宇都宮市の結婚相談所 ブラックす〜さん 婚活ブログ

宇都宮市の結婚相談所 ブラックす〜さん 婚活ブログ

栃木(宇都宮)の結婚相談所、す〜さんの結婚相談室です。人は誰もが2面性を持つ。太陽と月、光と闇、表があれば裏がある。ここではそんな婚活界のブラックな部分を【裏モード】としてお伝えさせて頂きます。あなたの失敗は他人にとって成功の元!

こんにちは

栃木県宇都宮市の結婚相談所

す〜さんの結婚相談室の鈴木です


タイトルからして業界からクレームがっ!


許してくださいおねがい


お気付きだろうか


最近コンビニの如く増えている結婚相談所


右も左も結婚相談所だらけになりつつあるこの業界


そう増えれば増えるほど


???的な結婚相談所も当然出てくるのである


結婚相談所は


「僕やりたいです!」「私だってやりたい」と言って連盟に加盟金さえ支払えば運営ができてしまう



名前だって好きな屋号をつけられる


愛のむちむち結婚相談所とか


結婚相談所ぷりんぷりん


などなど



何だってありだ!


そんな事はどうだっていい!


言いたい事はここからだ


「仲人」

「結婚カウンセラー」

このような肩書がつくと


人生分かった風してアドバイスしたがることだ



しかも何故か上から目線物申す


例えば


お相手相談からのお断り理由がこのよう文面で届いたとする


「申し訳ございません。今回はご縁に繋がりませんでした。お話が続かなかったそうです。」


このお断り理由でニセ仲人は本人こう伝える


「今回はご縁に繋がらなかったようです。話が続かなかったそうです。

会話はキャッチボールです。相手のお話をよく聞いたり、質問したりしていきましょう。傾聴が大切ですよ」


さて問題です


何がおかしいか分かりますか?



答えはお相手相談所のコメントを全て受け止め、自分の主観のみで勝手にアドバイスしているのです


相手相談所のコメントはあくまでも前後の流れなど関係なくお相手の感情のみ、そう!一部のみ切り取ったに過ぎないのだ


本当だったらこう本人に確認してみるべきだ


「今回はご縁に繋がりませんでした。

確認なのですが、お相手様は話が続かなかったそうです。何か心当たりありますか


と、会員様にお見合いを振り返ってもらうことが先決なんです


「いや〜だって。遅刻はしてくるし。人の話は聞いてるのか。聞いてないのか。反応ないんですもの」


この言葉を聞いて初めてアドバイスというのは出来るものだと思うんです



でも殆どのニセ仲人は本人の意見など聞かずに勝手にアドバイスしたがる



あなたも相談所を探す時はしっかりと判断してくださいね


また怒られる、、笑い泣き


本日もお付き合い頂きありがとうございます


あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように照れ


す〜さんの結婚相談室