10/18〜20にかけて社員合宿の為、北海道のトマムに行って来ました。

初日の日曜は、スタッフがそれぞれ好きなアクティビティを選び、自分はラフティングに参加。
思っていた以上にハードな急流とヤンチャなスタッフの仕業で、見事に全員、沈没。
10月半ばのトマムの水はかなり冷たくて、ガタガタ震えながら帰りましたが、みんなとチカラを合わせてオールを漕ぐのはほんと楽しかったなぁ…




2日目は、朝ランで新鮮な空気を吸い、身体を起こした後は、朝から夕方までホテルに籠り、終日研修。


わざわざ北海道まで来て、しかも燃えるような紅葉に彩られた自然が目の前にあるのに勿体ないなぁと思いましたが、これがあるから充実した一年になるのだと思います。
一日がかりの研修で、社員一人ひとりが、やるべきことがより腹落ちしたようです。




その後の飲み会は、頭の汗をかきまくった研修後というのに加え、MVPや各賞の発表もあり、大いに盛り上がりました。

そして3日目の朝はマラソン大会!
走る前の写真と走った後の写真の落差が笑えます。
ちなみに自分はコースを間違えて最下位。。
自分でコース設定しときながら間違えるんだから、もう言うことは何もありません( ̄(工) ̄)

でも、みんな必死になって走ってくれて、これこそ青春だなぁ。。




今回は総勢20名の参加にも関わらず、事前にお店を予約出来なかったことに加え、Go toの凄まじい人手もあり、宿泊地であるリゾナーレトマムはかなりひどい状況でしたが、それでもやはり、やってよかったなぁと思いました。

日常や、日々の仕事で、魂が震える瞬間なんてそうはありません。

やって当たり前が要求されるバックオフィスのスタッフなら尚更です。

でも、こうして知らない土地に来て、観たことがないもの、触れたことがないものに触れながら、何のために仕事をしているのか、もっと言えばなんのために生きているのか、仲間と徹底的に考えると、自ずから魂も震えてきます。

お金も時間も相当かかるけど、それを補って余りあるもの。

それを見つけに来年も目標達成して、どこかにみんなで旅をしに行こう。