ロステレコム杯 滑走順

皆様、こんにちは。

GPSロステレコム杯は男子のショートプログラムから始まります。
珍しいですよね〜

ショートプログラムは結弦さんは最終滑走です。
最終滑走は何だか久しぶりのような気がします。

今夜8時46分頃から第2グループの6分間練習が始まり、結弦さんの滑走時間は9時26分頃になります。

【ショートプログラムの滑走順】
※日本時間で掲載しています。

《男子]
11月11日(金)20:00〜21:33

第1グループ
6分間練習  20:00〜20:06
1  アンドレイ・ラズキン(ロシア)20:07〜
2  パウル・フェンツ(ドイツ)20:14〜
3  アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)20:20〜
4  ブレンダン・ケリー(オーストラリア)20:27〜
5  ジュリアン・ジー・ジエ・イー(マレーシア)20:33〜
6  アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)20:40〜

第2グループ
6分間練習  20:46〜20:52
7  アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)20:54〜
8  友野一希(日本)21:00〜
9  キーガン・メッシング(カナダ)21:07〜
10  モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)21:13〜
11  ミハイル・コリヤダ(ロシア)21:20〜
12  羽生結弦(日本)21:26〜


【ライスト】
中国のライスト

ユーロスポーツ2

Match TV

Match Arena


【テレビ情報のまとめ】

グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会
11月16日(金)20:00〜21:54
テレビ朝日
男子シングル/ショート 羽生結弦・友野一希

SPORTSウォッチャー▽フィギュア羽生結弦

11月16日(金) 23:58〜24:12

テレビ東京

フィギュアGPロシア、男子ショートプログラムに羽生結弦が登場!今季最高得点は?


羽生結弦が登場!フィギュアGPロシア大会
11月17日(土)01:20〜01:25
テレビ朝日 
羽生結弦&ザギトワが登場!『グランプリシリーズ第5戦 ロシア』

北国トラベラーズ“宮城編” レンタサイクルでGO! お国自慢の秋保たび

11月17日(土)15:30〜16:00

ミヤギテレビ

仙台駅からバスで約30分とアクセス抜群の秋保は大自然の絶景あり、羽生結弦選手ゆかりのパワースポットあり、日本一グルメあり…と自慢したい観光名所がたくさん!


グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会
11月17日(土)18:56〜21:24
テレビ朝日
女子/ショート  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良
男子/フリー  羽生結弦・友野一希

羽生結弦が登場!フィギュアGPロシア大会
11月18日(日)01:35〜01:40
テレビ朝日 
羽生結弦&ザギトワが登場!『グランプリシリーズ第5戦 ロシア』

フィギュア名演技集
11月18日(日)03:40〜04:00
テレビ朝日

グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会
11月18日(日)10:00〜11:45
テレビ朝日
女子/フリー  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良

グランプリシリーズ第5戦  ロシア大会
11月18日(日)13:00〜14:30
BS朝日
男子シングル/ショート 羽生結弦・友野一希

グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会
11月18日(日)14:30〜15:54
BS朝日
女子/ショート  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良 

グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会
11月18日(日)21:00〜23:26
BS朝日 LIVE放送
エキシビション

グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会
11月19日(月)12:00〜13:55
BS朝日
女子/フリー  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良

グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会
11月19日(月)21:00〜22:54
男子/フリー  羽生結弦・友野一希

他にニュース番組として
報道ステーション
NEWS23
ZERO
FNNニュースα
ニュースチェック
テレビ朝日系列の朝の番組
めざましどようび
ズームインサタデー
NHKニュース
サタデースポーツ
これらの番組も予約してみてください。 


お写真をスポニチアネックス様より感謝してお借りします。



<フィギュア・ロシア杯公式練習>本番に向け静かに闘志を燃やす羽生結弦(撮影・小海途 良幹さん)



<フィギュア・ロシア杯公式練習>氷の感触を確かめる羽生結弦(撮影・小海途 良幹さん)


<フィギュア・ロシア杯公式練習>笑顔で練習する羽生結弦(右)=撮影・小海途 良幹さん

<フィギュア・ロシア杯公式練習>ブリアン・コーチ(右)、オーサー・コーチ(同3人目)の前でおどけたポーズを決める羽生結弦(同4人目)=撮影・小海途 良幹さん


<フィギュア・ロシア杯公式練習>SPの滑走順抽選に臨む友野一希(中央)と羽生結弦(左)=撮影・小海途 良幹さん

結弦さんも一希くんも練習してきたことが出せる試合になりますようにキラキラ


今夜もお茶の間アリーナで応援しましょうね日本

GPSロステレコム杯のまとめ

グランプリシリーズ第5戦 ロステレコム杯(ロシア大会)のまとめ

【開催場所】
ロシア モスクワ
メガスポルトアリーナにて


【開催期間】
※日本時間で
2018年11月15日(木)〜11月18日(日)


【ISU公式サイト】


【ロステレコムカップ公式サイト】


【公式スケジュール】


【タイムスケジュール】
※日本とモスクワの時差は6時間で、日本の方が6時間進んでいます。
※日本時間で記載しています。

11月15日(木)
16:30〜17:50  男子公式練習
18:05〜19:05  アイスダンス公式練習
19:20〜20:20  ペア公式練習
20:35〜21:55  女子公式練習

11月16日(金)
14:30〜15:30  男子公式練習
15:45〜16:45  アイスダンス公式練習
17:00〜18:00  ペア公式練習
18:15〜19:15  女子公式練習
20:00〜21:33  男子SP
22:05〜23:18  アイスダンスRD
23:45〜  氷上オープニングセレモニー

11月17日(土)
00:30〜01:37  ペアSP
02:00〜03:26  女子SP
13:45〜14:55  男子公式練習
15:10〜16:10  アイスダンス公式練習
16:25〜17:25  ペア公式練習
17:40〜18:50  女子公式練習
19:30〜21:19  男子FS
21:45〜23:08  アイスダンスFD
23:30〜00:47  ペアFS

11月18日(日)
01:15〜02:56  女子FS
15:00〜16:00  エキシビション第1部練習
16:00〜17:00  エキシビションフィナーレ練習
17:00〜18:00  エキシビション第2部練習
20:00〜21:00  表彰式 男子・女子・ペア・アイスダンス
21:00〜23:30  エキシビション

11月19日(月)
01:00〜03:30  バンケット


【ライスト】
ISU公式チャンネル
(地域制限があるかもしれません)

中国のライスト
(未確定) 

ロシアのライスト
(未確定)


【出場選手】
男子
1   ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
2   キーガン・メッシング(カナダ)
3   モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア) 
4   パウル・フェンツ(ドイツ)
5   羽生結弦(日本)
6   友野一希(日本)
7   ジュリアン・ジー・ジエ・イー(マレーシア)
8   アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
9   ミハイル・コリヤダ(ロシア)
10  アンドレ・ラズキン(ロシア)
11  アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)
12  アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)

◎ロシアのアルトゥール・ドミトリエフさんは今季のネーベルホルン杯で、3回転ルッツ+3回転フリップを世界で初めて成功された選手です!
また4回転アクセルも練習されていて、今回のロステレコム杯で挑戦したいと以前コーチが仰っていました。
もちろん結弦さんが世界で初めての成功者になってほしいという思いはありますが、全日本選手権までは練習できる状況ではないとフィンランド大会のプレカンで仰っていました。

◎ロステレコム杯はデニス・テンさんがエントリーされていた試合です。


女子
1   松田悠良(日本)
2   白岩優奈(日本)
3   山下真瑚(日本)
4   エリザベータ・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
5   イム・ウンス(韓国)
6   ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
7   ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
8   アリーナ・ザギトワ(ロシア)
9   アレクシア・パガニーニ(スイス)
10  グレイシー・ゴールド(アメリカ)

◎樋口新葉ちゃんは右足リスフラン関節損傷のため棄権
◎白岩優奈ちゃんが出場します
◎グレイシー・ゴールドちゃんが戻ってきます!

ペア
こちらでご確認ください。

アイスダンス
小松原美里/ティム・コレト(日本)
その他の選手はこちらでご確認ください。


【テレビ放送】
《テレビ朝日》
男子シングル/ショート 羽生結弦・友野一希
11月16日(金)20時00分〜21時54分

女子/ショート  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良
男子/フリー  羽生結弦・友野一希
11月17日(土)18時56分〜21時24分

女子/フリー  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良
11月18日(日)10時00分〜11時45分


《BS朝日》
男子シングル/ショート 羽生結弦・友野一希
11月18日(日)13時00分〜14時30分

女子/ショート  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良 
11月18日(日)14時30分〜15時54分

エキシビション 〔LIVE放送〕
11月18日(日)21時00分〜23時26分

女子/フリー  山下真瑚・白岩優奈・松田悠良
11月19日(月)12時00分〜13時55分

男子/フリー  羽生結弦・友野一希
11月19日(月)21時00分〜22時54分

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
スポニチアネックス様、JIJI.COM様、日本経済新聞様より感謝してお記事とお写真をお借りします。

羽生 モスクワ到着「やれることやってきた」、ロシア杯16日開幕 

11月14日(水)23時34分配信  スポニチアネックス様より


 フィギュアスケートのGPシリーズ第5戦ロシア杯(16、17日)に出場する羽生結弦(ANA)が14日、モスクワに到着した。「やれることをしっかりやってきた。あとは現地で調整できることをしっかり調整して臨みたい」と意気込みを語った。


 2週前の第3戦フィンランド大会ではショートプログラム、フリーとも今季のルール改正後の世界最高得点で優勝。「試合空けてからすぐなので、試合後はちょっと調子悪くなったりした。ただ、しっかり戻してこられたので、あとは現地での調整だけかなと思います」と明かした。


 今季のフリーは憧れのトリノ五輪金メダリスト、プルシェンコさんの伝説的なプログラム「ニジンスキーに捧(ささ)ぐ」をアレンジした「Origin(原点)」。その演技をロシアで滑ることになるが、「やることはそんなに変わらない。フィンランドの時にできた内容以上のものを頑張ってやるのが一番の目標。一つ一つ丁寧に頑張りたいと思います」と話した。


 今大会で12月のGPファイナル(バンクーバー)出場権が懸かる。昨季はGP2戦目のNHK杯の公式練習で右足首を負傷しただけに、「まず公式練習をしっかり無事に終えるように。昨年みたいなことにならないようにしっかり気をつけます」と足元を見つめた。


このお記事のフォト



ロシア杯出場のためロシアに到着した羽生結弦(撮影・小海途 良幹さん)

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/14/kiji/20181114s00079000582000c.html


羽生「フィンランド以上を」=ロシア杯へ向け現地入り-フィギュア

2018年11月14日(水)23時43分配信  JIJI.COM様より

 【モスクワ時事】16日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯に出場する男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)が14日、開催地のモスクワに到着し、「しっかりやってきた。あとは現地でしっかり調整して臨みたい」と意気込みを語った。

 第3戦のフィンランド大会では、4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半)の連続技を決めるなど今季世界最高の合計297.12点で優勝。今大会で3位以内に入ればシリーズ上位6人で争うGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)進出が無条件で決まる。「フィンランドの内容以上のものをやろうということが一番。一つ一つ丁寧に頑張りたい」と話した。
 男子は他にミハイル・コリャダ(ロシア)、友野一希(同大)らが出場。16日にショートプログラム(SP)、17日にフリーが行われる。 

フィギュアスケートのロシア杯のため、モスクワ入りした羽生結弦=14日

羽生「丁寧に頑張る」 フィギュアGPロシア杯へ抱負

11月15日(木)00時06分配信  日本経済新聞様より


【モスクワ=共同】フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は14日、グランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯(16、17日)の開催地モスクワに到着し「やれることをしっかりやってきた。一つ一つ丁寧に頑張りたい」と穏やかな表情で抱負を語った。


羽生はGP第3戦のフィンランド大会でルール改正後の世界最高得点で快勝。中1週での試合で「(前の)試合後はちょっと調子が悪くなったりしたが、しっかり戻してこられた」と強調した。


今大会で3位以内に入れば、5度目の優勝が懸かるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)への出場が決まる。昨年は自身GP2戦目の公式練習で右足首を負傷したが「まず公式練習をしっかり無事終えるように。昨年みたいなことにならないように気をつけます」と笑みを浮かべて語った。


モスクワに到着した羽生結弦(14日)=共同

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

第3戦のフィンランド大会を終えられてから「調子が悪くなったりした」と書いてありますね。
体調を崩されたのか、ジャンプのタイミングが合わなくなったのか詳しくは分かりませんが、「しっかり戻してこられた」と仰っていますので結弦さんを信じましょうね。

またグランプリシリーズ2戦目ということで去年のNHK杯を思い出されますが、「まず公式練習をしっかり無事終えるように。昨年みたいなことにならないように気をつけます」と仰いました。
過信は禁物ということを誰よりも分かっておられるのが結弦さんご本人ですね。

コリヤダさんやキーガンさん達良いライバルが出場されますので、またレベルの高い白熱した大会になるでしょうね炎
結弦さんがファイナルへ進めるには3位以内に入ることですが、勝負師ですのでもちろん優勝を目指していらっしゃるはず!
またご一緒に応援しましょうね日本

皆様、おはようございます。

NHK杯フィギュア2018、男子とペアとアイスダンスの結果と感想です。

お写真はスポーツナビ様(撮影は坂本清さん)より感謝してお借りします。

【男子】
宇野昌磨くんが初出場で見事優勝です!!
セルゲイ・ヴォロノフさんが銀メダル音符
マッテオ・リッツォさんは今年グランプリシリーズにデビュー、2戦目で表彰台に上がることができましたキラキラ
3人ともおめでとうございます日本🇷🇺イタリア



《男子 フリープログラムの結果》


1.宇野昌磨くん
『月光』
得点:183.96(技術点 TES|PCS89.78)
総合得点:276.45

4S<  4F  4T  4T+REPso / 3A  3A+1Eu+3F  3S so
前半3種類の4回転ジャンプを決めて「これはイケる!」と思いましたが、2回目の4回転トウループでステップアウトしてしまいリピート扱いになり、最後のサルコウもセカンドジャンプがつけられず今回はコンボ券を2つも余らせてしまいましたアセアセ
日本選手の中でも群を抜いて体力がありそうな昌磨くんですが、今季4戦目(ロンバルディア杯・JO・スケートカナダ・NHK杯)になっても後半はやっぱり辛そうですね。
それでも試合を重ねるごとに良いプログラムに仕上がりつつあるのは確かです。

4回転ジャンプを3種類、トリプルアクセルを2回組み込んだジャンプ構成ならNHK杯のアサインでは何回も転倒しない限り勝てる試合です。
だからショートの時の日本開催による採点の地元上げは必要ないのです。
(地元上げがあったと仮定しての私なりの感想です)
昌磨くんが練習してきたことを出せれば自ずと勝てるのです。
それが今季の昌磨くんの「信じる」という言葉に繋がるはずです。

初めてのNHK杯は緊張したでしょうか?
初優勝、本当におめでとう拍手


2.セルゲイ・ヴォロノフさん
『Way Down We Go』
得点:162.91(TES 80.55|PCS82.36)FS自己ベスト更新
総合得点:254.28 総合自己ベスト更新


4T  3Lo  3T+1Eu+3S so  2A / 3A  3A+2T  3Lz+2T
ジャンプは少し着氷に乱れがありましたが、ジャンプ自体は高さがあって綺麗でした。

デニス・テンさんの振付。
ヴォロノフさんのスケート人生の歩みを表現したかのような振付ですね。


3.マッテオ・リッツォさん
『ローリング・ストーンズメドレー』
得点:147.71(TES 70.07|PCS 78.64|Ded -1.00)
総合得点:224.71


4T< fall  3A+2T  3Lz ot+3T  3Lo / 3A<  3F+1Eu<+2S  3Lz
冒頭の4回転トウループは転倒しましたが、そこからきちんと集中して一つ一つの要素をこなし最後までスピードが落ちませんでした。 
一つ目のキャメルスピンの入り方に工夫があって良かったです。


5.山本草太くん
『「信長協奏曲」より』
得点:138.42(TES 62.64|PCS 75.78)
総合得点:213.40 総合自己ベスト更新


1A  3A  3Lz!+3T  3Lz e / 3F  3Lo+2T  2A+1Eu+1S 
所々に結弦さんリスペクトの体の動かし方であったり振付がありましたね。
コンビネーショスピンでキャメルからドーナツスピンのためにスケート靴のエッジを掴もうとしてうまくいかなかった時に手を切ったのかもしれません。
最後まで力強く滑りグランプリシリーズのシニアデビューを果たしました!

デニス・ヴァシリエフスくんと草太くんは共に刀を鞘に収めてフィニッシュですニヤリ


メダルを期待されていたドミトリー・アリエフくんはジャンプを跳ぶ度に軸が傾き調子が良くなかったですね。


デニス・ヴァシリエフスくんはファンタジー・オン・アイスでとても上達していたので期待していたのですが、ジャンプが決まらずに残念でした。
でも表現力やスピンが素晴らしいのでこれからもっともっと伸びていってほしいです。


佐藤洸彬さんは2年連続でNHK杯に出場!
ジャンプの転倒はありましたが体の使い方が良く、表現力のある洸彬さんだからこそのカッコいいプログラムでした。


《男子 リザルト》

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
《ペア リザルト》

﨑海羽ちゃん/木原龍一さん
Turn To Stone
得点:93.76(TES 49.60|PCS 46.16|Ded  2.00)
総合得点:143.69

3Tw  3Lz<< df  3T+2T+2T  3FTh fall  3STh fall
3回転のツイストリフトは川口悠子さんの解説によると、キャッチされる時に海羽ちゃんの手が龍一さんの体に触れない方が良いそうです。
フリーで3回転ルッツを入れてきましたが海羽ちゃんが回転不足で両足着氷でした。
3連続ジャンプは決まりました!
スロージャンプが2本とも転倒したのが残念でした。
それでも綺麗なリフトと深いデススパイラルは見事でした!

川口悠子さんが「パートナーは信頼しても頼ってはいけない」と仰いました。
それぞれが自身のやるべきことを完璧にしてこそ点数に繋がるわけですが、ペアは怪我も多く本当に大変な競技だと思います。

フィンランド大会から2戦連続の出場、お疲れ様でした。
次は全日本でしょうか?
しっかり体のケアをして頑張ってね。
この坂本清さんが撮影されたツイストリフトを捉えた瞬間がとても綺麗ですキラキラ

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

《アイスダンス リザルト》

小松原美里ちゃん/ティム・コレトさん

リズムダンス
得点:59.40(TES 32.08|PCS 27.32)

ツイズルが綺麗に決まりましたキラキラ
つなぎ部分でコレトさんのホールドが浅かったのか美里ちゃんが体勢を崩しましたが得点に影響はなかったかと思われます。
リフトもすごく良かったです!



フリーダンス
『ある愛の詩』
得点:94.87(TES 52.28|PCS 42.59)
総合得点:154.27

冒頭の右回転を含んだコンビネーショスピン、リフトはカーブ(1回目)、ローテーショナル、ストレートそれぞれでレベル4を取れました。
ツイズルも揃っていて綺麗でした。

会場にチームココの応援バナータオルが振られていましたラブラブ
ちゃんとココのお二人を支える日本のフィギュアファンがいて嬉しい光景でした。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
去年のNHK杯は優勝候補のお一人であった結弦さんが怪我によって棄権、知子ちゃんは股関節の疲労骨折からの復帰戦で残念ながら全てのカテゴリーにおいて日本選手が表彰台に立つことができませんでした。
でも今年は昌磨くんと知子ちゃんと梨花ちゃんと3人も表彰台に上がることができました!
40年という記念大会で良い成績を収められて良かったですね。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【ここまでの獲得ポイント】
男子
1  宇野昌磨  30(15+15)
2  ミハル・ブレジナ  26(13+13)
3  セルゲイ・ヴォロノフ  24(11+13)
4  チャ・ジュンファン  22(11+11)
5  マッテオ・リッツォ  20(9+11)
6  ヴィンセント・ジョウ  16(7+9)
7  羽生結弦  15(15+ロステレコム杯)
8  ネイサン・チェン  15(15+フランス大会)
9  キーガン・メッシング  13(13+ロステレコム杯)
10  ナム・ニューエン  12(5+7)
11  アレクサンドル・サマリン  9(9+フランス大会)
12  ミハイル・コリヤダ  9(9+ロステレコム杯)
13  ボーヤン・ジン  7(7+フランス大会)
14  ドミトリー・アリエフ  7(7+フランス大会)
17  山本草太  5(1戦のみ)
23  田中刑事  3(3+フランス大会)
27  友野一希  0(0+フランス大会)
31  佐藤洸彬  0(1戦のみ)

男子のファイナルへの進出者
宇野昌磨くん/ミハル・ブレジナさん

残りの枠は4。
結弦さんが進めますようにキラキラ
ネイサンくんとキーガンさんもよっぽどのことがなければ進めると思います。


女子
1  宮原知子  28(15+13)
2  エリザベータ・トゥクタミシェワ  26(15+11)
3  坂本花織  24(13+11)
4  マライア・ベル  16(9+7)
5  紀平梨花  15(15+フランス大会)
6  アリーナ・ザギトワ  15(15+ロステレコム杯)
7  山下真瑚  13(13+ロステレコム杯)
8  スタニスワラ・コンスタンティノワ  13(13+フランス大会)
9  ソフィア・サモドゥロワ  11(11+ロステレコム杯)
10  エフゲニア・メドベージェワ  11(11+フランス大会)
11  三原舞依  9(9+フランス大会)
12  ブラディ・テネル  9(9+フランス大会)
13  白岩優奈  9(9+ロステレコム杯)
19  樋口新葉  5(ロステレコム杯を棄権のため1戦のみ)
28  本田真凛  3(3+フランス大会) 
33  本郷理華  0(1戦のみ)
35  松田悠良  0(0+ロステレコム杯)

※樋口新葉ちゃんが右足リスフラン損傷でロステレコム杯を棄権
※樋口新葉ちゃんに代わり白岩優奈ちゃんがロステレコム杯に出場します

女子のファイナルへの進出者
宮原知子ちゃん/エリザベータ・トゥクタミシェワさん

残り4枠
ザギトワちゃん、梨花ちゃん、真瑚ちゃん、舞依ちゃん、優奈ちゃん、メドベージェワちゃん、コンスタンティノワちゃんの中から決まると思います。

金曜日からいよいよロステレコム杯です!
結弦さんが良い演技ができるように応援しましょうねグー

いつでもどこでも半袖大将の坂本さん、沢山の素敵なお写真をありがとうございました。
皆様、こんにちは。

NHK杯フィギュア2018の競技会は無事に終わりました

女子はシニアデビューの紀平梨花ちゃんが逆転初優勝!!
宮原知子ちゃんはショートの順位を守り銀メダルルンルン
トゥクタミシェワさんはショート1位から順位を落としましたが銅メダルを獲得
3人ともおめでとうございます日本日本🇷🇺

お写真はスポニチアネックス様、スポーツナビ様、Getty様より感謝してお借りします。

<フィギュアNHK杯第2日>笑顔で並ぶ(左から)宮原知子、紀平梨花、トゥクタミシェワ(撮影・小海途 良幹さん)

《女子のフリーの結果》

1.紀平梨花ちゃん
『A Beautiful Storm』
得点:154.72(TES 87.17|PCS 67.55)FS自己ベスト更新
総合得点:224.31 総合自己ベスト更新


3A+3T  3A  3Lo  3Lz+2T / 3F  3Lz+2T+2Lo  3S
梨花ちゃんがトリプルアクセルを2本ともクリーンに降りました!
3A+2Tを予定していましたがセカンドに3Tをつけました。
ステップとスピンは全てレベル4の素晴らしい演技でしたキラキラ



2.宮原知子ちゃん
曲は『ブエノスアイレスの冬』
得点:143.39(TES 71.89|PCS71.50)
総合得点:219.47


3S  3Lz!+3T  3Lo  3Lz! / 2A<+3T  3F+2T+2Lo<   2A
フリーもお衣装が変わりました。
日本のエースらしいパーフェクトな演技だと思ったのですがルッツでアテンションが、後半のジャンプは回転不足がありました。
少し緊張したのでしょうか知子ちゃん比で体が思うように動かなかったのかもしれません。
でも私はいつも知子ちゃんの演技から感動をいただいていますおねがい



3.エリザベータ・トゥクタミシェワさん
『You Don't Love Me』『Petite Fleur』『Cat Groove』
得点:142.85(TES 76.21|PCS 66.64)FS自己ベスト更新
総合得点:219.02 総合自己ベスト更新


3A ot  3Lz+3T  3Lz  2A+3T / 3Lo  3S  2A+2T+2Lo
トリプルアクセルがオーバーターンした以外は貫禄の演技でした。



4.マライア・ベルちゃん
『希望の扉』ほか
得点:135.99(TES 71.42|PCS 64.57)FS自己ベスト更新
総合得点:198.96 総合自己ベスト更新

2A+3T  3Lo  3F+2T  2A / 3Lz!+2T+2Lo  3F  3Lz!
ジャンプをきっちり決めてスピンも綺麗!スパイラルも美しかったですキラキラ
(撮影:坂本清さん)


5.三原舞依ちゃん
『映画「The Mission」より』『Gabriel's Oboe』
得点:133.82(TES 67.71|PCS66.11)
総合得点:204.20

3Lz+3T<  2A  3Lo  3F / 2A+2T  3Lz+2T+2Lo  3S
冒頭のコンビネーショのセカンドジャンプは回転不足でしたねアセアセ
でも最後のサルコウまで全て降りられて良かったです!

ベルちゃんはベルたそラブラブ
舞依ちゃんはまいたそブルーハーツ
と呼ばれるくらい可愛い2人。

『たそ』とは
カタカナで書くと『タソ』
カタカナの『ソ』はカタカナの『ン』に似てますでしょ。
つまりタソと書いてタン(たん)と呼んだり、そのままタソ(たそ)でも良いのです。
ベルたそ、ベルたん
まいたそ、まいたん
私は『たそ』がお気に入り照れ

2人の天使は広島の地に癒しを与えるのが使命だったのではないでしょうか。


《女子 リザルト》

舞依ちゃんは4位、ベルちゃんは5位でした。

時間がないので男子の結果はまた別記事で書かせていただきます。
昌磨くん、初優勝おめでとう音符

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【レジェンドオンアイスの出場者】
伊藤みどりさん、本田武史さん、荒川静香さん、織田信成さん、髙橋大輔さん、鈴木明子さん、川口悠子さんの7名。

《テレビ放送》
11月11日(日)13:30〜15:00
NHKBS1


【エキシビションの滑走順】
前半
01   オープニング
02   スケーター紹介
03   手嶋里佳
04   ヴィンセント・ジョウ
05   ウンス・イム
06   アイスダンス
07   山本草太
08   ペア アレクサ・シメカ・ケネリム / クリス・ケネリム
09   エリザベータ・トゥクタミシェワ
10   アイスダンス
11   デニス・ヴァシリエフス
12   三原舞依

後半
13   垂水爽空 
14   マライア・ベル
15   ペア カーステン・ムーアタワーズ / マイケル・マリナロ
16   マッテオ・リッツォ
17   
18   宮原知子
19   ペア チェン・パン(彭程) / ヤン・ジン(金楊) 
20   セルゲイ・ヴォロノフ
21   アイスダンス
22   紀平梨花
23   ペア ナタリア・ザビアコ / アレクサンドル・エンベルト
24   宇野昌磨
25   フィナーレ

《テレビ放送》
11月11日(日)15:05〜17:35
NHKBS1

11月12日(月)01:30〜02:20
NHK総合

昌磨くんは初めての大トリです!!
皆様、こんにちは。

NHK杯フィギュアが広島で開幕しました。
1日目の結果を振り返りたいと思います。

お写真はスポニチアネックス様とGetty様より感謝してお借りします。
<フィギュアNHK杯第1日>女子SPを終え笑顔で並ぶ(左から)紀平梨花、宮原知子、三原舞依(撮影・小海途 良幹さん)

《女子ショートプログラム》
1.エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
        TSS  76.17  TES  43.18  PCS  32.99
2.宮原知子(日本)
       TSS  76.08  TES  40.33  PCS  35.75
3.三原舞依(日本)
       TSS  70.38  TES  37.70  PCS  32.68
4.イム・ウンス(韓国)
       TSS  69.78  TES  38.21  PCS  31.57
5.紀平梨花(日本)
       TSS  69.59  TES  38.40  PCS  32.19  Ded  1.00
6.アリョーナ・レオノワ(ロシア)
       TSS  68.22  TES  36.76  PCS  31.46
7.マライア・ベル(アメリカ)
       TSS  62.97  TES  32.77  PCS  31.20  Ded  1.00
8.アンジェラ・ワン(アメリカ)
       TSS  60.82  TES  31.68  PCS  29.14
9.マリア・ソツコワ(ロシア)
      TSS  60.75  TES  29.15  PCS  31.60
10.コートニー・ヒックス(アメリカ) 
      TSS  59.10  TES  31.50  PCS  27.60
11.カイラニ・クレイン(オーストラリア)
      TSS  58.21  TES  30.44  PCS  27.77
12.マエ=ベレニス・メイテ(フランス) 
      TSS  50.49  TES  24.33  PCS  27.16  Ded  1.00

家事をしながらのテレビ観戦のため全選手の演技を見ていませんが、印象に残ったことだけ。

1.エリザベータ・トゥクタミシェワさん
『映画「Mr.&Mrs.Smith」より)』
3A  3T+3T / 3Lz
トリプルアクセルはスッと跳び上がり綺麗に決まりました!
クリーンな演技で自己ベスト更新です。



2.宮原知子ちゃん
『小雀に捧げる歌』
3Lz+3T  2A / 3Lo
ステップはレベル3  スピンは全てレベル4
信頼と安心の知子ちゃんらしく、一つ一つのエレメンツを丁寧に美しく演じましたキラキラ
お衣装を変えてきましたね。背中の筋肉がアスリートを物語っています。


3.三原舞依ちゃん

『It's Magic』
3Lz+3T<  2A / 3Fx  スピン・ステップは全てレベル4
コンビネーションジャンプは舞依ちゃん比であまり高く跳べなかったなと思っていたら、セカンドジャンプが刺されてしまいましたアセアセ
でも可憐な演技に会場は魅了されたことと思います。



5.紀平梨花ちゃん
『月の光』
3A< fall  3F+3T / 3Lz
トリプルアクセルは正面から捉えた映像で分かりにくいのですが体が傾きすぎてしまったように見えました。
シニア1年目で柔らかく美しい演技ができているのでPCSでも評価を得ました。


7.マライア・ベルちゃん
『To Love You More』
2A  3Lz+3T< fall / 3F
2Aの着氷時のフリーレッグが美しい!スピンが上手!可愛い!


9.マリア・ソツコワちゃん
『アルバム「Imagine」より』『Oye Como Va』
3Lz<+2T  2A /  3Lo
嫋やかなお嬢様のイメージのソツコワちゃんがラテンに挑戦!
点数が伸びず可哀想だけど負けずに頑張ってほしいです。

【女子フリーの滑走順】
16:40〜18:30
第1グループ  
6分間練習  16:40〜
1.カイラニ・クレイン  16:48〜
2.マエ=ベレニス・メイテ  16:55〜
3.コートニー・ヒックス  17:03〜
4.マライア・ベル  17:11〜
5.マリア・ソツコワ  17:19〜
6.アンジェラ・ワン   17:27〜

第2グループ  
6分間練習  17:35〜
7.イム・ウンス  17:43〜
8.紀平梨花  17:50〜
9.アリョーナ・レオノワ  17:58〜
10.三原舞依  18:06〜
11.エリザベータ・トゥクタミシェワ  18:14〜
12.宮原知子  18:22〜

<フィギュアNHK杯第1日>女子SPを終え笑顔で並ぶ(左から)宮原知子、トゥクタミシェワ、三原舞依(撮影・小海途 良幹さん)

知子ちゃん、舞依ちゃん、梨花ちゃん、頑張ってルンルン
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

《男子ショートプログラム》
1.宇野昌磨(日本)
       TSS  92.49  TES  48.91  PCS  44.58  Ded  1.00
2.セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
       TSS  91.37  TES  50.10  PCS  41.27
3.ドミトリー・アリエフ(ロシア)
       TSS  81.16  TES  41.67  PCS  40.49  Ded  1.00
4.マッテオ・リッツォ(イタリア)
      TSS  77.00  TES  38.79  PCS  38.21
5.ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
      TSS  75.90  TES  37.94  PCS  37.96
6.山本草太(日本)
      TSS  74.98  TES  38.58  PCS  36.40
7.デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
      TSS  72.39  TES  31.68  PCS  40.71
8.アレクサンダー・ジョンソン(アメリカ)
      TSS  72.03  TES  36.18  PCS  35.85
9.ヤロスラフ・パニオット(ウクライナ)
      TSS  68.59  TES  34.16  PCS  34.43
10.佐藤洸彬(日本)
      TSS  67.38  TES  34.31  PCS  34.07  Ded  1.00
11.ジュンヒョン・リー(韓国)
      TSS  66.16  TES  33.69  PCS  34.47  Ded  2.00
12.ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
      TSS  61.14  TES  25.49  PCS  35.65

1.宇野昌磨くん
『天国への階段』
4F  4T+COMBO / 3A
3Aは着氷時にフリーレッグが氷に触れながら流れています。
GOEは+1が1人、+4が3人、+5が5人
ジャンプ自体はインサイドイーグルからアウトエッジに乗って跳び上がり、着氷後はアウトサイドイーグルなので加点が付くのは分かりますが+4や+5はどうなのでしょう?
4Tは成功する!と思ったのですが残念でした。
FCSpはキャメルフォワードがいつも2回転に足りなくてもレベル4を出してもらえます。
ステップは音楽に合っていて良かったです。



2.セルゲイ・ヴォロノフさん
『前奏曲 ト短調 作品23-5』
4T+3T  3Lz / 3A
つなぎ部分は少ないですがクリーンな演技と音楽に合った振付が良いですね!

去年のNHK杯  TSS  90.06  TES  49.18  PCS  40.88
今年のNHK杯  TSS  91.37  TES  50.10  PCS  41.27

自己ベスト更新です。


ヴォロノフさんの点数が思ったよりも伸びず、ルールブックとプロトコルを確認しました。

ISUのルールブックより

【追加の諸注意】
PCS(プログラム・コンポーネンツ)について

転倒または重大なエラー(プログラム構成のまとまり/つながり/流れ、および/または音楽との関係に影響するエラー)を一つでも含む演技には、どのコンポーネンツに対しても10点を与えるべきではない。

転倒または重大なエラー(プログラム構成のまとまり/つながり/流れ、および/または音楽との関係に影響するエラー)を複数含む演技には、スケーティング・スキル、トランジッション、コンポジションに対して9.5点以上を与えるべきではなく、パフォーマンス、インタープリテーションに対して9.0点以上を与えるべきではない。

GOE評価について
大きなエラー(転倒、両足着氷、着氷でのステッピング・アウト、間違ったエッジ(e)、ダウングレード判定(<<)、上げる過程に重大な問題があるリフト、キャッチに重大な問題があるツイスト・リフト)がある場合には、評価の起点となるGOEは、+2を超えてはならない。


昌磨くんの場合は4回転トウループに転倒、ショートプログラムのルールであるコンビネーションジャンプの要素を満たしていない、この2つの重大なエラーがありました。

『全てのコンポーネンツに対しても10点を与えるべきではない』
これは守られています

昌磨くんのPCS  44.58

Skating Skilles(スケーティング・スキル)

『9.5点以上を与えるべきではない』

8.50が1人、8.75が2人、9.00が1人、9.25が3人、9.50が2人

最大限の9.50が2人、9.00以上が9人のうち6人


Transition(つなぎ)

『9.5点以上を与えるべきではない』

8.25〜9.00


Performance(パフォーマンス)

『9.0点以上を与えるべきではない』

8.00が1人、8.50が1人、8.75が4人、9.00が2人、9.25が1人

最大限の9.00以上の9.25をつけているジャッジが1人います。


Comporition(演技構成)

『9.5点以上を与えるべきではない』

7.75が1人、8.75が3人、9.25が3人、9.50が2人

最大限の9.50が2人、9.00以上が9人のうち5人


Interpretation of the Music(音楽の解釈)

『9.0点以上を与えるべきではない』

8.00が1人、8.50が1人、8.75が3人、9.00が2人、9.25が1人

最大限の9.00以上の9.25をつけているジャッジが1人います。

最大限の9.00が2人。


『与えるべきではない』

この言葉はとても曖昧で、与えるべきではないけれども与えても支障はないですよ、と捉えることができますが、2つのエラーがあっても高い点数が出るのは昌磨くんくらいだと感じます。


対してヴォロノフさんは自己ベストを更新するクリーンな演技でしたので全てのコンポーネンツにおいて10.00がついても良いわけです。


ヴォロノフさんのPCS  41.27(昌磨くんより3.31低い)

Skating Skilles

7.75が1人、8.25が1人、8.50が6人、8.75が1人


Transition

7.50が1人、7.75が3人、8.00が2人、8.25が3人


Performance

7.75が1人、8.00が1人、8.25が1人、8.50が3人、8.75が2人、9.00が1人


Comporition

7.25が1人、7.50が1人、7.75が1人、8.00が1人、8.25が1人、8.50が1人、8.75が3人


Interpretation of the Music

7.25が1人、7.50が1人、7.75が1人、8.25が2人、8.50が3人、8.75が1人


ヴォロノフさんは9点台がパフォーマンスの項目で1人つけただけです。

新ルールでは完成度の高い演技を求められると解釈していたのですが、日本選手を優勝させるためにPCSで調整したと思われても仕方がない採点だと感じました。


男子フリーの滑走順】

19:30〜21:20


第1グループ

6分間練習  19:30〜

1.ジュンヒョン・リー(韓国)19:38〜

2.ケヴィン・レイノルズ(カナダ)19:45〜

3.佐藤洸彬(日本)19:53〜

4.ヤロスラフ・パニオット(ウクライナ)20:01〜

5.アレクサンダー・ジョンソン(アメリカ)20:09〜

6.デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)20:17〜


第2グループ

6分間練習  20:25〜

7.ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)20:33〜

8.マッテオ・リッツォ(イタリア)20:40〜

9.山本草太(日本)20:48〜

10.ドミトリー・アリエフ(ロシア)20:56〜

11.宇野昌磨(日本)21:04〜

12.セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)21:12〜

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 


《ペアのショートプログラム》

﨑海羽/木原龍一  49.93

3T 3Tw 3STh 

3回転トウループはジャンプ前の軌道から2人の動きが合って綺麗でした。去年は3回転ルッツでしたが軌道がバラバラだったのでトウループの方が加点がもらえて良いと思います。

3回転ツイストリフトは龍一さんが抱えてキャッチする形になりました。

3回転サルコウのスロージャンプは海羽ちゃんが堪えた形になりましたが体重移動がなくちゃんと右足で降りられました!

海羽ちゃんのデススパイラルの入り方が挑発的でカッコ良かったですが、デススパイラル自体は体勢が浅かったのが残念ですね。

8選手のなか順位は8番でした。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
今からアイスダンスのリズムダンスがあります。
日本は小松原美里さん/ティム・コレトさんが出場!
第1グループの1番滑走で、6分間練習は12:45からです。

チームココの応援バナータオルをふりふりして応援します!!日本


誤字脱字は後ほど修正しますね。