陸軍訓練中、ひざ軟骨損傷


Highlightの元メンバー ヨン・ジュンヒョンが補充役で兵役処分を変更された。
社会服務要員として服務期間を満たす。

所属事務所 Around Us Ent. は25日、「ヨン・ジュンヒョンが、6月15から社会服務要員として編入、勤務中だ。兵務庁の指示により 国防の義務を継続する予定だ」と明らかにした。

理由は、左側膝半月板損傷である。
「ヨン・ジュンヒョンは、昨年4月に陸軍現役で入隊し、誠実に服務した。訓練の過程で負傷し、手術を受けた」と説明した。

続いて「リハビリ治療を受け服務義務を遂行したが、状態が好転しなかった。軍の法による審査を経て、現役服務に不適格であると判定された」と伝えた。

現在は、社会服務要員として所属が移管された状態。 
所属事務所側は「今後もヨン・ジュンヒョンは、社会服務要員として除隊日まで誠実に国防の義務を果たすだろう」と付け加えた。

 ヨン・ジュンヒョンは、昨年3月にチョン・ジュニョンとカカオトークの対話を通じて、違法撮影映像を見たことを、不適切な会話を交わしたことを認めてHighlight から脱退している。


〈以下は、 Around Us Ent. からのコメントである

ヨン・ジュンヒョンの軍隊補充役編入に関連してご案内申し上げます。

2019年4月2日に陸軍現役で入隊したヨン・ジュンヒョンは、誠実に服務の義務を果たすなか、訓練の過程で左膝半月板損傷により手術を受けることとなりました。

以後 リハビリ治療を受け 服務義務を遂行しましたが、症状が好転せず、軍の法による審査手続を経て、現役服務が不適格であるという判定を受け、現役兵服務中の最終社会服務要員に編入されました。

したがって、現在は所属が移管され、2020年6月15日から社会服務要員として勤務中です。 

今後もヨン・ジュンヒョンは、社会奉仕要員として除隊日まで誠実に国防の義務を果たすことになります。


감사합니다