福岡市の手作り石鹸教室 The Sekken Times ーただ今Londonー

手作り石鹸教室The Sekken Timesです。


HSA認定ジュニアソーパーとして、福岡市の藤崎駅近くで手作り石鹸教室を開いています。


当石鹸教室では季節や肌質を考えたレシピによる石鹸作りを提案しております。


石鹸はいってみればただの日用品です。しかも消耗品。


でも、毎日使うからこそ、家族みんなで使うからこそ、こだわってみませんか。


丁寧に手作りされた石鹸の使い心地は、大量生産された物とは比べものになりません。


自分に合ったスキンケアにお悩みの方、刺激が少なく、潤い豊かな手作り石鹸を試してみてください。


色や香りを選べるのも手作りならではの楽しみです。


石けん作りに興味のある方、一緒に作ってみませんか。


初心者の方でも大丈夫です。しっかりサポートいたします。


手作りの石鹸で普段の生活にちょっと彩りを添えてみませんか。


自分で作った石けんで、市販品とは違う使い心地を感じてみてください!


ホームソーパー検定の受講をご希望の方、受け付けております。


お問い合わせはこちらからお願いします。


石けん教室の申し込みはこちら

  • 19Sep
    • London Diary ⑨弁当の詰め方を考えてしまうの画像

      London Diary ⑨弁当の詰め方を考えてしまう

      London からThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。イギリスの小学校はお昼、給食かお弁当かを選べます。給食はランチだけど、スクールディナーと呼ばれ、学内の食堂で作った温かい食事が供されます。イギリスでは、時間帯ではなく、1日のうちの主要な食事をディナーと言うようです。(主要でない食事なんてあるんか⁈というツッコミはここではなし)給食は、メイン、付け合わせ、デザートまで揃ったしっかりしたメニューなのでディナーと言うのでしょう。例えば、お昼が、パンとスープとか、サンドイッチとかならランチになります。うちはお弁当なんですが、これはパックランチと呼ばれています。まあ、冷えてるし、ディナーと呼ばれるほどのものは作っていませんが、扱いが軽い気がする実際、日本で食べるお弁当よりずーっと手抜きですがパン+おかずちょっと+トマト+フルーツ以上。10分あればできます。こんなんでいいんかな?ほかの子はどんな感じ?子どもに聞いてみる。ー 今日となりの子はスーパーでサンドイッチ買ってきてたで。ーそんな感じもありなんやね!気が楽やわ♪ー 前の子のお弁当箱は大きい2段式やったわ!ー おっ!すごい弁当の子もおったか⁈ー1段6つに仕切ってあるんやけど、1階は4つ、2階は1つしか食べ物入ってなかった。それもスカスカやで。1段でいいやん〜手抜きの感覚が違う…という以前に、手抜き感自体ない、この自由さお弁当箱は横になっても縦になっても動じないぐらい、きっちり詰めたいというのは、日本人ならではの感覚かしら?弁当箱のサイズやおかずの種類、色どり…気にしなくてもいいのに、気になる私は毎朝、隙間をごまかすように、ゆったりと詰めてみるちなみに、食事中はおしゃべり禁止らしい!めちゃ自由なのに、なんでそこだけ厳しい⁇せっかくディナーと名付けているのに‼︎子ども曰く、ー みんなめっちゃ食べるの早い。おいしいねとか、楽しいなとか考えずに、ただ生きるためだけに食べてる、恐竜時代の食べ方やだからこの国は強いんやな…と妙に納得した私でした

  • 17Sep
    • London Diary⑧入ってからの試練の画像

      London Diary⑧入ってからの試練

      LondonからThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。やっと入れた小学校もちろん、うちのような努力をしなくてもwaiting list に載せていれば、いずれ入れる小学校を知らせてもらえます。子の性格、親の考え、情報量によって選択の仕方は様々でしょう。我が家の場合、子どもを見ていて、人間、するべきこともなく、自主性に任せて過ごしていたら、メリハリがなくなり堕落していくなぁ…とうっすら感じることがあり、学校に通い、同じ年頃の子と触れ合い、頭と体を使って過ごすことは大事なんやなぁ…と実感し、本気で動くことにしました。子どもにとって、慣れない環境の中、親に守ってもらいながらいられるのは幸せな時間かもしれません。それは確かに大事にしなければならない時間ですが、私には、置かれた世界でいかに成長させるかを考えさせられる時間でもありました。そして学校に入れたら、ここからが子どもにとって試練です。うちは外遊びなどを楽しくやっている反面、やはり言葉が出ず、知りたいことを聞けない、言いたいことを言えないというジレンマは感じている様子。そんな中、周りを見、今自分がなすべきことを一生懸命考えながらついていってるのだろうと思います。今日は算数で手をあげて発表してみたと言っていました。ー正解だと思って言ったけど、先生の質問に合ってたかなぁ…ーきっと合ってるやろうけど、それよりもトライする勇気が素晴らしいアンタみたいな立派な子どもはなかなかおらんすごいね心配でたまらない時もありますが、子どもの頑張る姿を認め、褒め、日々密かに持ち帰ってくるストレスを受け止めてやることを心がけていたいと思います 私の毒は皆さんに吐き出しまーす

  • 16Sep
    • London Diary ⑦ 子を学校に入れる ー学校直撃編ーの画像

      London Diary ⑦ 子を学校に入れる ー学校直撃編ー

      LondonからThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。前回の続き…小学校編入の道を拓くべく、学校に直接うかがいをたてることにしました。月曜。まずは学校にメールその日には返事なし。はい、それはイギリスですから想定内。この日に直撃もありでしたが、もしかしたら返事がくるかな⁈と律儀に待つ日本人になっていました。火曜。学校訪問(アポなし)メールを出している旨、waiting list に登録済であることは証明できるように準備して行く。まず、一番近い学校へ行き、事情を話し、受け入れ可能か尋ねる。教会系の学校だったので、幼小とキリスト教教育を受けてきていることもアピールしてみるも定員いっぱいいっぱいだと言われる。1年だけと粘ろうかと思ったけれど、担当の人の感じもイマイチだったので、私もどうでもよくなってきて次へ行くことに次の学校は徒歩で30分ちょっと、バスで1本と、こちらも通いやすさは不動産屋さんから、多人種の受け入れに慣れていて、英語の上達にはここが一番いいかも!と教えてもらっていました。ここを第1希望校にしよう!と初めは思っていたのに、近い順に入りやすくなる…などの情報に惑わされ、2番にまわったのでした。どうか、ここは空いていますようにと祈る気持ちで尋ねると…空いておりました〜ありがとうございますと喜んだのも束の間…事務の方曰く、listに名前が見つからない。ちゃんと反映されてないみたい…それで役所に電話してるけど、何回かけても出ない。とりあえず確認できないと手続きできない。電話に出るまでトライし続けてみるから一旦帰って待ってて確認でき次第、電話しますね!すごく入れそうだけど、入れるかわからないという状態で帰宅。まだ昼前。電話出ろよその時気付いた。学校訪問してる間に役所から10業務日以内に返事します〜と言われた時の返事が来ていたことに‼︎その内容はlistの何番目かは9月末で一旦締めるのでその時に分かる。という衝撃的なものでした入れる学校については華麗にスルーつまり、役所に任せていたら10月まで学校行けない‼︎ってか、電話出ろよその日は小学校からの連絡がないまま日が暮れる…宙ぶらりんはツライ!一晩中お腹痛かった水曜。朝10時に電話あり。確認とれて、入学OKすでに再直撃の支度をしていたので、そのまま書類を取りに行き、その場で書き込み、提出して手続き完了(パスポート、税金支払い書等住所のわかるもの必携です)木曜日から晴れてイギリスの小学生になりましたー小学校から連絡がいった役所は金曜にあなたは○○小学校に入れますと知らせてきました。もう行ってるけどな (さて、私は繰り出しましょう♪)

  • 15Sep
    • London Diary ⑥ 子を学校に入れるー申し込み編ーの画像

      London Diary ⑥ 子を学校に入れるー申し込み編ー

      LondonからThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。8月に渡英して、私にとって最大の課題は子どもの小学校でした。たった1年の滞在。英語も(まだまだ不十分だけど)習ってきたし、異文化交流の機会と捉えて、現地校に入れることにしました速やかに税金の手続きを済ませて、学校の登録をします。ただ、イギリスの小学校は定員制で、近所だからといって入れるわけではないのです‼︎第3希望まで登録し、入れるかどうか役所の返事を待つことになります。学校選びは口コミのほか、OFSTED(イギリスの教育評価機関)が公開している学校の評価を参考にするひとも多いそうです。もちろん、評価が高いほど、人気があり、倍率が高く、入りにくい…OFSTED 評価の高い学校が多い地域を選んでやってきましたが、それはすなわち、競争率が高く、入りにくいことも示唆しています。ということで、急いで登録。とりあえず、我が家は一番近いところを第1希望に。不動産屋さんが最近いいと聞きましたよ〜と教えてくれたところを第2希望。人数が多く、入れ替えの期待が持てるところを第3希望としました。登録されたら、waiting list に載り、どこに入れるか、カウンシル(区役所みたいなとこ)から連絡が来るという仕組みです。経つこと4日。なしのつぶて。なにしろこちらも初めてのこと。waiting list にちゃんと載ってるのか…と1つ1つ不安なわけです。とりあえず、問い合わせ。ーwaiting list に載ってます。ーlistの何番目ですか? 他も含め、すぐ入れる学校はありますか?ー10業務日以内に連絡します。10って10分でわかりそうなことやと思うけど!!新学期始まってしまうやん!!イギリスの小学校はなかなか入れないと聞いていたけれど、これはカウンシルの怠慢に依るところが大きいと思う。8月は夏休みで学校に問い合わせもできず、9月に入っても、入れる小学校を教えてくれないイギリスぐらいの国で、子どもが教育を受けられない環境を平気で作り出してることに衝撃を受け、親としての不甲斐なさも痛感する時間が流れました。(それに買い物だってゆっくり行けない‼︎)待ってもラチがあかぬと悟り、新学期が始まった翌週、学校に直接連絡し、直談判してみることに…また長くなりました。次回は学校直撃編

  • 11Sep
    • London Diary⑤ 秋が来たの画像

      London Diary⑤ 秋が来た

      LondonからThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。朝晩ふるえるロンドンお彼岸も迎えてないのに、もう秋がやってきた…あっという間に冬が来そう…そういや、このセントラルヒーティング、ちゃんと動くんやろか⁈疑ってかかるクセがついてきた私は一応、確認することに。…予感的中1つ、電源すら入らないものがある!やっぱりな新品でも安心できひん‼︎不動産屋さんに連絡。すぐ見に来てくれました。これは…ここだけ電気が通ってないですね。デンキガトオッテナイそんなことあるんやー。あっ1つ電気通し忘れとったわみたいなミスが、この世にあることを勉強させてもらいましたうちのデキル不動産屋さんが明日朝9時に業者を抑えてきましたから、来させます。と。はい、皆さんお察しの通り、今朝、来たのは…アダムでございましたー玄関外の倉庫のブレーカーをいじって直すらしいが、ドライバーないか?(えっ?持ってないのん?何しにきたん?)なかったらナイフでもいいで(もっと嫌やわ)ドライバーを渡し、10分で終了。電気入るか、確かめてー入ったわほなサイナラと帰って行ったアダム。次がないことを願います

  • 10Sep
    • London Diary④住むところ⑵の画像

      London Diary④住むところ⑵

      LondonからThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。前回の続きです。7月、渡英準備に追われつつ、リフォームの進捗状況を時々確認。ちょっと遅れてます…間に合いそうです…前日までに終わりそうです…当日の朝、掃除が入ります…そして迎えた当日、昼過ぎ終わってないやないかーい一旦掃除をしてもらってあとは住みながら…ということになりました。掃除が終わる夕方まで、入居後すぐ外出その後は請負業社のアダムとの戦いでした雑、めちゃ雑遅い呼び出さないと来ないすぐ帰ろうとするそして、アダムが帰った後は、ツッコミどころがいっぱいやることあと少しやのに、なんで残すねん‼︎新品の取っ手がベッドサイドの引き出しから出てきたで‼︎クローゼット、取っ手ないわ‼︎ゴミ、玄関外の倉庫につっこんでるやん‼︎足拭きマットをきれいなタオル置いてるとこに載せましたね(殺意)そんなアダムには、不動産屋さんのアドバイスで写真付きのやり残しリストを作って渡しましたちゃんとリスト持ってきてます‼︎と言いながらちびちびと何日もかけてやるアダムこちらもだんだん諦めて、やり残したところを眺めつつ、アダムったらや〜ね(氷川きよし調で)と口ずさむ余裕ができました。それもこれも不動産屋さんが今日はアダム来ましたか?と気にかけてくれ、アダムに連絡してくれ、フォローをしっかりしてくれたおかげです。近所なので、今も時々、ちょっとしたことを尋ねに寄らせてもらってます。現地不動産屋さんより、いくらか高くなるかもしれないし、郷に入ってはなんとやらでイギリスはこんなものだと頑張るのも1つの手ですが、海外において、親切な対応と常識を共有できる安心感はpriceless だと思います

  • 09Sep
    • London Diary③ 住むところ⑴の画像

      London Diary③ 住むところ⑴

      LondonからThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。ロンドンは家賃が高い。わかってたとはいえ、家賃と内情のアンバランスさにえっ、ええっとなりながら、不動産屋さんのお話を落ち着いた素ぶりで聞き、ボイラーや排水設備等が整い、生活の便、教育環境がいい上に手の届く家賃をにこやかに要求してみる。結果、それが難しいことをにこやかに教えられる…本当に物件探しは大変です。まずは不動産屋さん探し。やっぱり日系が安心だと思いますそして地域。治安や教育水準などのリサーチも必要です。ロンドン郊外で、小学校の評価が高いエリアで探すことにしました。うちは2年ほど前に渡英が決まっていました。なので、昨年から日系不動産屋さん2社と連絡をとり、昨夏、家族旅行でイギリスに来ましたお金を貯めておきたい時に思い切って海を渡ったのは、・子どもにロンドンという町を見せてイメージを持たせたい←私はこれが1番。・不動産屋さんと直接会って、内見できる物件を見せてもらい諸事情をうかがう。ついでに、うちの家族の雰囲気を知ってもらい、適当な物件が出た時にすぐ連絡してもらえるようにするという狙いからでした。その時は内見はできなかったけど、車で前を通って、ここ、空いたらいいなぁ…と1人ぼんやり思い、日本でもあそこ空かへんかな〜と誰にいうともなく呟いていたところがなんと、今、住んでいるところです6月に入る頃、不動産屋さんから、ちょうど10年住んでた日本人が6月末に出る、結構傷んでいるので大家さんが大々的にリフォームする予定、8月の入居には間に合わせます、いかがですか?との連絡家賃は高いけど、まあ相場と思ってた範囲。1年念じてたらご縁ができたなぁ(大きく高いうち5階です!)これからリフォームしてくれる上、家具、生活家電、鍋食器の類付き。1年では自分で揃えるのはもったいないでしょうと、大家さんが娯楽家電も買ってくれてるらしい大家さんはお金持ちのナイジェリア人マダム🇳🇬親日家で、日本人に貸したいという希望と、うちのタイミングがうまくはまったのでしたここまで順調な運び滞りなく契約を取り交わしましたただ、ここがピークだったのですが…長くなりましたので、そしてまた長くなるので、続きは次にしますでは

  • 08Sep
    • London Diary②イギリスで砂糖を買うの画像

      London Diary②イギリスで砂糖を買う

      LondonからThe Sekken Timesです1年間のイギリス生活を徒然に記していきます。外国のスーパーは眺めてるだけでも楽しい飽きません私がよく利用するスーパーはwaitrose (ウェイトローズ )ここは前から気に入りで、旅行のときは徒歩圏内に宿をとっていました。疲れた日の夕食や、ちょっとしたお土産の調達にも重宝するスーパーです。今は日参しています。さて、砂糖を買おうと思った日のこと。あった、あった、シュガーどれがいいかな〜 (手前にも奥にも続く砂糖…)って私、砂糖の前を何歩歩いてんねん!多すぎやろ、何が違うのん⁇日本で使ってた「きび砂糖」はどれー?砂糖1つにこんなに困惑するとは!!圧倒され、涼しい顔で焦る…こういう場合、大抵、パッケージを見、Google先生を開き、棚の前で何分か過ごす、または、一旦引き下がるの2択となります。ちなみに、イギリスの砂糖はグラニュー>カスター>アイシングと、きめの大小で、呼び名が3つに分けられている模様。あと、brown sugarには精製した砂糖にモラセス(精製過程で取り除かれた糖蜜)を添加したものもあるらしい。←取ったものを足す⁈謎。私、モラセス、知ってるわ石鹸に入れたことあるソーパーやってたおかげで、モラセスググらずに済みました。さておき、イギリスで砂糖使うのはお菓子作る時だけってことかな。さて、どれを買うか。とりあえず、golden caster sugarというのを買ってみました。細かい字をよく読むとcane sugar とあります。cane サトウキビ煮物に使えそうなら、また追記します追記:先日、親子丼が美味しく作れました♪(9/20)

  • 07Sep
    • London Diary ①ロンドンにいますの画像

      London Diary ①ロンドンにいます

      LondonからThe Sekken Timesですしばらく更新していないにもかかわらず、アクセスしてくださっていた方々、ありがとうございます実は、夏に渡英次々迫りくる面倒ごとをなんとか切り抜け、ちょっとのことに費やす労力の大きさに寄る年波を感じつつ、ただ今一カ月経ちました。 (自然史博物館)ハズがアカデミックビジターという身分で1年間ロンドンに滞在することになり、家族でエイヤッとやってきたのです。なにやらハイカラな響きですが、手続き等に職場の力を借りられない、自力本願の修行のような身分です。準備から生活が始まり今に至るまで、いろんな記事やブログから、とにかく情報をかき集めてきました。生の情報は本当にありがたい便利な世界になったものです。そこで、すでに一カ月経ちましたが、私もこちらの生活のことなど、ぼちぼち綴っていけたら…と思っています。同じような立場で来られる方の参考になれば幸いですそれにしても、たった1年のためにかかる労力と経済的負担の大きさたるや…生活が整った頃に帰国であろう…と、すでに、ぼんやり感じている今日この頃とりあえず、乾燥と超硬水から家族の健やかな肌だけは守らねば!石鹸講師の名にかけて「1年間待ってます‼︎」と言ってくれた生徒さん方の言葉が励みになってますでは、また明日

  • 15Jun
    • お知らせ♪

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです♪ブログの投稿がずっと滞っており、すみません最近の活動はInstagramで報告しておりますatsuko_tstで検索してくださいまた、今夏より1年ほど教室をお休みする予定です。それまで残り2回ほどのレッスンですが、予約、質問等ありましたら、soapmakingisfun!gmail.com(!→@)までお問い合わせください。よろしくお願いいたします

  • 04Mar
    • 春休み企画 ✩宝石石けん☆の画像

      春休み企画 ✩宝石石けん☆

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesですもうそこに見えてるのに、なかなか来ない春待ち遠しいですね今日は春の体験レッスンのご案内です宝石石けん(JDSA)これも石鹸!!美しく輝く宝石石けんを作ってみませんか。春休みの体験として親子での参加も受け付けます。工作好きのお子さん、男女を問わず人気です大人も夢中になる楽しさですよ作るのも、飾って眺めるのも、使うのも、全部楽しい宝石石けん是非、ご参加くださいご案内です3月28日(木)→残129日(金)30日(土)13:00~(2時間~3時間)きりえギャラリー&カフェ fermata (福岡市早良区高取1-27-33)¥5,000-持ち物エプロン、お手ふきタオル対象大人の方親子(小学生以上)宝石石けん予約フォーム The Sekken Times予約お待ちしております

  • 16Feb
    • 教室の石鹸たち♪の画像

      教室の石鹸たち♪

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです今日は、今年に入ってからの石鹸教室、みなさんの作品を一挙公開ですその前に...年始1回目の教室から、息子のインフル罹患により、みなさんにご迷惑をおかけしましたお気遣いまでいただき、本当にありがとうございます振り替え日にご参加がかなわなかった方には、ささやかながら何かお詫びをと思っております。そんなドタバタスタートでしたが、これからもよろしくお願いいたしますでは、教室で作られた石鹸たち、ご覧ください日本酒石鹸白糸酒造のハネ木搾り純米吟醸と白ぬかの組み合わせ今年第1号は、「基本的なマーブル」というお題で、デザインの原点に立ち返ってみました。色や配分や混ぜ方1つで、まったく違う雰囲気に仕上がるマーブルはやはりおもしろい優しい色合い春はもうそこだ今年はみなさんパステルカラーな幕開け余ったタネを、、…で、中はマーブル、上はドット石鹸作りは最後の型入れに、ハンドメイドの楽しさが凝縮されていますね素材や作り方を知り、楽しく作り、気持ちよく使うそして、そんなことを語り合うのも楽しい石鹸教室でありたいな~と思いますお次は、飴ちゃん石鹸良質な素材、伝統的な製法、こだわりの水飴を石鹸に生かしました今回は、みなさん初めてのファンネルスワールからのデザインそのために、トレースの見極めを意識した石鹸作りをしましたスワールの技法を説明すると、どのくらいのトレースでやるのがいいか、何となく見当がつく皆さんすごいほぼ皆さん、おうちでは作られない方々ですが、この石鹸教室で、順調に石鹸作りの理解が深まってて、嬉しいかぎりですオレンジとブルー、私には思いつかない組み合わせでしたが、きれい勉強になりました装飾美術のレッスンみたい~ビギナーさんも、慣れた方々に自然と巻き込まれ、安定した手つきで、バッチリでした型出し後の石鹸の写メもお待ちしてます~どちらもステキデザインって楽しいですねまたやりましょう~

  • 14Feb
    • 教室のご案内(2つ♪)の画像

      教室のご案内(2つ♪)

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです先日の日本酒石鹸、飴ちゃん石鹸を皮切りに、今年も楽しい石鹸作りの日々が始まりましたレッスンの様子は、また次の時にそして、また改めて書きますが、いろいろワケありまして、作りたい石鹸リクエストを募っています。ストックしておきたい石鹸がありましたら、リクエストしてください次回、次々回の教室もリクエストから決まりましたご案内です突然ですが、春は草餅の季節ですよね~よもぎも小豆も美容効果の高いものですが、食べ過ぎると、糖分取り過ぎならば、石鹸にして毎日使おうということで、次回は、よもぎ石鹸 です(写真は昨年のよもぎ石鹸、生徒さんの作品)2月27日(水)→〆切28日(木)→〆切3月2日(土)→残2の3日間きりえギャラリー&カフェfermata2階(福岡市早良区高取1-27-33)10:30~(約2時間)¥4,000-(倍量は5,500-)持ち物エプロン、ゴム手袋、よく洗って乾かした牛乳パック(または、専用の型)、汚れてもいいタオル、保温バッグ The Sekken Times予約さて、その次の石鹸教室も募集中紫根の石鹸(写真は昨年の紫根の石鹸)古くから染料の他、皮膚のお薬としても用いられていたムラサキの根美魔女ブームの際に、話題となったことを覚えてらっしゃる方もいるかと思います。私もお気に入りの石鹸の1つで、紫根オイルで作った石鹸を見ると、落ち着いた高貴な色合いで、グレードの高い石鹸~と感じます。実際、使い心地もいいのですよエイジングケアを意識したレシピで、大人の石鹸を作りましょう3月13日(水)→残114日(木)→〆切16日(土)→残111:00~(フェルマータさん営業時間変更に伴い、開始時間が30分遅くなりました)その他は、上記よもぎ石鹸と同じです。 The Sekken Times予約よろしくお願いいたします次回は、レッスンの様子などを~

  • 07Feb
    • JDSA 宝石石けん ステップアップ!の画像

      JDSA 宝石石けん ステップアップ!

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesですもう先月のことですが、1月27日(日)、東京よりClassA秋葉原校 日本デザイン石けん協会本部の松崎ひさ子先生が、はるばる福岡まで来てくださり、新しい方法、コツをレッスンしてくださいました。午前の部では「MCPソープ」と名付けられた、モールドに流し込んでデザインするタイプの石けんを。Under the sea soap美しい海の中が表現されています。マリンスポーツやったことないですが、こんな美しい海なら一度潜ってみたいわこれは同じテーブルの方が、その場で切り分けた時の写真。なぜだか、どうやっても横向きになるのですが…人魚が跳ねてる感じもおもしろい物語的で、トキメキますね午後からは、宝石石けんのステップアップ土っぽいラインをきれいに出す方法など、いくつかの技法を学びましたこの日、グリーンな気分な私ソーパー仲間momoちゃんの作品やっぱりね、全部、横向き単純なことかもしれないが、私の手には負えない向きはともかく、宝石感は味わってもらえたでしょうか新しいことを知る刺激と、久しぶりに他のソーパーさんにもお会いできた楽しさとで、あっという間に時が過ぎました。また、九州で大活躍のgreenin handmade soapのShigemiちゃんの表彰式もあり、温かい雰囲気の講座でした松崎先生と専属カメラマンさん、わざわざ出張してくださり、九州にいながら、レッスンを受けることができ、感謝です夜の部も大いに楽しくて~充実した1日でしたさて、当石鹸教室では、宝石石けんリクエストがあれば開講いたします。お気軽にお問い合わせくださいsoapmakingisfun!gmail.com (!→@)gmailが受け取れるアドレスからお願いします

  • 20Jan
    • 今年もよろしくお願いします。+教室予定♪の画像

      今年もよろしくお願いします。+教室予定♪

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです本年もどうぞよろしくお願いいたします。ブログのアップ、年末以来、滞っていました。毎年決意を新たにするのですが、相変わらずですみません。(すでに遅いけど…)今年こそ頑張ります!!さて、先に案内しておりました日本酒と白ぬかの石鹸ですが、実は、息子インフル→私インフルで、翌週に振り替えさせていただくことになりました年明け早々、お申し込みいただいた方々にご迷惑おかけしました。その上、皆さん、気遣ってくださり、本当にありがとうございます振り替え日は、1月24日(木)、25日(金)、26日(土)です。(木、土は余裕あり) The Sekken Times予約また、その次の教室を、その翌週に開くことになりました。飴ちゃん石鹸水飴は日本で考え出された最古の甘味料です。今回は、厳選された佐賀県産のもち米を麦芽で糖化、これをじっくり煮つめるという伝統的で自然な製法によって作られた添加物不使用の水飴を使います。丁寧に作られた水飴のやさしい甘さを、石鹸に生かしてみましょう1月31日(木)&2月1日(金)ただ今、募集中です♪ The Sekken Times予約今年も楽しく石鹸作りましょうLet's enjoy soapmakingよろしくお願いいたします。

  • 27Dec
    • 今年もありがとうございました。+次回の予定

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです年々、時の過ぎ去るのが早くなっていきます。今年も石鹸教室で新たな出会いがあり、楽しく石鹸活動ができた年となりましたありがとうございました来る年も、変わりなく、おつきあいくださいますようお願いいたします次回のご案内をしておきます。日本酒と白ぬかの石鹸1月16日(水)、17日(木)、18日(金)、19日(土)いずれも10:30~きりえギャラリー&カフェ fermata2階持ってくる物エプロン、ゴム手袋、石鹸の型(専用のもの、牛乳パック)、汚れてもいいタオル、保温バッグレッスン料4,000-、倍量は5,500-お申し込みはコチラ The Sekken Times予約メールでのお問い合わせはコチラに    ↓ soapmakingisfun@gmail.comお待ちしております

  • 24Nov
    • 教室のご案内の画像

      教室のご案内

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです前に予告しておりましたが、来週、再来週と続けての教室のご案内ですチョコレート石鹸(昨年のチョコレート石鹸)11月28日(水)、29日(木)きりえギャラリー&カフェ fermata2階10:30~(約2時間)持ち物ゴム手袋、エプロン、牛乳パックまたは専用の型、汚れてもいいタオル、保温バッグ4,000yen(倍量は5,500yen)蜂蜜とオートミールの石鹸12月5日(水)6日(木)7日(金)→〆切8日(土)きりえギャラリー&カフェ fermata2階10:30~(約2時間)持ち物ゴム手袋、エプロン、牛乳パックまたは専用の型、汚れてもいいタオル、保温バッグ4,000yen(倍量は5,500yen)お申し込みはコチラ The Sekken Times予約お待ちしております

  • 15Nov
    • 教室の様子(11月)と次回教室(予告)の画像

      教室の様子(11月)と次回教室(予告)

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです秋の心地よさから、冬の厳しい寒さに移り変わろうとしていますそろそろ「木枯らし一号」という言葉も聞かれそうですね外にいても、中にいても、結局乾燥する季節…ということで、石鹸も冬本番に備えて冬支度をしました先日のレッスンは、シアバターの石鹸シアバターを贅沢に使いましたトップをクリスマスカラーでゆらゆらしたり、少し複雑なスワールにトライしてみたり、デザインも楽しみつつ、個性豊かな石鹸たちができあがりました参加者兼撮影係のNさんからのカット画像石鹸の雰囲気とご本人の雰囲気が、すごくマッチしていますこれもハンドメイドのおもしろさですねさて、次回の石鹸教室はチョコレート石鹸(11月28日、29日)蜂蜜とオートミールの石鹸(12月5日、6日、7日、8日)です。詳細は近々。気になる方は、早めにお問い合わせください soapmakingisfun!gmail.com (!→@)

  • 11Oct
    • 教室の様子(9月)と、案内(10月、11月)と。の画像

      教室の様子(9月)と、案内(10月、11月)と。

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesですまずは、9月の石鹸教室の様子をご報告ミントのハーブビア石鹸でした気の抜けたビールは、飲み会の終盤、飲み残したジョッキが並んでいる時のにおい…そんなにおいを吹き飛ばす爽やかミントシロップ自家製の和三盆ミントシロップを炭酸割りにして、味見してからのレッスンでしたいつもカメラ係を任せているNさん撮影いつもバッチリ撮影ありがとうございます石けん作り、初めての方がお二人いましたこの日も初コールドプロセスの方が皆さん、見た目もビールを意識されました泡との割合は2:8か3:7かと、石鹸の話かお酒の話かわからなくなりながら、仕上げたビール石鹸使うのが楽しみですねさて、10月の石鹸教室は緑豆とヨクイニンのプレミアム石鹸まだ少し空きあります。 10月の石鹸教室11月は会場の都合で10月31日(水)~11月2日(金)となりました。2週続けてのレッスンです。シアバターの石鹸昨年とはレシピを変えて、贅沢な冬の石鹸を作りましょうすでに問い合わせいただいています。 追記:11/2(金)〆切ました。気になる方は、お早めに The Sekken Times予約

  • 04Oct
    • 10月の石鹸教室の画像

      10月の石鹸教室

      福岡市の手作り石鹸教室The Sekken Timesです10月の石鹸教室のご案内です。予告していたよりも遅くなって、ごめんなさい。また、事前にお問い合わせ、お申し込みも多数いただき、ありがとうございました。緑豆とヨクイニンのプレミアム石鹸先日、藤澤由佳先生に習った台湾の伝統的な石鹸♪10月24日(水)25日(木)→締切26日(金)27日(土)→締切10:30~(約2時間)きりえギャラリー&カフェfermata2階レッスン代4,000yen(石鹸4~5個分)倍量は5,500yen持ち物ゴム手袋、エプロン、牛乳パック(または専用の型)、汚れてもいいタオル、保温バッグ専用の型を購入希望の方は、事前にご連絡ください。ご用意しておきます。レッスンの前にご確認ください レッスンの前に…お申し込みはコチラ The Sekken Times予約または、メールにてお問い合わせください。soapmakingisfun!gmail.com(!→@)よろしくお願いします