雲が少し多かったけど、

過ごしやすい本日のお天気照れ


河川敷のグラウンドでは、

野球の練習でちびっこ達がワラワラ〜

スケートボードを練習する人

ダンスの練習をしてる人

ライブが近いのか、
川に向かって大熱唱してる人

みなさんそれぞれです口笛



そして、いろーんなもの・人が気になるこ(笑)

人や刺激になりそうなものとの距離は開けて、

ロングリードでジェミ子のお散歩🐾



『なんか大きな声だして走り回ってるんだけどー』




『ま、いっか』




『でもやっぱり気になる』




『あわて騒ぐもんじゃないわね』


ってな感じで、

以前は大騒ぎ&突進だったのが

だいぶ落ち着いてその場所にいられるように


「静かにそこに居ることができる」

って一見単純そうなことだけど、

結構難しいこたちもおります。


人が考えているよりも

犬たちは様々な刺激を受けていて、

こちらから見たら大したことないのだけど、

犬からしてみれば、バランスを取るのがとっても大変なこともあります。


そして人の悪いクセは

「してほしく無い」と思うことに目が行ってしまうこと。

ほんとは

「して欲しいこと」を犬に伝えてあげたいの。

『吠えないで!』

じゃなくて、

『わたしの横に座っていてね』

と、行って欲しい ポジティブなイメージを持つ。


「吠えないで」は

すでにハンドラーの頭の中で吠えてる犬のイメージが。

犬はそれをキャッチして、吠えないのではなく、逆に吠えさせてしまってることが多々あります。



わたしはジェミ子に吠えてるイメージは伝えてません。

子供の方にいっちゃうかな?

と思ってしまったら、ジェミコは行くでしょうね〜あせる


どんな形でも良いから、

「ただ静かに辺りを眺めているジェミ子」をイメージするだけ。


もし反応しやすいわんこの飼い主さんがいらしたら、
試しにやってみてくださいねニコニコ



えーと、この方はこの場所では匂い嗅ぎとオヤツがあれば良いようですチュー