シンタロウ伝説 ~シン様コレクション~

シンタロウ伝説 ~シン様コレクション~

ブログの説明を入力します。


テーマ:
どーも(^_−)−☆ シンタロウです。(*^◯^*)

今回は11月30日(金)に開催されました、ミス・クマモト選考会ファイナルが、くまもと森都心プラザ5階プラザホールで行われましたので、仕事が終わってから、急いで、会場に行きました。

過去6回、初回から、もともとは知り合いの女の子がファイナリストに出場することがきっかけで、見に行っていて、気がついたら、6回(皆勤賞並みに(^○^))毎年、知り合いがいる、いない関係なく見に行ってた、ミス・ユニバース・ジャパン熊本大会でした。

ところが、今回突然の大会本部の権利移転、全国を数ブロックに分けての開催により、今年からミス・クマモト大会に改名されて、初の大会でした。

正直最初は、なんで改名になっちゃったのかなと気になって思ってたんですけど、実は今回の大会で初めて知りました。σ(^_^;)

ついに、この日がやってきましたね。(*^▽^*)
熊本代表になり、ミスユニバースや他の大会を目指せますし、ウィナーの証である2019ミス・クマモトの称号が与えられますから楽しみでした。

2019ミス・クマモト・ファイナリストの出場メンバーは、

エントリーNo.1 梶原まゆみさん

エントリーNo.2 山本香子さん

エントリーNo.3 宇佐美里子さん

エントリーNo.4 田上知佳さん

エントリーNo.5 日高亜美さん

エントリーNo.6 三浦なずなさん

エントリーNo.7 宮本悠花さん

エントリーNo.8 山本未来さん

エントリーNo.9 田崎蒼衣さん

エントリーNo.10 津志田早希さん

エントリーNo.11 西田鈴音さん

エントリーNo.12 山本鈴さん

です。(●´ω`●)


17時30分開場、18時30分から開演であり、オープニングが行われました。
今回は仕事を急いで終わらせた後に、急いで会場に直行しました。友人と合流して、何とかギリギリな時間で着きました。

会場に到着して、毎年のことですけど、ホール内は撮影禁止ですので、撮影機材を受付に預けて、ホール会場に入り、自由席ですので、席を確保し、それぞれのファイナリストの応援がたくさん来ましたので、最終的には、席がないくらい超満員になりました。(^_^)
ちなみに、受付の場所には、昨年の2018ミス・クマモト宮崎頌子さん、立川真妃さん 、竹本祐子さん、吉井友佳子さんのファイナリストの方々がドレス姿で、受付、ホールスタッフをされてました。(^O^)

今年のステージの司会は、熊本のタレントの田中洋平さん、元オートポリスサーキットクイーンの今井怜菜さんでした。

審査は、これまでと変わらず、3パターンで行われました。(*^▽^*)

第1番目のセルフプロデュース審査は、自分で考えて選んだ曲や構成、ファッションで、1分間のウォーキングやパフォーマンスの演技が行われました。

第2番目のスピーチ審査は、水着姿でプロポーショナルアプローチとスピーチが行われました。

第3番目の質疑応答は、ドレスアップ姿で、審査員の方の質問とファイナリストの方の答えが行われました。

他にも、毎年恒例のバレンタインデュウのステージダンスショーもあり、トークショーは、去年の2018ミス・クマモトの濵口由衣さん、そしてスペシャルゲストに何と、
ミス・コスモポリタン・ジャパン2018グランプリ(日本代表)で、去年の2018ミス・クマモト・ファイナリストの森田真以さんが来場されトークショーがありました。

休憩時間になってから、僕たち来場者の投票がありました。
チケット🎟といっしょに投票券が付いてます。
大会前にもライン投票もあり、僕はどっちも投票しました。誰に投票したかは、秘密。( ^ω^ )



ステージが終わり、いよいよ審査発表の結果があり、今年の熊本代表(ウィナー)は、
エントリーNo.4 田上知佳さん

次に、セカンドウィナーは、
エントリーNo.1 梶原まゆみさん
エントリーNo.9 田崎蒼衣さん

その他の賞もあり、
くまもとウェブシティ賞は、
エントリーNo.9 田崎蒼衣さん

コージュ株式スクール賞は、

エントリーNo.4 田上知佳さん

エントリーNo.5 日高亜美さん

エントリーNo.8 山本未来さん

エントリーNo.11 西田鈴音さん


Ojas賞は、
エントリーNo.9 田崎蒼衣さん

花キューピット賞は、
エントリーNo.10 津志田早希さん

大塚製薬賞は、
エントリーNo.5 日高亜美さん

ひがし歯科クリニック賞は、
エントリーNo.5 日高亜美さん
エントリーNo.12 山本鈴さん

NIFTY賞はファイナリストの皆さん全員に送られました。

ステージ終了後の集合写真のみだけ10分くらいの写真撮影を行いました。人が多く、狭い場所でしたので、写真撮影が難しかったです。











集合写真終わったら、ファイナリストの皆さんは家族や友人の方にそれぞれ向かいました…。









プラマの方々も応援に来られ、鈴音さんや司会の怜菜さんに会い、写真撮影したりしました。
サーキットクイーン仲間の再会で、なんだか不思議な気持ちで見てました。( ^ω^ )

毎年のことですけど、直ぐに閉館時間で、電気が止まり、エレベーターが動かなくなるので、ゆっくりできず…集合写真撮って早めにひきあげました。 

今回のファイナリストの皆さんは、元オートポリスサーキットクイーンの西田鈴音さん以外は、ほとんどはじめましての方々ばかりでしたね。σ(^_^;)

七城ふるさとコスモスまつり2018から始まり、グランメッセ熊本での熊本物産フェア、ロアッソ熊本最終戦でのPRイベント、うと産業祭わいわいフェスタ、そしてファイナルと会いに行きました。

今回も12人も選出され、1人1人素敵なファイナリストに出会えて、写真撮影したり素敵な思い出のある日々と時間を過ごしました。(●´ω`●)

これまで通り、“熊本から世界へ”の合言葉を胸に秘めて、熊本から世界に選ばれると良いですね。(●´ω`●)

それでは、お相手は私、シンタロウでした。
またお会いしましょう。(((o(*゚▽゚*)o)))♡
























Ameba人気のブログ

Amebaトピックス