白髪染で髪と頭皮が気になる40代へ、ヘナのメリット、デメリットをヘナ歴10年長野の美容師が説明します

白髪染で髪と頭皮が気になる40代へ、ヘナのメリット、デメリットをヘナ歴10年長野の美容師が説明します

長野のハナヘナ専門店、白髪染めの90%はヘナのお客様です。佐久、軽い沢からもヘナのお客様が来店する美容室。40代からの白髪と頭皮が気になる年代、ヘナとハーブのスパもお進めです。

NEW !
テーマ:

 

 

ヘナが染まらない

 

 

「友人がヘナで白髪を染めたらいい感じの黒色に

なっていたのでそれならば自分もと思い

 

ヘナをネットで取り寄せて使ってみたが、、、

染まらなかった」

 

 

 

 

このような問い合わせが時折ありますが

このようなケースでは「染らない」ことが

正しいヘナかもしれません。

 

 

 

 

 

 

長野でヘナに本気で取り組んでいるのは

ハナヘナ専門店の文系美容師 

 

バウハウスの傳田です。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

 

上矢印

お約束のクリックは必須事項です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪景色の裾花川ですが本題との関連はございません、

 

ワタクシの通勤路です。

 

 

 

 

 

 

黒く染まるヘナ

 

 

先ほどの問い合わせに話を戻しますが

友人がセルフで染めたら

「白髪が黒く染まった」とありました。

 

 

 

 

ヘナも最近は認知度が上がったせいか

カンタンに手に入ります。

 

 

 

 

しかも種類も豊富に揃っていて

明るいブラウンから濃いめのブラウン、

黒い色などがあるようです。

 

 

 

 

そこで考えるのは白髪を染めるのだから

暗めのブラウンが良いかなぁ、、、、なんて事に

なるのでしょうけど最初にハッキリと言いますが

 

黒色やブラウンにいきなり染まるのは

ヘナではありません。

 

 

 

 

ヘナやそれに似た葉っぱの粉にHC染料などの

人工色素を配合して白髪を染めている

いわゆる「なんちゃってヘナ」とか「ヘナもどき」に

分類された白髪染めです。

 

 

 

 

他にはカラー剤と同じジアミン染料を配合した

ケミカルヘナなんてのもありますけれど 

どうしてこのようなややっこしいヘナがあるのか、、、、

 

ワタクシの思うところでは

誰が使ってもカンタンに染まるからでしょうね。

 

 

 

 

それに天然成分配合というだけで

満足できる方もいますし

ヘナと名がつけば何でも同じと思っている

 

美容師も存在してますから仕方がない事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

染まらないヘナ

 

 

ヘナとインディゴをごちゃ混ぜになっている方が

いるようです。でも大丈夫、

 

ヘナとインディゴの区別がつかなかったり

使う順番を間違えた美容師くんも存在していますので

一般の方が分からなくても問題はありません。

 

 

 

 

ヘナはひとつしかなくて白髪がオレンジ色に

染まるのでそれをブラウンに変えるのがインディゴ。

 

 

この辺りがややこしくする原因かもしれないが

インディゴを単品で使うことはほとんど無く、

基本はヘナです。

 

 

 

 

ヘナの白髪染め基本はまずヘナで白髪を

オレンジ色染めその後にインディゴで染めると

オレンジ色に染まった白髪が濃いブラウンに

発色するのですが

 

これが「ヘナとインディゴの2度染」。

 

 

 

 

ここからが本題になります。

 

 

性質が違うので本来は別々に使うヘナとインディゴだが

これを最初から混ぜて使う方法がある。

それがハーブブラウン、ハーブマホガニーと

表記されているハーブです。

 

 

 

 

最初の問い合わせに戻りますが

「ヘナが染まらなかった」のはこのハーブブラウンや

ハーブマホガニーをいきなり使ったからでしょう。

 

 

 

 

ハーブブラウン

 

 

それではここでヘナとインディゴの混ぜたハーブを

使って染めてみます。

 

 

 

 

 

ハーブブラウンは ヘナ:インディゴを4:6で混ぜたもの上矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

水を入れる前によくかき混ぜて、、、理由ですか、、、。

やってみれば分かることです。

 

 

素人の方ならいざ知らずですが

美容師だったら自分で検証して考えて見ることが

大事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタクシはオイルなどを混ぜないで

純粋にヘナとインディゴだけで勝負しますが

長野の水道水はミネラルがたっぷり。

 

 

 

 

水道水は常温ですから湯煎してから髪に塗りますが

天然成分を使うならこの程度のデリカシーは

必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空がは最初から4週ごとにハーブブラウンで染めています。

 

 

 

正確には4週間毎に染めるのでハーブブラウンでも

いけるってことです。

 

 

 

 

最後にまた説明しますがハーブブラウンは

短い期間で染めている方に向くハーブ染めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染まるハーブブラウンの鉄則、

 

その1 タップリと塗る。

 

その2  放置時間90分、、と長めがよく染まります

(ヘナと違い放置し過ぎはムラ染まりの原因)が

美容室では45分ほどが限度でしょう。

 

 

 

 

そしてインディゴは流す時に工夫をしないと

発色しないのですが

そこがヘナと大きな違いになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上矢印ハーブブラウンをヤクの毛に塗り40分放置して流した状態、

 

このようにインディゴを使っていると流した直後は

ほとんど発色してません。

 

 

 

この後 水に濡らすことで発色するのですが、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20分経過でこんな感じに発色します。上矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左がハーブブラウンですが12時間経過した状態、

 

流した後とは色が違っていますが色味としたら

薄いブラウン。

 

 

 

ただハーブブラウンは重ねることで

色が濃くなっていくので短い期間で染める方に

向いているようです。

 

 

 

薬剤のようにしっかりと染めることはできないが

天然の葉っぱで染めるのですから

これを受け入れることになります、

 

しかしその代りに頭皮や髪に影響がないので

ダメージも気にすることはありません。

 

 

 

 

インディゴにはリラックス効果もあるので

染めている間も薬剤のような苦痛はありません。

 

 

 

 

ま、どんなに完璧に白髪を染めても

1ヶ月もしたら1センチ以上は白髪が伸びてますからね。

 

 

 

 

ハーブブラウンで染めた

 

 

 

 

 

白髪だった髪は緑色に染まっているのが分かるでしょう、

この後24時間ほどかけてブラウンに発色します。

 

 

 

ただし、

 

インディゴが発色する条件として水分があること。

 

 

 

カンタンに言ったら今日と明日くらいは

髪を濡らしたら(シャンプーしても良し)自然乾燥。

 

 

 

ドライヤーを使う強制乾燥は

インディゴの発色を妨げるので濡れた状態を保つのが

ベストです。要は、

 

乾いたら霧吹きなどで水分補給、

それがインディゴを発色させるコツです。

 

 

 

 

 

 

 

仕上がりです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブブラウンに限らずヘナで染めるの事に

決まりはありません。人それぞれ、

 

その人に合った方法があります。

 

 

 

 

世間はグレイヘアと言うのでしょうか

白髪を染めないことがもてはやされているようですが

それは一部の特殊な人だからこそ出来ることです。

 

 

やはり白髪は気になるのは事実、

しかしそれを毎回、薬剤を使って染めることは

頭皮と髪にどれだけの負担をかけることになるのか。

 

 

 

天然のハーブ、ヘナで染めるという選択を

おススメしているのはハナヘナ専門店だからです。

 

 

 

 

ここまでヘナという表記は全てハナヘナです。

 

ヘナといってもいろいろあるのは事実、

天然成分だから出来ることがあります。

 

 

 

 

 

長野と上田でハナヘナのことでしたら

 

hair・shop  bauhaus  まで

 

 

予約、問い合わせ

 

026ー228ー5228

 

 

長野市南石堂町 1423 奥村産業ビル1F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス