦です。
特に、T3のラウンジは狭すぎ。
 
T2のラウンジはもっと広かったけど
人が多くて座れない印象でした。
今回は、会場が狭くて座れる所が無い。
3人で二人用の席に椅子を1つ足して
座りました。

 

 

それと、ゴールドだとシャワーが無い。

今回は時間ギリギリまで観光してたし

具合が悪くてシャワーは無理でしたが

夜フライトなら、シャワー浴びて

スッピンでスッキリした状態で

搭乗すると快適なんですが

クリスフライヤーゴールドラウンジだと

それは出来ません。


それより不便なのはトイレ

私的にはラウンジのトイレが重要。

大抵空いているし、アロマの香りがして

ゆったりとトイレで過ごせる。

ラウンジ内で荷物のストレスなく

搭乗直前にトイレをラウンジで

済ませておきたい。


でもクリスフライヤーゴールドラウンジ

だと、受付にトイレだと声を掛けて

一旦ラウンジを出て、一般客と同じ

トイレ利用です。

まあ、ラウンジの目の前だし、

空いていたから今回はストレス無しでしたが

ラウンジ専用の快適トイレ大切なのになー。


 
私は薬が切れてきたので
食欲がなく、とりあえず
食べられそうな肉まんを食べ
薬を飲みこみ、撃沈。
 
 
結局、ギリギリにラウンジ出ました。
本当はTWGをゆっくり見て
最後のお土産買いたかったけれど
時間も気力も無い状態でした。
 
 
機内ではラウンジで飲んだ
薬が効いてきて、
エルトンジョンの「ロケットマン」
を観て、眠りました。
PCでブログの下書きも。
 
 
 
6時45分、無事、羽田空港着でした。
シンガポール航空はヘッドレストも
あるし、機内のモニターも使いやすいし
機内食も美味しいから快適。
 
最終日薬を飲みつつだったけれど
なんとか最後まで強行スケジュール
通してしまいました。
 
これで、2019年の家族旅行
プーケット&シンガポール旅行記終了です。
 
年イチ贅沢旅行、
来年は既に予定が決定してます。
久しぶりにコオリナへ行く予定です。
エアも4人分確保したし、
来年は家族4人で行きたいなー。
 
最後まで旅行記ご覧くださり
ありがとうございました。
あ、書きかけの昨年のゴールドコースト
いつか書きます(汗