skyLetの『趣味と日常の小部屋』

skyLetの『趣味と日常の小部屋』

ブログの説明を入力します。


おはようございます!
「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督の最新作「イソップの思うツボ」を観てきたskyLetです('∇')





「カメ止め!」で一躍時の人となった上田監督の映画『イソップの思うツボ』を観てきました。




苗字に亀・兎・犬の名を持つ3家族の騙しあいを描いた話。



内向的な性格で友達のいない大学生・亀田美羽(石川瑠華)、美羽の同級生で家族でタレント活動をする兎草早織(井桁弘恵)、父親と二人で復讐代行業務を営む戌井小柚(紅甘)の3人を中心に、それぞれの家族が騙し騙される様子を描く。





ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー





8月は観たい映画が少なく、この作品が今月最初の鑑賞となりました。





「カメラを止めるな!」のクリエイター再集結!という触れ込みに引かれて観てきました。



昨年公開され大ヒットした“カメ止め!”。
いろいろ問題もありましたが作品自体は面白くて大好きな映画です。



そんなカメ止め!の上田監督の最新作が公開されたので観てきました。

…て、あとで気づいたんですがこの作品。カメ止めのスタッフ2人も監督として名を連ねており、上田監督を含めた3人の共同による脚本・監督作品らしいです。





この「イソップの思うツボ」もカメ止め!同様、前後半で内容がガラリと変わります。

前半は3つの家族のほのぼのした良い話ですが、後半は謎や疑問が溢れる展開に!
何がどうなってるのか、頭の中で整理しながら観ていく必要があります。

このような展開で“最後に全てがわかる”的な作品は大好物なので、自分も騙されてる感覚を楽しみながら見てしまった(´∇`;)



ただ、後半はシリアスで重たいシーンが続くので見終わった時はズッシリ感に襲われます。
カメ止め!のスッキリした終わり方とは真逆なので、そこだけで評価してしまうと作品の面白さより後味の悪さが上回ってしまい、評価が別れてしまう印象でした。



前作と比べてはいけないと思いますが、あれだけヒットして注目を集めた作品のあとですからどうしてもハードルを上げて観てしまいます。

かく言う私も期待と不安が半々の状態で観てましたし(=∇=;)



総じてカメ止め!以上のインパクトはありませんでしたが、展開や大まかな内容は個人的に好きで面白かったです。



俳優陣はカメ止め!同様、存じ上げない方でした。
主演のお三方はお綺麗な方ばかりでしたが、他の方はね。
カメ止め!が個性豊かな人ばかりでそれぞれ印象に残りましたが、今回は悪役・近藤を演じた方くらいかな( ̄∇ ̄)

もしかしたらカメ止め!の出演者がカメオで出演してるかもと思いましたがなかったですね(´∇`)



前作と同じ、もしくはそれ以上のクオリティーで作品を作り続けることは難しいと思いますが、上田監督には次回作も面白い作品を撮っていただきたいです('∇')






☆×3.5/5






それでは、また(o∇n)!