7月2日にSORAの満中陰を終えました。

日が経つのはあっという間ですね。

 

テレビでわんちゃん特集番組を見ながら

「あ~SORAもあんなことしてたなぁ」とか

「SORAも台所でおこぼれもらえるの待ってたなぁ」とか

色々とSORAに重ねては笑ったり、ウルッとしたり・・・。

 

でもよく聞く“ペットロス”にはなっていません。

もちろん亡くなって数日は考えると悲しい気持ちでいっぱいでしたが・・・。

 

最後の最後までSORAの意思を読みとって介助できて

(SORAはもっと色々してくれと思っていたかもしれませんがあせる)

息を引き取る瞬間を家族みんなで見送れたからでしょうか。

仕事柄でしょうか!?それとも冷たい!?

子供たちにとっても、“命を見送る”ことを勉強できた

SORAからの最後の贈り物だったと思います。

“命”について改めて色々と考えたのではないかと思います。

 

納骨は次に家族がそろった時に、動物供養碑に納めたいと思います。

それまでは部屋で一緒に照れ

 

 亡くなる前日のSORA犬笑ってますニコニコ