静岡県富士市・少人数で懇切丁寧!アイシングクッキー・お菓子教室リトルミイ

静岡県富士市・少人数で懇切丁寧!アイシングクッキー・お菓子教室リトルミイ

静岡県富士市のお菓子教室。アイシングクッキー、マカロン、フラワーケーキ、イラストロールケーキが学べます!

【よく読まれている人気記事】

(1)フラワーネイルをアイシングで汚さずにお花を絞る方法

(2)アイシングの陥没の理由は、一滴のコーヒーにあった?!

(3)どんな複雑な型でも、クッキー生地が超簡単に!きれいに抜ける方法




静岡県ナンバーワンのアイシングクッキー認定講師輩出数!

未経験者・初心者・不器用さんも・・・

理論→実践で学んでいくので、誰でも失敗なく
プレゼントしたくなるオシャレなお菓子が作れます♡

ご訪問ありがとうございます!

 

アイシングクッキーを始めとしたカラフルなデコレーションスイーツの基礎とノウハウが学べる教室の講師、カツマタケイコです。

 

* … * … * … * …* … * … *

 

ただ今オーダー作成中!

卒園の季節ですね〜♪

 

 

さて、ただいま放映中のNHKの朝ドラ「まんぷく」。

 

インスタントラーメンとカップヌードルを発明した安藤百福さんの生涯をモデルにしたストーリー。

 

私も毎朝楽しみに見ています(^^)

ちなみにBS派です♪

 

 

約10年前、カップヌードルにこんな事件があったのをご存知ですか?

 

>>カップヌードルからパラジクロロベンゼン検出

 

カップヌードルを食べた女性が嘔吐し、防虫剤成分のパラジクロロベンゼンが検出されました。

 

当初は異物混入か?!と世間は騒然となりましたが、保健所等の調査の結果、この女性が防虫剤の近くにカップヌードルを保管していて、容器の発泡スチロールを通して匂いと成分が移ったことが原因だとわかりました。

 

今まさに容器を頑張って作っているのに、未来にこんなことが起こるのかと思うと切ない・・・

 

 

カップヌードルの発泡スチロール同様、アイシングクッキーにも同じようなことが起こりやすいって知っていますか?

 

 

私は過去に2回、芳香剤のような香りがするアイシングクッキーに出会ったことがあります。

 

食べた瞬間、嫌なにおいが口いっぱいに広がり、飲み込むことができませんでした。

 

 

1回目はAさんが郵送で自宅に送ってくれたアイシングクッキー。

OPPシートに包装されているものでした。

 

2回目はBさんのレッスンを受けた時に持ち帰ったアイシングクッキー。

Bさんが用意した箱に入れて持って帰ったものでした。

 

運よく2人とも仲が良かったので、クッキーから異臭がするよと正直に伝えました。

 

 

Aさんは、

 

・使っている食器用洗剤

・ふきあげ用の布巾に強い香りの柔軟剤を使っていないか

 

などを疑いましたが、どちらも該当するものはありませんでした。

 

もちろん、Aさんは香水などはしておらず、においの正体はわかりませんでした。

 

 

が、Bさんのクッキーを調べた時に、やっとその謎が解けました。

 

 

私はアイシングクッキーのレッスンに行った時は、必ず素焼きのクッキーのにおいを嗅ぎます。

お行儀悪いですが^^;

 

Bさんのクッキーは、レッスンの時はバターと小麦粉の良い香りがしました。

 

ですが帰宅して翌日クッキーを食べようとしたら・・・また芳香剤のような強烈なにおいがしたのです。

 

クッキーはプラスチック製の持ち帰り容器に、ペーパーナプキンを敷き、その上にクッキーを置いていました。

 

・・・もうお分かりでしょうか?(って名探偵コナンみたいですが笑)

 

 

犯人はそう!ペーパーナプキンだったのです。

 

 

※イメージ写真

 

 

ペーパーナプキンを取り出してにおいをかぐと、クッキーについていたものと同じにおいがしました。

 

それ自体はとてもいい香りなんです。

 

でもクッキーについてしまうと、食べられなくなってしまうほど、強烈な「異臭」に感じてしまうのです。

 

ペーパーナプキンはおしゃれなデザインが多く、そっけない箱を素敵に見せる便利なグッズかもしれません。

 

しかし薄いパルプが幾重にも重なっているため、他の紙製品と比べてもにおいを吸収しやすい性質を持っています。

 

また保管場所は収納棚やタンスなど、扉で密閉されている場所で、ストックしてある防虫剤や家庭用洗剤、トイレの部屋の芳香剤、香りのついたトイレットペーパーなどと同じ空間であることが少なくないのではないでしょうか?

 

例えばキャビネットの上に強い香りのお部屋の芳香剤を置いていて、その下のタンスにナプキンを入れるなど、場所が少し離れていたとしても、においが移る可能性は十分にあります。

 

 

Bさんは部屋のあらゆるところに、芳香剤がわりに瓶に入ったポプリを置いていました。

 

ペーパーナプキンもIKEAで購入したもので、ポプリと近い場所に保管してたそうです。

※IKEAのキッチン用品売り場と雑貨売り場は割と近いので、買った時も隣り合わせになっている確率高め

 

 

ちなみにAさんは、素焼きのクッキーをタッパーに入れて保存する際、クッキーの下に敷いたキッチンペーパーに芳香剤のにおいがついていたことが原因でした。

 

クッキーを数日保存したAさん、レッスン後に箱に密封し、アイシングが乾くまで長時間箱を開けなかったBさんことも、におい移りに拍車をかけたかもしれません。

 

 

箱をおしゃれに演出したい、良かれと思ってペーパーナプキンを敷いたのに、クッキーににおいが移っていて、それを食べようとした生徒さんが不快な思いをする。

 

考えるだけで、恐ろしいですよね。

 

 

人間が感じる「味」の8割は香りによるものだそうです。

 

どんなに美味しいクッキーを焼いても、それを邪魔する香りをつけてしまうことは、これまでの努力をすべて台無しにしてしまう致命的なミスです。

 

 

私はAさん、Bさんともに、このことを伝えるかすごく迷いました。

 

だってもしかしたら、においは私のせいでついたのかもしれないし・・・とも考えたからです。

 

 

同様に、においがついていても「なんとなく言いづらい」人が多いのではないかと思います。

 

特にリピーターさんだったり、たった1度きりの出来事であるなら。

 

だけど言わない代わりに、大切なお客様を1人、失っているかもしれません。

 

 

他人事のようで、実は自分がやってしまっているかもしれない「においトラブル」。

 

ペーパーナプキンを愛用している、レッスンの時にレースペーパーを敷いていると言う方は、改めてにおいチェックをしてみてください。

 

最近は店舗内にアロマの香りが充満している雑貨屋さんも多く、購入した時点でナプキンににおいが染み込んでいる可能性もあります。

 

移り香だけではなく、もともと石油のようなにおいがするペーパーもあるので注意です。

そういうにおいがするものは、食品対応でないことは多いですが・・

 

保存する際は他のもののにおいを吸わないよう、タッパーに入れて密閉保存するなどの工夫をしてみてくださいね。

 

 

においに慣れていると気づきにくい、

 

・強い香りのする柔軟剤や香水

・お部屋の芳香剤

・海外ブランドのコスメ

 

なども、レッスンの際には注意すると良いとおもいます。

 

 

また、家庭と同じキッチンでクッキーを焼く場合、

 

・小麦粉や砂糖などの粉類の近くに住居用洗剤を置いていないか(または掃除に使用してにおいが残っていないか)

・バターを密閉せず、冷蔵庫のにおいが移っていないか

 

などもチェックしてみましょう。

 

 

レッスン回数が増えれば増えるほど、試食する機会が減ります。

自分では気づかない落とし穴があるかもしれませんよ。

 

 

それではまた次回!

 

 

 

日本一教えるのが上手なアイシングクッキー講師
静岡県富士市/アイシングクッキー&デコレーションスイーツ&3Dプリンタースクール
Little My (リトルミイ)

>>講師プロフィールはこちら

 

 

Ameba人気のブログ