11月27日(火)

テーマ:

 

 

 

 

 

みなさんこんばんは。

 

 

 

 

前回の投稿から、

 

 

 

試合期間に突入し、

 

 

 

フェイスブックやツイッターでは比較的リアルタイムの投稿をしていたのですが、

 

 

 

ブログの投稿は久々になります!

 

 

 

 

 

 

 

試合期間に突入したと書きましたが、

 

 

 

すでにスラロームの試合が4戦終わりました。

 

 

 

会場はどちらも、

 

 

 

PassThurnというところで、

 

 

 

実はここのレースに参戦するのは今年で3年目になります。

 

 

 

前回のブログにも書きましたが、

 

 

 

11月17日〜18日に開催されたのが、

 

 

 

CITレースと言って、

 

 

 

基本的にはFISレースと大きく変わりはないのですが、

 

 

 

1つ違いのが、参加選手のレベルです。

 

 

 

FISレースより1段階選手のレベルが低いことが多く、

 

 

 

今回のレースもペナルティーは30点をギリギリ切るくらいでした。

 

 

 

優勝選手で27〜29点だったので、

 

 

 

僕のポイント的には優勝しなければいけないレースだったのですが、

 

 

 

初日は固いバーンの上でうまくスピードを乗せることができず、

 

 

 

惨敗の3秒差...。

 

 

 

2日目は1日目に優勝した選手が棄権したのもありますが、

 

 

 

1本目で0.4秒差に付け、

 

 

 

優勝もできる感覚はあったのですが、

 

 

 

2本目に2回ほど大きく減速してしまい結果1.4秒も離されてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

翌週に行われたFISは、

 

 

 

昨年ほどのレベルにはならなかったものの、

 

 

 

CITよりはやはり高いレベルになりました。

 

 

 

優勝した選手は12点を持っていたので、

 

 

 

ヨーロッパカップにギリギリ参戦できないくらいの選手です。

(昨年はヨーロッパカップのチームが参戦していました)

 

 

 

ゼッケンも昨年よりやや早くなり17番。

 

 

 

もちろん優勝を狙って行きました。

 

 

 

結果は、

 

 

 

1日目 19位 3.54差 45点

2日目 DNF1

 

 

 

という感じでした。

 

 

 

 

昨年に比べて自分の中で成長を感じてはいますが、

 

 

 

今年の目標である、

 

 

 

こちらでの10点代の獲得

FISレース10位以内常連

 

 

 

にはまだ遠いです。

 

 

 

 

そして今回のレースで学んだことは、

 

 

 

 

ライン取りの違い。

 

 

 

自分はスキーを確実にたわませて、

 

 

 

板の雪面とのズレが大きく出ないように滑っていたのですが、

 

 

 

タイムの違いや、アップバーンの滑りを見たり、

 

 

 

アウトした2日目に近くでトップの選手の滑りを見た感じでは、

 

 

 

トップの選手はできるだけ真っ直ぐラインを詰めて、

 

 

 

その中でズレてしまった時はタイムロス。

 

 

 

ズレずにスピードを乗せてゴールまで行けた選手が優勝する。

 

 

 

というのを肌で感じました。

 

 

 

これは練習の時点でもちろんある程度「自分がどこまで滑れるか。」

 

 

 

という裏付けがあってのものではあるものの、

 

 

 

試合の日の

 

 

 

「少しでもラインを詰める」

 

 

 

という感情がやはり自分より多いなと感じました。

 

 

 

 

実際にトップの選手でもラインを詰めることによって、

 

 

 

後半に板がズレることはありますが、

 

 

 

そのラインでズラさないように滑る。

 

 

 

ということを前提にしなければ先はないということを理解して、

 

 

 

練習や試合に臨んでいるということが、

 

 

 

ヒシヒシと伝わってきました。

 

 

 

この感覚を4レースで感じることができたのは、

 

 

 

大きな収穫だったかなと思います。

 

 

 

 

 

 

今までの練習で自分の中に昨年とは違ういいイメージはあるので、

 

 

 

あとはそのイメージを崩さず、

 

 

 

試合の日に、

 

 

 

何としてもこのラインで板をたわませる!!

 

 

という強い気持ちを持って臨みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

現在はReiteralmというところで、

 

 

 

次の試合に向けてトレーニングができることになったので、

 

 

 

次の試合はGSですが、

 

 

 

試合までに滑りの方向をしっかり決めて、

 

 

 

目標をクリアできるようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マテリアル(板)に関しても、

 

 

 

今シーズンはすごく印象が良く、

 

 

 

自分の中の不安も少ないので、

 

 

 

成績にこだわってレースに臨みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今後のレーススケジュールですが、

 

 

 

 

 

12/1-2 Reiteralm GS

 

12/5-6 Val Gardena SL

 

12/8-9 Mittersll SL

 
 
 
 
となっています。
 
 
 
 
 
 
帰国まで6戦なので、
 
 
 
何としても10点代を取る。
 
 
 
と言う気持ちで戦いたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
今後とも応援のほどよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
細かいレースの投稿等は、
 
 
 
フェイスブックやツイッターでも投稿していますので、
 
 
 
お時間のある時にご確認頂ければ嬉しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは引き続き頑張ります!!

 

 

 

 

 

Kenta.O