こんにちは!
ご無沙汰しております。
健康指導師の山口玄香です。

今日は簡単に卵を長期保存できる
塩卵の作り方をお送りします(^^)



卵って、素晴らしいタンパク源ですよね!
みなさん、卵、沢山食べていますか?
1日1個と言わず、2個でも3個でもモリモリ食べてくださいね〜❣️


我が家は毎週3パック宅配してもらっているのですが、
旅行等で長期に家を開けるときは、
卵が余ってしまいます。

そんな時は塩卵にして保存しています❣️


【塩卵のレシピ】

①たっぷりのお水を沸騰させ、お塩を溶けるだけ入れ、飽和状態にします。

②長期保存したい生卵を、そのまま瓶やホーローなどの容器の中へ。

③ ①で作った塩水を完全に冷ましてから、②の瓶に注ぎ込む。
この際、卵の殻にヒビが入らないよう、また卵が完全に塩水に浸るようにする。




このまま冷暗所に保管しておけば、数ヶ月持ちます(^^)
食べるときにゆで卵にしてください。


翌日から、いつでも使えます。3ヶ月ほど経った塩卵は、黄身の中まで塩味がしみて、熟成されたまろやかさはひと味違った美味しさです。

細かく切ってサラダやお料理につかったり、もちろんスライスしてそのままおつまみにしても♡




年末年始は帰省等で、
私のように卵を定期的に頼んでいるご家庭の一時的なキャンセルが多いそうです。

しかし、年末年始だからといって、
鶏が卵を産まない訳ではありません。


保存し、上手に使うことで、
卵の流通量を平均化させたいですよね(^^)



我が家の健康を支える、
愛する栄養素の卵。

年間の流通量を一定化することで、
良い卵を作り続ける養鶏農家を
少しでもささえることが出来たら、、と
思っています(^^)


是非、皆さんも
今年の年末年始は塩卵❣️一緒につくりましょう〜♪