なせばなるなさねばならぬ

なせばなるなさねばならぬ

自分を励ますためのブログ


最近の日課は、ステキチャンネルの動画をみることです。

ステキブンゲイチャンネルは、ほぼ毎日生配信を行っています。


少し前に、脚本家の作道 雄さんが、私の短編を番組内で取り上げてくださいました。

その日、私は、ものすごいクレーマーに捕まって、三時間ばかり残業をし、0時過ぎまで働いていました。いつもなら、作道さんの生配信だけは、ライブ参加できるのに……。

精神的にも疲弊した状態で、ステキブンゲイチャンネルのアーカイブを見始めました。


いつもどおり、楽しくみていたら、なんと、自分の名前が!!!

それも、褒めていただいている!!!!


仕事で嫌な想いしたのが全部吹き飛びましたね。


ご紹介いただいたのは、『彼女の待ち人』という、短編。

13000文字弱ですが、結構、時間をかけました。実在のお店をできるだけちゃんと描写したくて、

調べ物に時間をかけました。

それだけでなく、自分で考える面白さを折り込むのに、少し、慎重に書き進んだのもあるかなと。



そして別の日、編集者の高橋奨吾さんの番組で、別の短編にアドバイスをいただけました。

こちらは、番組概要欄から、応募できます。

この番組は、小説を真剣に書いている方にはほんとにオススメです。

別の方がもらっているアドバイスも全部勉強になります。

短編集・妄想の迷走
短編コンテスト(文字制限(旧1万文字)8000文字。)への応募のために書いた小説。『今日一日と一週間分のこと。』『記憶消失~記憶消去薬 リムーブ』『僕に残された時間の半分』『青』『君の声を聞きたい』など、優秀作品となった5編と、『「またね」は、また会いたいという意味ではない』『恋のはじまり』など、読者に評判の良かった2編。   『今日一日と一週間分のこと。』  高校三年生の成美の元へ、初恋の相手、早瀬孝太の母親から手紙が届いた。  その内容は、孝太に会えるのが、今年で最後になりそうだというものだった。  夏休みに入り、成美は高知の祖母の元へ行った。再会した孝太は、驚くほど変わっていた。

私がアドバイスをいただいたのは、短編集の中の『今日一日と一週間分のこと。』です。

まあ、だいぶ前に書いたものというのもあるし、初めて書いた三人称だったのもあって、なかなか厳しい指摘もありましたが、どれも、納得のいくものでした。

この短編は、書き直す気がないので、別の作品に、いただいたアドバイスを活かせたらなあと思っています。


ひとまず、書いて書いて上達していくしかないですね♪







9/6 日曜日は、第一期 ステキ編集部 の、9月分があった。


今回のお題は、少し早めに読んであった。

相変わらず、感想が苦手で。


読んだときにメモをとっておいたけれど、自分の番には、メモっていたことは全部出尽くしていて、大変困った。


人の話をきいておいて、勉強になった~~というくらいが、ちょうど良いなあ。


後、10月11月で終わりだけど、そのうちどちらかで、赤いホタルがお題にしてもらえる。


10月でお題にしてもらえたら良いのになあ。まあ、贅沢は言わないけど。


読書会も楽しかったのだけど、その後、ちょっとだけ二次会みたいなのに参加して。(どちらもZOOMです)雑談も楽しかった。


私は18時から、ボーカロイドのGUMIの十周年コンサートがあったから途中で抜けましたが、お話盛り上がってたなあ。



第二期の募集があったら、参加されたら良いと思います。

とても、勉強になります。



9/5 平野啓一郎先生『本心』発売前読書会。

新聞連載をされていた『本心』の初校ゲラを読んだ100人が集まって意見交換をする、なんとも言えない素晴らしいイベントがあり、参加した。


『本心』は、来年春発売予定。


とにかく、貴重な体験でした。


5月末にこんな呟きをしたのだけど、叶っちゃった感じです。

100人も参加している読書会なので、ZOOMの、グループ分け機能(正式名称忘れた)をつかって、4人ずつにわかれました。


私のグループには、初期からのファンの方がいて、平野啓一郎先生企画のコンサートに行った時の話なども聞けました。

もちろん『本心』中心のお話ではありますが、四人共通で読んでいた『決壊』についてもちらっと話せて……まあ、『決壊』は、かなり、読むのがしんどいお話ではありますが……強烈に印象が残るのでね。


そして、何よりも嬉しかったのは、平野啓一郎先生の小説の中で『空白を満たしなさい』が一番好きという方が、グループにいました~~~内容については話せなかったですが、ほんと、嬉しかったです。


それから、グループの方に『葬送』をすすめられたので、早速、Kindleで買いました!

長いので少しずつ読み進みます。


とにかく、充実した幸せな時間でした。また、何かこういうイベントがありましたら、参加したいです。






9月は、web活動とは別の執筆を優先する予定でいる。

8月は、その前段階でのインプット月間だったけれど、うまくいかず。

大失敗というわけではない。予定していた作家とは違う方のをなぜか読んでしまった。


それと、急に思い立って、短編を書いてしまったことも反省。

無駄ではなかったが、今でなくてもという気もしないでも……。


彼女の待ち人は、短いなかに、ちょっとした遊び心や、作者による主人公イジメなども盛り込んであるので、まあまあといった感じ。奇をてらったりもないので、つまらないと言えばつまらない。


個人的に、オチで読ますタイプの話は好きじゃない。と言いながら、短編はオチをつけちゃいがち。

彼女の待ち人は、オチというほどのオチもない。


一番良かったのは、実在の店舗(行ったことがない)を舞台にしているので、結構時間をかけて調べたこと。口コミサイトの一般人の口コミを、嫌になるほど読んだ。



料理が美味しそうで、行ってみたいなあと心から思ったので、良い感じにお店を紹介したくって、いつもと違い、嫌な展開も控えめな仕上がりなので、読みやすいとは思う。


とにかく、短編の時に思い出した調べ物スキルを、今、活用できているので、書いて良かった。


本が届いたので、実際のサイズで仮印刷。

微調整していくつもりだったのに、まさかの一発でぴったりサイズという……

今は、コピー用紙に印刷していますが、実際は写真用紙に印刷します。
それでもまだ、色々しようと思っていることがあるので、試行錯誤は続きます。

印刷屋さんも、クロネコヤマトさんも、仕事が速い!
ページの関係で、いきなり本文。
今から、読んで、うどしようもない間違いを見つけたらどうしよう……
誤字脱字以上にひどいミスがありそうで怖い。

結構、見返したつもりでいるけど……
表紙を作る前に、売り物にできるかのチェックが先かな。


場合によっては、手作り本のみになる。

しかし、驚いたのは、50冊って、めっちゃ重いのね。
私一人では会場まで50冊持っていけない。




 文フリ大阪まで一週間を切っているのですが。

 まだ手作り本はできていません。


 作るのは多分10冊くらいなんで、前日でもなんとかなるかも。


 『赤いホタル』を印刷屋さんに出すのに、PDF保存を覚えました。

 スマホに表示させて下に下にスクロールして読むのが、結構チェックしやすいので、手作り本の分も、PDFにしてみました。

 目次、いきなり誤字がwww

『恋のはじまり』が正しい。


まだ印刷はしていないので、あとで修正します。


『赤いホタル』の本は、木曜が納期なので、土曜までには届くかな?

その辺りがわかりません。

表紙デザインで困りごとがあって……まだ悩んでいます。


手作り本、本自体のタイトルも決めていません。


この記事をちまちま書いているうちに、なんと、印刷屋さんから発送のお知らせがきました!


木曜指定だったけど、ヤマト運輸なので受取日変えらました。

一応明日の午前中に。


これで、表紙をつくる作業にも入れます。


実際のサイズがわからないと、調整できないのでね。






文学フリマ大阪で出すので、やはり、文学フリマでした執筆ライブ作品を本にしようと思い『青』と『「またね」は、また会いたいという意味ではない。』を、推敲というかチェック中です。

『「またね」~』の方は、日頃からお世話になっている知り合いの小説家に、リライトもしてもらいました。

どこを直したか知らない状態で読んでみるように言われて、そのとおりにしました。

とにかく、流れがスムーズになっていました。


その後、原文とどこが変わっているか、マーカーで印していきました。

グレーはなくなっていた箇所。だいぶ削られていました。


私は、無駄な文章はあまりないタイプなので……

これは、自分だけが言っているわけではなく、文藝春秋の編集さんからも言われましたし……まあ、結構、いろんな人に言われます。

執筆スタンスとしては、長編を一気読みしてもらうことに重きを置いているので、無駄な言葉で読者を疲れさないように常に気をつけています。

短編は、長編とは違って、少し遊んでみることもありますが……


リライトしてくれた相手は、私が最も尊敬している小説家から、日記で文章を褒められたことがあったり、本の帯を書いてもらったりしたことのある人なので、私とはレベルがかけ離れています。

原文がほとんど残っているのに、少し足しただけ、少し引いただけ、少し入れ替えただけで、これだけ読みやすくなるのかと……

趣味で小説を書いている人、これから書いてみたい人のために、冊子にはリライト版ものせておきます。









八月二十二日が、入稿の〆切だったのですが、ものすごくギリギリに滑り込ませました。

その後、ちょっといろいろあって、もう販売は諦めようかと思いかけたのですが、印刷屋さんの神対応がありまして、本体については、できあがって宅配便で届くのを待つのみです。


表紙は自分で印刷する予定ですが、どんな感じにするかで迷いましたが、やはりエブリスタに投稿したとき、最初につけた分にすることにしました。


一太郎で、表紙風にレイアウトしてみました。

URL: youtu.be

手作り文庫本を何で作るかですが、まだ何も決めていません。

当日まで、お休みがあと五日あるので、選定したいです。

文庫本作るのは、本当に楽しいので。