真実の長期管理権委譲渡資金 この資金は、国内法、財政法44条、国際法MSA協定第5条からなる資金【企業育成資金について解説】
  • 23Dec
    • 年始の予定を発表します。

      年始の予定について発表します。◎ 【企業育成資金】旧財閥資金は、1月12日よりスタートします。銀行決済は、火曜日、水曜日、木曜日に限定されています。※ 東証一部 資本金130億円以上 製造、基幹産業、その他業種の代表権者個人が対象者になります。※ 銀行、信用金庫(預金高5000億円以上)の代表権者個人が申請できます。◎ 【橘資金(皇室資金)】は、年始年末は、銀行営業日と同じ日程で対応ができます。基本的には長期休暇はありません。※東証一部資本金500億円以上、製造と基幹産業企業の代表権者個人に限定※一応500億円以上ということにしていますが、300億円後半の資本金がある場合には相談可能です。※銀行の代表権者個人が申請できます。コロナの流行により業績悪化している企業も増えています。現金資産が目減りして大変な自体になっている対象企業も多数見受けます。是非、育成資金と橘資金の対象企業になる代表権者の方は、短期間で大きな資金調達が可能です。当然返還不要の資金です。申請費用は無料です。ご本人が必要書類を準備して頂き、資金者との面談を行うことで資金を受けることができます。是非、ご活用ください。よろしくお願いいたします。

  • 09Dec
    • この資金についての教育が重要ですね。

      企業育成資金について、MSA総合研究所では、随分研究してきました。その結果、こんな歴史的も興味深い資金が日本に存在していることが、非常に興味深い話です。やはり、古くは、江戸の旧幕府体制から始まり、明治新政府以降の現在の政府との関係など、学校では習わなかった歴史のはなしがあります。江戸時代から明治時代の転換期、まさに、なぜ、江戸幕府軍は明治新政府軍と必死に最後まで戦うことなく、江戸城を明け渡したのでしょうか?明治新政府軍には、英国の支援が見え隠れし、江戸幕府は、玉砕まで戦うこと選択せず、倒幕され、その後、明治新政府に明け渡し、民主主義国家と資本主義を取り入れたのか?武士の世界は、おわりをとげ、そして、近代国家をめざすことになったのか?また、明治新政府の財源は、乏しかったが、裏で、支えたのは、旧幕府の財源であったことが想像がつきます。すなわち、日本の簿外資金といわれる制度にある資金は、明治新政府が誕生する前の幕府の金庫番が持っていた私財が関係しています。もう150年前の話になりますが、この制度も始まってから70年近い歳月が過ぎます。日本は、明治から昭和20年 1945年まで、戦争を繰り返してきました。明治元年は、1868年ですから、1945年までといえば、明治新政府ができてから第二次世界大戦終了まで77年間の出来事です。すなわち、その当時から言えば、さほど昔の話ではありません。江戸時代生まれの人も当時は、長生きした人は健在だったでしょう。明治新政府を支えた国家の簿外財源は、江戸幕府の財源も活用されていたということが理解できるかとおもいます。日本の簿外資金が巨額に存在しているという財源は、明治新政府以前の幕府体制がもっていた私財であり、明治新政府以降の現政府が持っている資金でないということが理解できれば、この巨額に有る簿外資金について理解ができてくるかと思います。明治新政府が誕生する前に存在していた旧幕府の財源が、今のなお、国際金融の世界で運用され、日本の簿外資金として日本政府を裏で支える財源として存在しているということが言えます。いずれにしろ、英国の銀行の歴史を調べれば、300年以上の歴史があります。すなわち、日本では、明治以前の歴史に関して言えば、全く近代社会と切り離して考える傾向がありますが、英国ではすでに300年以上の銀行が存在していること、英国のオリエンタル銀行が、江戸時代末期から国際決済業務をおこなうために、横浜で銀行業を開業していたことなど考えれば、十分に江戸幕府と英国との銀行とのつながりを想像できると思います。すなわち、その時代からの資産が日本を離れ、英国の銀行(香港)へ資金が流れ、運用されていたことがわかれば、日本の簿外資金がなぜ、巨額に膨れ上がっているか理解できてくるかと思います。江戸時代から続く旧幕府の資産管理を英国の銀行が行い、その原資(ゴールド)第二次世界大戦の敗戦で、接収財産として管理されるようになりましたが、本来は日本の旧幕府の財源であったので、日本名義の私財として運用され、その運用資産を日本の基幹産業企業の代表者に資金提供されていることになります。ですから、重要な歴史は、幕末から第二次世界大戦終了まで約80年間の歴史で何が起こったかということです。日本の簿外資金の謎は、明治新政府の財源でないということ。すなわち、現政府の管理資産でないということです。旧幕府が管理していた資産を英国の銀行によって管理運用されている資金が、日本の簿外資金として資金が活用できる仕組みが今もなお残っているということが理解できれば、この制度の謎が理解できてくるかと思います。学校では教えない歴史です。

    • もうすぐ本年度の募集は終了です。

      こんにちは、MSA総合研究所です。さて、企業育成資金は、最終日は、12月18日ということですので、来週中に資金決済をしなければ完全に本年度の仕事は完了するということです。今週末に面談をして、来週の火曜日、水曜日、木曜日で資金実行するのが最終日程になるかとおもいます。資金調達の必要な条件を満たした企業代表者は、是非、この機会に活用してください。条件は、東証一部 資本金130億円以上 製造業、基幹産業企業、その他業種 の代表権者個人、 もしくは、銀行、信用金庫(預金高5000億円以上)の代表権者個人です。資金調達は、資本金×100倍程度、 金融機関は、預金高×2~3倍程度ということになります。企業育成資金についてのブログ情報は、また、企業育成資金の相談は、MSA総合研究所で無料相談を実施中上記のリンクをクリックしてください。

  • 08Dec
    • そんな証明書はありません・・・

      企業育成資金の相談を受けているといろいろおもしろい話を聞きます。「MSAの資格保持者」がこの案件を行っている・・・???さて、MSAの資格などありますか?実際に言えば、MSAというのは、相互安全保障条約であり、条約に関する資格保持者というものはありません。たしかに、連邦準備制度に終える管理資産 接収資産の資金の管理規定について決めているので、その管理組織は、ニューヨークにあるということですが、これは、数人で管理している組織であり、この資金を動かす管理団体ではありません。この資金を動かすことをおこなっているのは、英国に本部があります。結論をいえば、MSAの組織が、この企業育成資金を動かしているのではありません。信じるか信じないかはあなた次第です・・・MSA総合研究所は、企業育成資金についての無料相談を随時おこなっています。

    • 知らなければ、絶対に目的地に届かない。

      こんにちは、MSA総合研究所です。さて、MSA総合研究所では、企業育成資金についての無料相談をおこなっています。日本全国から毎日何件か相談を受け付けています。この制度について、なかなか理解をするのが難しいといえるのは、これは、日本の省庁が管理していない資金ですが、結果、国の財源にもなり得るという案件だからです。日本は中央集権における大きい政府になったおかげで、国家は政府がすべて管理して国家予算もすべて国が管理しているというふうに多くの国民が考えているからです。しかし、この制度に関しては、日本の国を守る家系が資金を管理して、その資金を日本の国家のため、政府のために提供している案件ですから、普通に考えたらややこしくなるのです。国家を守るために、資金を出す家系とは・・・・、なんですか?と言いたくなるかもしれませんが、中央集権に国家体制がなる前には、幕府の体制化では、藩主が領地を管理していました。藩主は独自の予算を持って、領地の運営をしていました。ある意味、これは、藩主の家系が、領地を運営していた会社組織のようなものだったといえるのではないでしょうか?すなわち、この資金の制度を支えているのは、江戸時代から続く国家を支える家系が関係しています。それは、個人であり、国家ではありません。しかし、個人でありますが、国家を支えるための財源を持って、その財源を運用することで資金提供しています。そう考えれば、理解できてくると思います。よって、どこかの省庁関係者、官僚、政治家など、全く関係ない資金になります。あくまでも日本を守る家系が管理している資金であり、その資金を、日本の国を支えるために提供しているのです。よって、この案件より資金調達をしたいと考えている人の多くは、どこかの省庁関係者がこの資金の管理者をおこなっているのではないかと信じて、探していると聞きますが、いくら探してもみつからないのは、目指す対象が間違っていると言えます。よって、間違った知識や、間違った認識によって、それに騙されている方があまりに多いことが、原因して、実際に資金を受けたいと思う方が資金を受けられずにいます。そのことは、資金提供者側は、わかっていますが資金提供者が、それをいちいち説得することがありません。ただ、気づいていないで残念な結果になるのを黙って見ているだけです。MSA総合研究所では、随時本資金に関する無料相談を行っています。

  • 07Dec
    • 歴史のロマンを感じる話

      MSA総合研究所は、企業育成資金について、調査研究しています。また、正しい認識を持って、案件の成約件数を増やすことを目的にしています。東証一部、銀行、(信金)を対象にして、企業育成資金から資金が提供されます。その歴史的な話を紐解いていくと、ずいぶん長い世界の金融史と関係があることが分かってきました。確かに、先の第二次世界大戦で敗戦したことが原因しているのですが、もっと以前から、日本にある金塊と国際金融の関係があります。すなわち、江戸時代末期、黒船が日本に来て開国を迫った頃から関係があります。また、明治維新が起こり、統幕がなぜ簡単に行われたのか?不思議な話が江戸幕府から明治新政府への移行時期にありました。その歴史の謎と、そして、日本が近代化を急いだ理由も、関係してたのでしょう。詳しくは、別のブログで記載しています。↑ こちらのブログも参照してください。この案件は、江戸時代から続く幕府、すなわち、武士の家系に関係しています。ある意味、倒幕はされたが、明治維新以降、現在までも世界金融の世界で活躍している武士が存在するのです。そんな話を書き出せば、都市伝説的になりますが、このブログを見ている方は、もともと都市伝説を探求するのが好きな人だとおもっていますので、いろいろ情報を発信して書いています。戊辰戦争が、天下分け目の戦い、明治新政府と、幕府軍の戦いだとすれば、なぜ、幕府軍は、必死に戦い、最後まで明治新政府軍と戦いを続けなかったのでしょうか?その理由は、いくら日本人同士で内戦をしたところで、裏で資金と武器を援助していたのが、英国が関係していたからと言われています。その結果、同じ国民同士が戦っても、結果、最後は、弱体化した日本は、英国の植民地化が進むだけの話でした。それなら、玉砕するまで戦うことをせずに、倒幕されたということで、明治新政府(英国支援派)に以降したほうが、正しいと考えたのでしょう。また、目的は、日本にある貴金属(金、銀)だったことは明らかでしたので、幕府は、英国金融にゴールドを預けることで、日本と英国との関係を構築できたという考え方は正しいかと思っています。英国にとっても、貿易決済額が増えるに従い、通貨流通量を増やす必要がありました。当時は金本位制度ですから、国際決済業務を行う銀行が預託される金がなければ、銀行券を発行することができませんでした。そのために、世界から金を集める必要があったのです。日本に開国を迫り、同時に日本の金を国際決済をするための預託する金として、預かることができれば、英国金融において、国際決済業務の拡大することができ、経済活動の拡大を促すことがあできます。植民地政策において、世界に勢力を広げていく中で、銀行における貿易における国際決済業務ということが重要な課題になっていきました。その中で、世界最古の銀行であるイングランド銀行が、国際決済業務を牽引していました。すなわち、植民地と欧州との貿易を促進させるための手段に銀行は、大量の金が必要になったということが言えます。最終的には、通貨の流通量が増えるに従い、実在する金よりはるかに多い銀行券を発行したことで、金兌換券の制度は、崩壊していくのですが、金はなくして、中央銀行の銀行券(通貨)を発行することができないということで、預託された金が重要になります。英国金融に於いて、国際決済業務おこなうための預託された金としては、日本のゴールドは重要だったわけです。簡単に言えば、日本の幕府の財産は、英国金融を支えたということになります。それを支えるために、日本から英国金融に派遣された人たちがいました。すなわち、江戸幕府は、見た目上は日本の歴史上、明治新政府によって、倒幕された方のように見えていますが、英国金融との関係を築き、幕府が出資した金により、日本を救済する制度を行っていると言えます。すなわち、それが、現在における企業育成資金の制度といえるのです。なぜ、この制度が、イングランド銀行の運用が関係しているのかということに疑問を持つ人も多いかと思いますが、これは、19世紀に起こった英国の産業革命と植民地政策の拡大における国際貿易決済業務の拡大における銀行券発行のための預託された金が大きく関係しているのです。最後の将軍の英断と言えるでしょう。日本国民がぼろぼろになるまで内戦によって戦うことを選択するより、明治新政府という英国の考えに従い、英国金融を支援する立場なるほうが、得策と判断し、約260年続いた幕府をやめ、新政府に移行したことが、日本の近代化国家を加速させました。すなわち、日本の近代化と産業育成のための英断だということになります。その精神は、今もなお、影で行われている産業支援制度が関係しています。歴史を調べてみれば、旧財閥の私財、旧幕府における私財という流れは、英国金融を支えることになり、また、連邦準備制度は、現在英国金融から1944年 米国のブレドンウッズ体制において、米国に移行された後も、歴史的には世界最古銀行である英国が中心になっているということが言えます。すなわち、英国金融を支えた日本の幕府の私財は、現在もなお、世界の金融を支える預託ゴールドになっているということが言えます。それが、約60%シュアを占めているといわれていることが、非常に重要なポイントになります。考え方によっては、日本は世界の金融の中心となるべく私財を提供したということが言えます。それは、旧幕府、武士家系に手によって守られ、今もなお、その運用益を日本の経済発展のために、支援しているという話になり、歴史のロマンを感じます。

  • 06Dec
    • 目立たないが、大きく貢献した人たち

      企業育成資金の取り巻く環境について、いろんな角度からブログを書くことにしています。MSA総合研究所では、できる限りこの資金の取り巻く環境について詳しく情報を発信していきたいとおもっています。理由は、この資金に関して、いろいろ間違った情報が発信されているからです。物事の判断をする上で、標準になる意見がなければ、判断がつかないと言えます。MSA総合研究所の立場は、本資金の成約件数を増やすための活動です。これが基本です。周囲には、我々の活動に関して、悪影響を及ぼす環境、情報が多数あります。大手メディアも、随分昔起こった事件をまで掘り下げて、こんな話があった、悪い話だ・・・という印象操作があります。もしかしたら、それを書いているライター、記者は知識がないので、そんな印象になっているのかもしれませんが、この資金を活用して大きく飛躍した企業、経営者がいることも事実です。いい話はなかなかひろがならないのですが、悪い話は広がります。成功者は、この案件については、黙っていることが条件ですから、口外しないので、わからないのは仕方ないのです。しかし、この資金を受けて成功した方は、社長や会長を退任されてからも特別顧問や最高顧問として長年、会社に残っている方もいます。また、亡くなられた際に、立派な社葬をして頂き、少し話題になったりすることがあるそうです。その程度ですが、大きく企業の発展に寄与されているのは事実です。いずれにしろ、企業の発展の歴史で不思議なことが有るということがあるかもしれません。そんなときに、この制度がなにか関係していたのではないかと考えてもいいかもしれません。

    • 悪影響を与える事件!

      悪質ブローカーに騙されてお金を騙されたと声を上げている有名な事件がありましたが、確かに、被害にあわれたことは、非常に残念です。しかし、そのことで、周囲の取り巻く環境で、多大な影響を与えていることは事実です。大体、騙されたということで、声を上げる方は、本制度では、対象外になっている方です。残念ながら、いくら申請しても資金を出すことができなかったのでしょう。ですから、探した結果、悪いところに行ったのかもしれません。それは、自己責任ですが、しかし、こんな事件が起きる度に、周囲に悪い影響がでます。本来ならば、企業育成資金は、東証一部企業、銀行、信用金庫に返還不要の資金投入をして、日本の経済を底上げするために行っている制度です。いかにも、企業育成資金の案件が悪いことをしているようなメディア報道ですが、ほんと馬鹿げています。騙されたと声を上げている人の本当の事情もいろいろありますから、そこまでふかよみしてほしいですよね。普通に考えて巨額な資金を騙されることがありません。すなわち、事件が大きくて影響がでれば、本当に対象になる経営者にも悪い印象を与え、悪影響を与えることになります。資金を動かさないようにする勢力から言えば成功ということになるでしょう。これは、資本主義社会の発展の為の制度です。

    • 如何にもという名称は、よく確認が必要

      企業育成資金で、問題行動を起こす存在には、財団法人などの社名で、いかにも日本の国を支えるような社名を作り、その名刺をもって活動している人たちがいます。ここで言いたいのは、立派な活動をされている方も存在しますが、一部は、間違った活動をされている方もいます。その見極めが難しいのですが、やはり、動く資金が大きいこと、また、仲介者を介在して長年、この案件をおこなってきたことで、この案件を利用した悪質な行為をする人たちを生み出したのでしょう。また、悪質行為を行っている人は、ものすごい多いわけではないのですが、そんな阻害する行為をする人々の行動が、この案件の成約件数を阻害しています。資金提供者側も、悪質な人たちについては、常に把握するようにしています。本来ならば、日本の東証一部企業や、銀行、信用金庫を支えるための大きな資金提供になるのですが、間違った情報をまいている人たちによって、世間では、敬遠されている案件になっています。大体デマ情報のパターンは決まっていますので、読者の皆さんも、ブログを読んで、自分自身の判断基準を身に着けてください。

  • 05Dec
    • 嘘デタラメを発信する勢力を見抜くことが大切、これがある以上、成約件数が伸ばす阻害になっている。

      企業育成資金の成約件数を増やすことを目的にしていますが、それを阻害するグループの存在が、この案件の成約件数が伸びない理由になっています。資金に関しては、十分準備できるのですが、なぜ、この資金に関してだけ契約件数が増えないのか?それは、M資金などという悪い印象操作があること。実際には、M資金など存在せず、皇室、旧財閥の私財を日米英の中央銀行ネットワークを使った運用システム、送金システムによって、資金が作られています。そのことは、別のブログで、詳しく説明しましたので、そちらのサイトを確認してほしいのですが・・・この資金には、偽の資金者役がいます。たちが悪いのは、それなりの経歴を持った人が、資金の準備もできないのに、私に頼めばできると、豪語している人がいることが、一番の問題になっています。また、デマをまくことを専門的に行っている人もいます。それ以外にも、仲介者のなかで、「資金がほしい社長がいる。」 という嘘の情報を発信するひともいます。デタラメ情報の発信者の常習犯もいます。口頭だけのデマをまく人以上にたちの悪いひとは、金銭の請求をする人がいるので、詐称事件になったりします。すなわち、非常にカオス感満載の周囲の環境になっています。また、このような資金が存在しないいうことを宣伝するメディア、国の関係でも同じようなことを書いています。省庁は、この資金を管理していないので、省庁に確認をする人が多くいるので、危ない話に近づくなということで、リスク回避をしたいということで、省庁でもそういうアナウンスをしているのでしょう。正直、官僚や、政治家がこの資金に関わることは国際条約で禁止されていますので、ちょっとでも関わったことがばれると引責辞任に追い込まれます。高級官僚の中でもそのことがバレて、引責辞任に追い込まれた人もいるということです。

    • 如何に正しい情報であるかを見抜くことが大切である。

      非常に民度の低いブローカーがいることは、事実です。そんな情報が世の中を回っています。この案件は、仕組みは非常に単純です。資金が必要という企業代表者がいれば、申請すれば、審査をして資金を提供するというだけの案件です。その仕組みに対しては、別のブログで紹介しています。しかし、この案件が、非常に悪い噂が経つ理由には、民度の低い人の介在があるからです。とくにそんな人物は表に出なく、2人、3人くらい仲介者を間に挟んで裏で動いているようです。デマの発信者は表に出ないのが鉄則です。資金の受取を希望もしていない企業代表者のことを指して、「○○社長が資金が欲しがっている・・・」というデマを巻きます。それに食いついてきた仲介者にデタラメの情報をまきます。その情報をもとに、仲介者は、資金者側にアクセスしてきます。資金者側は、その情報を聞いて、対応を考えます。で、結局、その話上がった社長は、いつ出てくるのですか?いつ面談になるのですか? という話になれば、話が消えていきます。ひどい場合には、「○月○日 どこどこで、○時に面談希望しているので、面談者来てください。」と連絡を入れます。実際に、担当者が出向いて行っても、本人はいません。すなわち、悪質な仲介者も誰が面談をするのかを知りたいというので、呼び出す手段に、デタラメな情報をまき散らかすのです。それでは、どの情報を信じたらいいのかといえば、ほとんど、信じられる情報がないことになります。イタチごっこのように、デマ情報をまき続けている人たちがいます。そのようなデマ情報が、この案件を良くない噂を作っている原因になります。中核になって動いている人は、そんなたくさんはないのですが、その関係の裾の尾が広いことが言えます。人の噂は、広がるのは非常に早いです。

    • 性善説では語れない、性悪説の視線で物事を見つめた上で安全に物事を進める必要がある。

      この資金の案件が何故、あまりうまくできていないのかの理由はあります。仲介者経由で、この資金をほしい経営者にアプローチしているために、仲介者の情報が非常に重要になります。そのなかに、あまりにデマが多いことが、資金提供社側にとっても、資金を円滑に実行できない悩みになっていることがあります。一つは、資金対象企業位の社長と資金の申込みを受けていないのに、虚偽の申込みがあるというデマをまく方がいることです。もう一つは、嘘の情報を教える人もいます。それ以外にも、問題になるのが、金銭の請求をする人です。この資金にアクセスするには、協力金が必要になります・・・などのデタラメを言うことです。協力金など全く必要がありません。申請費用は、無料です。先に金銭の請求などすることがありません。勝手に、デタラメの資金者役の秘書などが出てきて、よくわからない話をして、何かを請求するなどのことをするので、正直、偽物の話のほうが有名なって、実際、正規の案件を行う上で、悪い噂がたって、案件を邪魔されているケースがあります。それ以外にも仲介者どうしの喧嘩などもあります。具体的に言えば、動く資金が大きいので、多分、仲介者で仲介料をどのように分けるかのはなしなどがついておらず、喧嘩が始まり、話がぐちゃぐちゃになるケースなど、人が介在するので、予想つかない出来事がよく起こります。この案件の周囲をみるときには、性善説で考えるよりも、性悪説で物事考えた上で、絶対に問題が出ないように話をすすめることが重要です。

    • 約束を取り付けていないのに、至急ほしいという連絡を入れる仲介者⇒要注意

      よろしくない仲介者には、「すぐに資金を欲しがっている社長がいます。資金を準備してください。」というのが好きな人がいます。これの意味していることわかりますか?すなわち、○○社長は、資金がほしいの準備してほしいと頼んでくるのですが、当の本人は、全くそんな話は、知らず、資金提供者側に連絡してくる仲介者がいます。そのパターンは非常に多いです。ほとんど、まったく当事者の社長は、この話について全く聞いていないのですが、仲介者が勝手に、資金が必要だから用意してほしいと言い出し、いくら出してくれますか?たくさん出してほしいと言っています・・・などと資金がいくら出てくるかの品評会のような話をするのが好きな人がいます。正直、当事者が出てきて、事業計画書を書いて資金の捻出金額を決めるのですが・・・はなしは、さておき、すぐに資金が必要だと言っていた仲介者の多くに、「その社長はいつ面談に来られるのですか?」と伺うと・・・「来週の月曜日に来ます。」と言って、来週の月曜日になって面談に来るのかと思えば。。。全く来ない事がよくあります。すなわち、仲介者がつながっていない状態で、資金がいくら出るかを確認してから、動こうとしているパターンが多く、話も確定していないのに、いかにも話がまとまっているような話をする仲介者がいます。そんな仲介者の言うことも聞かないことが一番です。 

    • 有名な官僚や政治家の名前を語る人は、要注意

      この資金の案件には、いろんなタイプの仲介者がいます。真面目にコツコツ対応している方もいるのですが、中には、全く本人と関係がないのですが、有名な官僚や、政治家の名前を語って、私の知人は○○さん(官僚、政治家)の秘書役の人がいて、その方に言われて、この案件を行っています・・・など説明している方がいますが・・・・この案件は、政治家、官僚は絡むことができない案件になっています。この資金に対して直接、指示をすることもありません。そもそも、まったく有名な官僚も政治家も直接関与できない資金です。そんな話を全面に打ち出して話している方は注意が必要です。なぜか「秘書」という言葉を多用するのが好きな人がいますが・・・その話の事実は何処に?と、注意をして聞くことが重要です。

    • 仲介者の情報もどこまで真実か全く不明、

      悪質な仲介者もいるのは、この案件です。○○社長が面談の約束がはいっていますので、「○月○日○時に○○に来てください」「説明をお願いします。」と仲介者から連絡が入ったので、言われたとおり、現場に向かう。しかし、そこには、仲介者が1名がいたので、その人に伺うと「そちらは、過去に○○社長にお会いしたことありますか?」その仲介者は、「いいえ、ありません。」それで、「それでは、どうやって、○○社長にアポイント入れることができたのですか」と尋ねると、「私の知人の○○から連絡があって、○○社長と合う約束はできているので、○時に○○に来てほしいという連絡があったので来ました。」と答えました。それで、実際に行ってみると、全く約束もしておらず、○○社長に会えなかった・・・・ということがありました。仲介者もでたらめな連中は、います。まったく、合う約束もしていないのに、嘘のアポイントができているという連絡をして、人を動かす連中がいます。多分考え方は、自分がアプローチする能力がないので、嘘のアポイントを入れているという話をして、第三者を動かし、もし、それで偶然会うことができれば、紹介者として仲間に入れろという話をしたいのだと思いますが・・・・それでは、全く仕事をしたことにはなりません。仲介者にも過去にでたらめなことをおこなったことがあり、ひどい人は、ブラックリストがあります。みんながこの仕事をしている仲介者が悪い人だといえないのですが、どうしようもない人もいるので、ある意味、この話を聞くのも仲介者からの話も「性悪説」で物事聞かなければ、すぐに問題が発生します。民度が低い話がときどきあるのは事実です。これを改善することを考えるより、できないと判断した仲介者とは付き合わないことが一番だと言えます。

  • 04Dec
    • 条件外の案件は、実行不可能です。

      一億円からの資本金企業に返還不要の資金を出すという情報が回っているという話がありますが、そんな資金は、存在するのでしょうか?東証一部、資本金130億円以上の製造、基幹産業企業を中心に出される資金(企業育成資金》は存在しますが、それ以下の基準や医療関係や農協などに出るということで、資金を出すということで、回っているという話を聞きます。しかし、実際のところ、全く資金が出る気配がないのでどうなっているのですか?という話をききます。答えから言って、そんな資金は存在しません。考えられるパターンとしては、企業育成資金で大きな資金がでたときに、対象外企業の資金も動かし、その中から資金提供をするという方法がありますが、実際のところ、そのような計画で資金が動いたことがなく、財源の確保ができていないのに、仲介者や自称資金者が、募集している案件であるということが言えます。本来ならば、少額の資本金企業を助ける制度や、また、医療機関などを支援する制度があってもいいのですが、基本的には、この制度は、産業支援(製造、基幹産業の企業)と決まっていますので、現状はできないというのが回答じゃないでしょうか。それ以外の方法で、巨額な資金調達で、返還不要の資金を提供することなど不可能とおもいますので、不可能なことを話していると考えて間違いないでしょう。

  • 03Dec
    • 少額の資本金企業、対象外企業への資金提供は、確認が重要

      ときどき、ご相談のあることですが、資本金が数億円や100億円以下の東証一部企業への資金提供が可能だという話を言って、企業を募集している話があります。本当に、そんな企業に対して資金オーナーは資金を出すのでしょうか?当研究所の調査では、まったく資金が出たことがないというのが、事実のようです。資本金の少ない企業に対してなぜ募集をするのでしょうか、考えられることは、企業情報の募集、資金調達を希望している経営者の調査、また、ほんとうの企業育成資金の資金オーナーとつながっていない人が、勝手に自称資金者となって、資金募集をしていて、周囲からチヤホヤされたいという目立ちたいと思っている方、いろいろ理由は考えらますが、出せる資金がないのに募集しているということが一番の原因です。なぜ、この制度が間違った味方をされるのかを考えたとき、仲介者の真実とは違うアナウンスが広がり、間違った方向性になっています。医療機関への資金募集などを行っている情報もありますが、これも大きな返還不要の資金が出たことがないという話です。もし、資金が出るという話になっても、返還不要の資金であるかを確認する必要があります。

  • 24Nov
    • 企業育成資金 年内予定について

      「企業育成資金」 年内の予定について◎ 旧財閥資金について12月10日が最終募集日です。東証一部資本金130億円以上(製造、基幹産業 その他) 無償提供金額:資本金×100倍以上銀行・信用金庫(預金高5000億円以上) 無償提供金額:預金高×2倍以上◎ 皇室資金について12月10日が最終募集日です。東証一部 資本金500億円以上(製造、基幹産業) 無償提供金額:資本金×100倍以上※免税・返還不要の資金です。年内予定終了日まで、あと僅かです。年内の資金調達を計画されている企業代表者の方は至急申請してください。宜しくお願い致します。

    • 国益を優先した作業。

      「表現の自由」ということは、憲法第21条で保証されています。よって、日本国憲法の規定では、意見は何を言っても大丈夫ということになっています。確かに、報道の自由もその憲法に従っていえば、何を表現してもいいことになります。しかし、国益を損ねることを表現することは、いいとは言えないのではないでしょうか?道徳上どうであるかの判断になるのかもしれませんが、この企業育成資金の制度については、特に主催者側が声をあげることもないので、何を言われても言われっぱなしという状況です。申請者が、交渉権のある民間人を経由して申請するという規定に決まっています。すなわち、主催者側から積極的にアプローチすることがないということは、主催者が直接声をあげることがないという制度になっています。主催者本人が、声をあげてしまえば、この資金がどこにあるか分かってしまうので、第三者から影響を受けない形で保管するという制度ではなくなってしまいます。よって、内心、周囲では間違ったことを言われて、誹謗中傷がひどいと思われていますが、黙っているという状況であるのが、この資金の主催者の立場だと思います。しかし、資本主義経済を発展させるため、また、日本の安全保障を考える上で、この制度が非常に重要だと感じているMSA総合研究所では、この制度が阻害される状況にあることは、非常によろしくないと感じています。表現の自由はありますので、何を伝達しようと自由ですが、国益を阻害する行為に対しては、それは問題あるというアナウンスをすることは全く間違った行為ではありません。この資金、企業育成資金の成約件数を増やすためにいちばん大切なことは、この資金を伝達する民間人の立場の人物が、正確な情報をできる限り提示することです。世の中には、いろんな主義があります。反資本主義、資本主義推進は、 物事はすべて陰と陽の世界です。賛成者もいれば、反対者もいる。これが、社会ですから、我々は、資本主義推進派で、企業育成資金推進派として活動しているために、我々の周囲でおこなっている阻害する行為、反資本主義者の工作活動に対して、意見を言うようにしています。いずれにしろ、世間では色々言われていますが、黙っていれば、何も伝わらないと感じていますので、積極的にインターネットを通じて、この資金を活用を促進させるための活動を行っています。リアルでも水面下で活動していますが、結果、企業育成資金の成約件数を増やし国益につながれば、同時に関係者が豊かになれる制度です。国益を優先して我々の活動は、行われています。

    • 報道する説明の角度は、完全にこの資金を動かすことを阻害している。

      企業育成資金の申込みをやめさせるべき阻害させる報道を続けているメディアがあります。この企業育成資金の申請方法で必要書類は、1 名刺2 会社案内3 身分証明書(パスポート)4,振込先(通帳コピー)5,確約書6.事業計画書が必要になります。これは、資金の移動許可と使用許可を出すために必要な書類です。申請先は、関係省庁になります。名刺の裏書き や 確約書 について非常にマイナスイメージを報道しているケースがあります。これは、安全保障費を運用するために、皇室や旧財閥の私財運用された資金ですので、100%、国の資金かといえば、そうではないところがありますが、資金が動けば、80%は、安全保障費として活用される資金ですので、資金が移動許可が出てからは半ば、国の財源と言ってもいいです。さて、申請することに対して、邪魔する報道があります。それは、名刺の裏書き 、確約書 について悪いイメージを植え付けています。これも、この制度を活用することを阻害するための心理作戦です。正直、どんな資金でも申請する場合には申請意思を示すなにか表示をするのは当たり前のことです。また、だいたいいつも同じパターンであるのは、昔の話で事件になった話を何度も繰り返して、こんな話があった。危ない近づくな! という報道のパターンです。これも、完全に申請する人のをやめさせようとする心理作戦です。阻害させたいネガティブキャンペーンは多いです。その実態が分かってくれば、反資本主義者の工作作業であることに気付きます。例えば、詐称事件が発生すれば、その事件の中身と、そのことを犯した犯罪者のことを報道すればいいのですが、この制度について非難めいたことを書くのは、やめるべきです。この制度は、普通に企業育成資金と安全保障費を捻出するために、東証一部企業の代表者に資金提供するために行っている案件です。これは、国家にとっても重要な案件です。報道するなら、正規の申請場所に申請しなかったために、事件に巻き込まれました。と一言書くべきでしょう。